Untersee-Boot

あるいは感想記として

末廣亭 6/28

2017年06月28日 | あれこれ
末廣亭の六月下席八日目へ行ってきました。

           

昼の部の途中から入ったのですが、昼も夜も超超満員。
昼の部は最後まで立ち見で、末廣亭で足腰を鍛えてしまいました(笑)。
それは兎も角。
お目当ての一人である、昼の部の主任の柳家喬太郎師匠。
初めて喬太郎師匠の噺を聴きましたが、マクラで爆笑、そして本編では途中から・・・。
新作で、なんという噺だろうと思いちょっと調べてみたら・・これこそが「孫、帰る」だったのか!?
確かに、一瞬で場内の空気が変わりました。
エアコンのかすかな音だけが響く場内には、鼻をすする音も。
私も世界に引き込まれてしまい、大大大感心しでした。
キョンキョン(初めて聴いたのにもう言ってる・笑)凄い、とわかっただけでも、行った甲斐がありました。
(あ、そういえば、私もつぼ八に行きたくなりました・笑)


              


夜の部は椅子席に座ってひと安心。
お目当ては小三治師匠だったのですが、その前に少し。

柳家小八さんは、正統派の古典で面白くすごくいいな~と思い、こちらも少し調べてみたら、故・喜多八師匠のお弟子さんで二つ目の時は「ろべえ」という名前だったとのこと。
池袋でろべえ時代に(たぶん)聴いたことがあると思うのですが、正直あまり印象には残らず。
でも、今回は素晴らしい落語でした。

それから、笑組の漫才を初めて観た(笑)。
笑組というと、私の中では若手というイメージだったのですが、当たり前のことながら普通におじさんでした(笑)。
でも、漫才は面白~い。
場内も爆笑&爆笑でした。

そして夜の部の主任は柳家小三治師匠。
マクラでは、場内の人が皆疑問に思っていた話でまずひと笑い(笑)。
その後、ホントは言っちゃいけない話などもありつつ(笑)、『粗忽長屋」を約20分。
大爆笑というよりは、ずーっとなんか可笑しい粗忽な長屋の住人を、とぼけた感じで小三治師匠が演るからより可笑しい(笑)。
笑わせるのではなく、気がついたら笑ってたという感じて、こちらも笑いながら大感心。
そんなことあるわけないけど、いや、もしかしてあるかも・・。
そして、こんな粗忽者も本当にいるんじゃないのかな?と思ってしまう、小三治師匠の『粗忽長屋」でした。


長丁場で足とお尻が痛くなりましたが、いい気分で家路についた、梅雨の夜でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 行ってきました、発芽の会 | トップ | 向日葵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。