映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

2012-02-23 21:24:26 | Cinemaレビュー
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…)

私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス

そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

アカデミー賞候補にもなってるらしいので観てきました。



公式サイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose/index.html#/home

【あらすじ】
9.11同時多発テロで最愛の父トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。
 
その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴を探す計画を立てる。
かつて父と楽しんだ“調査探索ゲーム”のように。
 
悲しみで抜け殻のようになった母リンダ(サンドラ・ブロック)に失望したオスカーは、父が遺したはずのメッセージを求めて、祖母(ゾーイ・コールドウェル)のアパートに間借りする老人(マックス・フォン・シドー)を道連れに旅に出る。
(goo映画より)




スティーブン・ダルドリー監督の作品を観るのは「愛を読むひと」に続き2作目

今作も殆ど予備知識は無し。

ただ9.11同時多発テロで父親を失った母子の物語というくらいで…



ん〜〜〜微妙に違った。

少年がここまで父親とベッタリと思わなかった。

ちょっと意外。

ただ物語が進むうちに、この少年、すこし障害があるのかな?と…

その障害を克服するため、父と息子の結びつきが濃いのかと

しかし、その父親が亡くなってしまう。

父親が残してくれたと思う謎

それを解くことが、父親にたいする悼みと行動する少年。

その少年オスカーを演じたトーマス・ホーン

本作がデビュー

子供の無邪気さ、残酷さ、我が儘さ

こういうのはなんでしょ?

自然?

それともちゃんと演じてるのでしょうか?



マックス・フォン・シドー演じた祖母の家に間借りする老人
 
口が利けない老人という設定のため、表情と身振りでの芝居は凄すぎます。

なんでも本作での芝居でアカデミー助演男優賞候補とか

納得の芝居です。



母リンダを演じたサンドラ・ブロックも凄い

静かな演技ながら、さすがアカデミー女優

息子から

「パパの代わりに、ママがあそこにいればよかったのに」

こういわれ、受け止める母親の悲しさ、優しさ…

登場するすべてのシーンでの表情や雰囲気はさすがです。



若干、落ち着いちゃったかなと感じたのは父トーマスを演じたトム・ハンクス

なんか老けた

それと太った?

肩をすくめる仕草がポイントなんだけど

なんか不自然

クセがクセに思えない

やってるって感じ

まぁ本作では主演じゃないから、こんなもん?



クライマックスで、母リンダが息子オスカーの為、見守ってた事実が判ったとき

少し(ノ△・。)ウルッとはきましたが…

思いっきり泣くほどではなかった。



でも良い映画です。

子供は所詮、どんなにあがいても母親の手の中

母親の愛情に守られてる。

また父親にもね。



そして親は子供をズッと見守ってます。



あ!タイトルの意味

ひょっとして子からみた親の事?



ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樋口毅宏 「さらば雑司ヶ谷」 | トップ | 角田光代 「森に眠る魚」 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじいちゃまっ! (珊瑚)
2012-02-23 22:43:25
私の感想、中途半端な感想になっちゃったんですが(書いている途中で嬉しいメールが届いたのでそっちに夢中になっちゃって/笑)
このタイトルって、息子から見た母親ですよね。彼女にプレゼントしたノートのタイトルですもん。
すごく上手いタイトルなんだって、見終わって思いました。

サンドラ・ブロックがすごくいいんですが(例のシーンではボロボロ泣きました)、なんといっても私はおじいちゃまとオスカーのシーンが大好き。
人って容易く生きてはいない、ってなんかねぇ 思って涙ぼろぼろこぼしました。泣き虫なので。
うるっ (sakurai)
2012-02-24 08:27:07
くらいでしたか!
涙腺決壊でしたね〜。
母目線で見ていたところもあったので、さまざまなものを受け止めて行く母の姿にかきむしられました。
この奇跡の少年が素晴らしかったですね。
演技未経験だったそうですが、監督の慧眼に敬服です。
あれは演技だと思いますよ。実年齢は上のようですので、しっかと理解しながらの表現だったと思います。

この監督の「リトル・ダンサー」!これは絶品ですので、機会がありましたらどうぞ。
おじいちゃんを演じた… (hi-lite⇒珊瑚さん)
2012-02-24 09:32:46
マックス・フォン・シドー、凄いですよね。
喋らないで気持ちを伝える芝居、やはりベテラン俳優ならではの芝居なんでしょうね。
やっぱ泣きました? (hi-lite⇒sakuraiさん)
2012-02-24 09:44:28
母親だときっとそうなんだろうなぁ〜と思います。
トーマス・ホーンくん、ちゃんと自分の役を理解しての芝居ですか?
そうだとすると凄い新人ですね。
こんばんは☆ (そよ)
2012-02-24 22:04:34
タイトルの意味がイマイチ本編と合わなくてスッキリしてなかったのですが・・・
子供から見た親の姿、ですかね なるほど〜 

この映画はどんな感じなのか読めないままに観に行きました
観て・・・ そーいう内容だったのね! と
主演の男の子、秀才ですよね〜  頭イイわ。。
タイトルの意味 (hi-lite⇒そよさん)
2012-02-25 20:09:12
多分そうじゃないかなぁ〜?と思っていたら、ここにコメントしてくれた珊瑚さんが、ちゃんと息子から見た母親のことと教えてくれました。
あの最後の手作りのノートのタイトルだし、子供からみると母親って、やっぱ口うるさい存在、だけど一番近くで見守ってくれてるンだなぁ〜と
あらためて、良いタイトルだなぁ〜と思いますね。
Unknown (いやもも)
2012-02-26 21:33:45
トラックバックありがとうございます
私はこの作品で
コミュニケーションがへただった主人公の
男の子にすごく感情移入して
感動してしまいました。
 映画は好みと最近すごく思います。
オスカー (micha*)
2012-02-26 23:25:46
私も観ました!

父親から“ちょっと変わった子”と言われていたオスカー少年は、障害の持ち主でした
でも、そんなオスカーを誰よりも理解していたのが父親でした
それだけに、父の非業の死は少年にとってかなりの衝撃だったと思われます....

少年の目線から描かれた映画だと思います
そして、私はその少年に思いっきり感情移入して観ていました


いい作品です
なるほど (みょみょ)
2012-02-29 01:03:56
>あ!タイトルの意味
ひょっとして子からみた親の事?

それぞれを別々に考えてました。
“信じられないほど近い”のは母親のことだろうなって思ってましたが、
確かに子供からみたら親って“めっちゃうるさい”ですもんね。

この少年はアスペルガー症候群で、
その検査をして結果は不確かだったと本人が言ってますが、
不確かってのは、そうでもあるし、そうでもない。
つまりは疑いがあるってこと?
鍵は父親からのメッセージだと信じてたのに、
そうではなかった後の暴れ方は、
心の爆発振りがそういう症候群の特徴なのかなぁ〜
あるいは、それほどの喪失感だったのかなぁ〜。
父親はそういう障害があるからこそ、ああいう教育をして彼のもてる才能を引き出そうとしてたのかもしれませんね。

母親の見守り方が、日本とアメリカとの違いを感じて、そこも興味引きました。

感動作でした。



それにしても、ここはいいですね。
いろんな方がコメントを寄せて、意見交換ができて。
映画のレビューを書いても無反応ですわ、あのSNSでは(ーー;)
つまらないので、レビューはだんだん書かなくなってます・・・
だから、ここが私の憩いの場です。


主人公オスカーに… (hi-lite⇒いやももさん)
2012-03-02 09:01:58
感情移入しましたか?
私は母リンダの方に何故か共感しちゃった。
オッサンなのに変ですね(^m^:)
ん〜〜〜 (hi-lite⇒micha*さん)
2012-03-02 09:11:40
micha*さんもオスカー少年に感情移入しましたか?
これってオスカーの事を本当に理解してたのは父親だけでしょうか?
影ながらオスカーを見守っていた母リンダも、オスカーを理解してたンじゃないでしょうか?
両親ともに子供を甘やかしてたら子供は成長しないですしね。
え? (hi-lite⇒みょみょさん)
2012-03-02 09:18:28
母親の見守り方って、日米で違う?
いや、そうじゃないんじゃないでしょうか?
それぞれの家庭で、こういった子供との接し方をしてる、そうじゃない家、あるんじゃない?
日米じゃなく、個人個人だと思うよ。
そして母の愛はやはり凄いなぁ〜と思います。
男親は子供の面倒を見てても、一緒に遊んでやってるって感じじゃない?
その場合、母は厳しくなきゃね(^m^)b
見守り方の違いってのは (みょみょ)
2012-03-02 23:12:51
オスカーを一人で見知らぬ人のところを
訪問させたり、
こっそり、息子のやってることを同じように調べて、
先回りして蔭ながら応援したりってのが
日本の母親と違うかなって思いました。

私は、おじいちゃんにぐっときました。
祖父だと自らは名乗らないで、彼なりの方法で手を差し伸べてましたよね。
子供の親になるのは放棄して逃げ出したのに、
犠牲者の中に息子の名前を見つけて
妻の元に戻って来て、さらに孫の苦悩を知り、何とか助けてやりたいと。
オスカーがおじいちゃんだと気づくあたり、
聡明さを感じました。

みんなに報告の手紙を書くシーンも、
いい育てられ方をしてるんだと
嬉しかったです。
題名は忘れましたが… (hi-lite⇒みょみょさん)
2012-03-03 19:35:37
私が以前読んだ本で、子供がどんな悪い事をしたからといって、その親は子供を見放せるわけがない、といった小説を読みました。
親ってそういうものじゃないですか?
この映画のように母親が影ながら見守ってるのは、日米だけじゃなく、世界中の人、みんな一緒のような気がするけどね。
だからこの映画、みんな共感し、感動したんじゃない?(^−^)b

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
トムさんのお父さん役をすごく楽しみにしていた 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(公式サイト)を、試写会で拝見
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (佐藤秀の徒然幻視録)
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]Amazonアソシエイト by
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (to Heart)
あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (迷宮映画館)
いろんな面で辛すぎるが、力もみなぎる。さすがダルドリー。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「9.11文学の金字塔」と言われるベストセラー小説の映画化。これがタイトルなの?とそれだけで気になる感じなのだけど、原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」とい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (♪HAVE A NICE DAY♪)
9・11、多発同時テロ・・・ きっと、数多くの犠牲者の方も トム・ハンクス演じるトーマスのように 家族に電話をしたり、言葉を残したりしたのでしょう・・・ と思うと辛くて切なかったです そして、突然愛する家族が亡くなったら・・・ 去年の地震も思い出しました....
映画「ものすごくうるさくてありえないほど近い」、あの9.11が少年に! (ひろの映画日誌)
いまだ、アメリカでは9.11が後遺症で残っているのか? この映画は、9.11で父を失った少年の物語。 一年後、ツボに入った鍵を発見。 これを手掛かりに、カギにあう錠を探し求める。 手がかりは、「Black」。 父と楽しんだ地図探検のテクニックが生きる。...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (はるみのひとり言)
今日からもう公開されちゃってますけど、先日試写会で見て来ました。長〜い題名からはどんな映画か想像出来ないですが、9.11で最愛の父親を亡くした少年の悲しみとそれを乗り越えて行くお話。オスカー少年は人と話すのが苦手だったり、外に出るとちょっとパニクるよう...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画と本の『たんぽぽ館』)
ものすごく過酷な経験をして、ありえないほど少年は成長する                           * * * * * * * * * * なかなかユニークな題名のこの作品。 原題は“Extremely Loud and Incredibly Close”ということで、 ジョ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (そーれりぽーと)
911を題材に描いた感動作? 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。 ★★★★ 観たことがないタイプの特殊な映画だった。 ちょっとネタバレ混じりで書きます。 あらすじをざっと紹介すると、父親を911のテロで失った少年が、父の死と向き...
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
おばあさんがおじいさんとヨリを戻す場面。おばあさんはおじいさんの姿を見とめて自分が持っていたショッピングバッグをドカンと床に卸す。おじいさんはそれを持つ。ただ、それだけ。言葉は何もない。 なに、いきなりディテールから入ってるの。しかも本筋とは関係がな....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 克服するために (明日へのヒント by シキシマ博士)
突然の悲劇に見舞われたあと、残された者はどう生きるのか。 何を拠り所にして、どう克服していくのか。 受け入れがたい事実を受け入れるために、どんなプロセスが必要か。 そういったことを、1人の少年の行動を追うことで解き明かしてみようとするのが、この映画の意...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
古い鍵と472人のブラック。 祖母の部屋の間借人。 6件目のメッセージとブランコ。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (secret boots)
評価点:76点/2011年/アメリカ/129分 監督:スティーブン・ダルドリー 昨年震災を経験した日本人が見るにはあまりにも重すぎる。 2002年、9.11から一年ほど過ぎてもオスカー(トーマス・ホーン)はいまだに父親(トム・ハンクス)が死んだことを上...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ぷち てん てん)
オスカー君を演じたトーマス・ホーン少年、すごいねえ。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE )今でもアメリカ国民のトラウマになっている9.11同時多発テロ事件。その事実の“重み”で何とか最後まで観ていられたが、有り体に言えばこれはダメな映画である。ストーリーは面白くない、キャラクター設定は愉快に...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (食はすべての源なり。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★☆(★4つ) どうせ、お涙ちょうだいだろうと思ってたけど、ふつーによかったです。 良くも悪くも「ふつーによかった」です。。。 思ってたより暗かったかも。 やっぱり9.11がベースになっているので、あの時...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』  (コナのシネマ・ホリデー)
一回では覚えきれない長いタイトルの映画。アカデミー賞作品賞にノミネートされていることもあり鑑賞。主人公オスカーを演じたトーマス・ホーン君は、本格的な演技は本作が初めてという。それにしては、その見事な演技に胸が締め付けられ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました〜)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。そ...
★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★ (Cinema Collection 2)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっ...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
【ネタバレあり】 留守電に残る「Are You There?」という父からのラストメッセージ。それを受け取る事を拒絶した少年は、花瓶の中に見つけた鍵によってたどり着く先に父の真のラストメッセージがあると信じます。 現実から目をそらし心を封印し、自分に厳しく母にも辛...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− スティーヴン・ダルドリー −原作− ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 −出演− *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...