ディスカスな休日 自転車編

主に自転車をテーマとした覚書
輪を広げられれば尚良し

亀嶺高原ツアー

2017-05-05 23:04:22 | 県内その他
このGWでのサイクリングでBenbowさんから「亀嶺高原ツアー」のお誘い有り。

八代まで輪行して出発、亀嶺高原(峠)、湯の鶴温泉を経由して新水俣から輪行で帰路。

そんな何ともくすぐるコースを走って来た。


熊本発6:46八代行に集合。


メンバーはBenbowさん、1008さん、KawaBさん、ランナーHさん、私の5名。

八代から自転車で出発。


球磨川沿いのこんなサービスも。


八代海沿いを気持ちよく走る。


「道の駅たのうら」で小休止後、Benbowさん設定のコース案2で行く事に。

途中でコース案2は外れてしまったのでコース案1に戻そうと。

うん?、何かコース案1にも2にも外れていますが???

Benbowさん曰く、後で繋がるから大丈夫(本人自信、私ちと不安)

さすがインドを走ってきただけあって全く動揺してません。

で、オレンジロードを走る。


野坂の浦へ


この橋は何と言う名かな?


そう、今日は5/5こどもの日

昼食処へのK271峠頂上、かなりの勾配も有り。


とーちゃく、昼食処「寒川水源亭」


3年続けて「そうめんライド」してなかったけ?、楽しく美味しくいただく。


食後はほぼ下りと言いながらも上って行く。


ここが亀嶺峠(高原)?、ここから少し先に行った所のよう。


この先はさすがに1008さんもおとなしく徒歩。


パノラマとはいきませんが、阿蘇方面、八代海方面が見渡せる。




こちらが道路での峠頂上。

次はデザート甘味を目指し湯の鶴温泉へ。

いい感じ。




でも、目指すは

やむなし。

帰路の新水俣駅へ向かい到着。



思っていたよりハードなコース。

甘味処は逃したけれど、とても楽しく走れました。

いつもながら皆さんありがとうございました。


今日のコース

昼食前はこちら

昼食後こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しまなみ海道へ | トップ | 内牧⇔小国 グラベルライド »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (1008)
2017-05-05 23:31:24
今日はお疲れ様でした。
天気が回復して良かったですね~
そうめんライド、3年連続。
来年は何処でしょうか?楽しみです。
Unknown (アンカー星人)
2017-05-06 07:30:47
昨日は暑かったですね。しかし、そんなことは全然関係ないようなメンバー、、、さすがてす。 こんな日は、そうめんが美味しそうです。
このコースは走ったことがないのですが、気持ち良さそうですね。
Re;1008さん (みきたか)
2017-05-06 07:35:57
おはようございます! 1008さん。
ほんと、天気が回復してラッキーでした。
ただ、あの亀嶺高原は快晴の日に眺めたかったですね。
そうめんライド、Benbowさんがきっと見つけてくれるでしょう。
Re;アンカー星人さん (みきたか)
2017-05-06 07:41:28
おはようございます! アンカー星人さん。
私も初のコースでした。
湯の鶴温泉がどう言うとこか事前にググっていて「ひなびた温泉研究所」なるHPを見つけました。
http://hina-ken.com/
亀嶺高原(峠)も渋い名所でした。
死んでました (のぶ)
2017-05-06 11:43:52
予報に反して晴れ時々くもり!
しかし前日のロングライドで朝は死んでました。
寒川水源の辺も確か西南戦争の激戦地のひとつなので、いつか行ってみたいです。
Unknown (KawaB)
2017-05-06 12:55:28
当初は参加を諦めようと思ってましたが、やっぱり走って良かったです。

バラエティに富んだコースで楽しめました。しかし、よくこんなルートを探しますね〜流石はインド帰りの方は違います(笑)
Re;のぶさん (みきたか)
2017-05-06 19:06:52
こんばんは! のぶさん。
ほぼ諦めていたのですが、天気が回復して得した気分でした。
さすがに180kmも走ると翌日、翌々日あたりに疲れピークがきたのでは無いでしょうか。
今回は日程が合わず残念でしたが、次回はご一緒出来る事を楽しみにしてます。
Re;KawaBさん (みきたか)
2017-05-06 19:11:51
こんばんは! KawaBさん。
度々の熊本遠征で何かと大変かと思いますが、ご一緒出来て良かったです。
100㎞弱のコースで風景、坂、交通量が少なく更に名所を3か所織り込んだコースは流石です。
また、走りましょう。(ゆっくりね)

コメントを投稿

県内その他」カテゴリの最新記事