ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

遠野:常堅寺の狛犬さん/カッパ狛犬

2009年03月13日 08時20分17秒 | 岩手県の散歩道
蓮峰山 常堅寺(じょうけんじ)
延徳二年(1490)・・・おまけ!時の将軍は足利義稙4年間で終わってます。

開基は大原弾正勝行、遠野郷の曹洞宗十二力寺の筆頭である

「遠野物語」八八話にも登場している。

簡単に説明すると、ある大病をしていた老人が、お寺に話を聞きに来たという。
和尚は老人にお茶を出し、気楽な話をしてその老人は帰った。
門を出るとその老人は消えてしまっていた。小僧は驚き和尚に話す。
お茶は畳の間にこぼしてあったという。
その老人はその日に亡くなったそうだ。

これは、今でもよく聞きますね。親類縁者などに亡くなる前にお知らせに来たのですね。

八七話にも同じような話があり、お茶を飲みに来たり、挨拶にきたり、世間話しをして帰るが、その者は外出などできる容体では無く、その日に亡くなった。


          

山門にある白木の仁王像二体はもと市内附馬牛町(つきもうしちょう)の早池峰山妙泉寺が廃寺になる際、移したもの

お寺ですが、しっかり狛犬が守ってます。



頭上に角がありますが、本来獅子・狛犬のうち狛犬につくものとされています。突然獅子・狛犬と分けて書きましたが、いずれ狛犬メモにて記したいと思います。
この場合の合い方には宝珠を載せますが、今回の場合例外のようです。
下記にカッパ狛犬の頭が皿のようになっていますが、角または宝珠が取れたあとなのかも知れません。これも詳しくは後程記したいと思います。




オッカッパ狛犬



こんないわれが・・・・


頭に皿があるのですが一往狛犬なので・・・・


なんか微妙・・・・


カッパに気を取られ、本堂の写真撮るの忘れた。  本堂の両脇にいました。



狛犬メモ

 平安末期の公事手引き書である「類聚雑要妙」には、下記のように述べられています。
「左獅子、於色黄、開口。右胡摩犬、於色白、不開口、在角」
これを見ると獅子と狛犬を分けていますね。
また、阿形・吽形の別や体の色の違いそして角の有無まで示しています。
面白いですね。
この向きは、神殿から向きのようです。
実は、阿吽の配置は、左右を基準にしているのでは無く、東側が阿形で西側が吽形という考えもあるようです。
一般的には南向き建てられますが、地形の関係で、北向きになれば阿吽の配置は逆になると言うことですね。
微妙な向きの場合は、東よりに阿形が来るようです。
しかしながら、神社と言うものは特例が多いようで、必ずでは無いようです。


『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹽竃神社の狛犬さん その2 | トップ | 諏訪神社/宮城県七ヶ浜町 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可愛いですね。 (ミモザ)
2009-03-13 21:16:08
カッパ狛犬可愛いですね。
ひーさんのブログは昔ばなしなどが登場するので楽しいですよ。
私も狛犬の本を買っていますのに、買って安心で、真面目に読んでなくて・・・
困った性格です
ミモザさんへ (ひー)
2009-03-14 08:56:29
そうなんですよね。同じですよ。
興味のあるところから読んだりして、後で大事な事が書いてあるのに気づきます。
カッパ狛犬 (あーさん)
2009-03-15 01:17:37
というより
カッパタイプの狛犬が正しいのでせうかネww
あーさんへ (ひー)
2009-03-15 09:07:35
敢えて、頭をカッパのように作ったのですかね。

遊び心は大事ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。