ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

出羽三山神社/羽黒山その1

2008年09月26日 15時57分07秒 | 山形県の散歩道

両部鳥居ですね



大日坊を後にした私達は、一路湯殿山を飛ばし羽黒山に向かった・・・
何故かって

時間が無いのも原因ではありますが、駐車場から湯殿山専用の小型バスに乗り換え(歩いても行けます)ます。

御神体が湧き出る湯であるため裸足にならなければなりません。

それに基本は女人禁制(今は大丈夫です)、そして撮影禁止です。

昔から、湯殿山のことを明かしてはいけないのです。

芭蕉の句を思い出してほしい・・・


語られぬ 湯殿にぬらす 袂哉
(かたられぬ ゆどのにぬらす たもとかな)

そうです松尾芭蕉も、「語られぬ」と句に残しています。
湯殿山のことは他言してはならないのです。
ですから、私もブログで語ることが出来ないのです。

句の意味は
湯殿山の神秘は、他人に語ることができないが、感涙のあまり袂をぬらしてしまうほどである。
ですかね?

ヒント:湯が湧き出るところが・・・・・(内緒)ウフフ

そんな訳で、羽黒山に直行・・・

鳥居をくぐって山頂に向かわず手向の町へ・・・手向と書いて「とうげ」と呼びます。



ここは、羽黒山の麓の町ですが、34軒程の宿坊があり(江戸時代は336坊)、三山参りの講中と言われる参拝者を泊めたり祈祷したりもします。
もちろん食事は、精進料理で坊は県ごとに分かれていましたね。
この宿坊の主は山伏ですから、お山掛けをする時は先達(修験者)となり案内します。

この宿坊や羽黒山・湯殿山にも泊りましたが、朝5時には出発です。
かなりキツイ仕事でしたね。



どの家にもこんなものが・・・・ 
後で又出てきますが、魔除けのような物です



腹減った~  もう昼時です。
今から、2446段の階段が待ってます。 飯食うべ~・・・・・

と言うことで・・・



蕎麦でもうどんでもありません 「麦きり」といいます。

ばんけ団子



ばんけ=ふきのとう 庄内の方言ですね。
山形や宮城では、「ばっけ」味噌を和えると「ばっけ味噌」となります。
秋田では「ばっきゃ」ともいいますねぇ。

ご存知、ずんだです。

 
先日ずんだのおはぎ作りました。この記事が終わったらUPします。

腹ごしらえが終わったので、いざ出発



表参道、鳥居をくぐって随神門から入ります。

入り口には、なにやら石が



随神門をくぐって振り返ると・・・



緩やかな階段を下りて・・・また振り返る・・・




長くなりましたので、その2へ進みますつづく

『山形県』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯殿山龍水寺金剛院大日坊 | トップ | 出羽三山神社/羽黒山その2 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
”ずんだ”が食べたい (モコ)
2008-09-26 19:43:52
美味しかった?
ずんだって言うのが食べたいですぅ
Unknown (はー)
2008-09-26 21:20:15
湯殿山のことを明かしてはいけない~
そう言われると~さらに興味が~
出羽三山 是非行きたいと思っています

珍しい東北の食べものも沢山あって
美味しそう 興味津々で~す   
ずいぶん (あーさん)
2008-09-26 22:12:12
立派な両部式の一の鳥居ですねぇ ♪


麦きりと団子で、2446段!
ぐぁんばってください。
モコさんへ (ひー)
2008-09-26 22:13:44
後日UPしますが、すり鉢で作りましょう!
好きなだけ、食べれますよ!
はーさんへ (ひー)
2008-09-26 22:16:55
また、密かに旅行ですか・・・・
旅行者のほとんどが、色々旅行して、そう言えば東北に行ってなかったわね・・・
と東北に来ます。www
あーさんへ (ひー)
2008-09-26 22:31:56
大丈夫!Uターンして来ました。
歴史の便利手帳を買いまして、鳥居や社の勉強しながらやってます。
ここには一度 (酔漢です )
2008-09-26 22:42:54
行ったことがございます。
通っただけですが。
この「ずんだ」にはそそられます。
この夏帰省しまして、塩竈「おさんこ茶屋」のずんだ餅を食べ損なってから、今の季節になっても「ずんだ」の写真と単語には反応がよくなっております。
藤沢駅階段(JR東日本)に「温麺」と「ずんだ」の巨大ポスターが・・「いってらっしゃい」と「おかえり」をしてくれてます。「くいてぇなや」です。
酔漢さんへ (ひー)
2008-09-26 22:54:05
それはそれは、故郷は遠くにありて思うものですね。
ポスターがあったら泣けてきますね。
おさんこ茶屋の団子には、お世話になりましたね~
湯殿山~ (維真尽(^^))
2008-09-26 23:56:52
なにが待ってるんでしょ~か (^^♪
やはり~
湯殿山そのものが ご神体ってことかなぁ (^_-)-☆
しまった・・・ (みっちゃん)
2008-09-27 00:22:43
コノ時間に見るんじゃなかった(ノ_・、)
そのソバ食べたい・・・
じっくり読んでいます。 (ミモザ)
2008-09-27 07:54:51
お早う御座います~♪
行こうと思えば行ける範囲内ですので、
じっくり読ませて頂いています。
魔よけの黒い物体が気になります
麦きり・・・まだ、食べた事がないです。
ばっけ団子(フキ味噌大好き!)食べてみたいです
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2008-09-27 08:14:49
湯殿山は神秘ですねぇ~
みっちゃんへ (ひー)
2008-09-27 08:26:17
そうそう解説入れるの忘れてた、確かモロヘイヤだったと思います。
麦きり!
ミモザさんへ (ひー)
2008-09-27 08:46:02
すみません、解説が長くて…
出来るだけ短くしましたが、雰囲気だけでも…
Unknown (ほでなすいっく)
2008-09-27 12:13:08
赤い鳥居!!
初めて見たときはビックリしましたよ
道路にど~んって

ずんだの団子も蕎麦きりもおいしそう
ほでなすいっくさんへ (ひー)
2008-09-27 13:06:33
あ~ あの鳥居は22メール以上あったような、あの近くに庄内柿のデッカイ柿のオブジェがあります。
それは食わんねど~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。