映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中村義洋監督 「ゴールデンスランバー」

2010-01-31 20:10:43 | Cinemaレビュー
今年初の劇場で観た映画レビューはこれ…

ゴールデンスランバー - goo 映画

公式サイト⇒http://www.golden-slumber.jp/

映画化決定の話があった時から、観たくて観たくてしょうがなかった映画!

前売りのチケットも去年のうちに購入(^m^:)

出来?

もう言うことないっす!(^◇^)b

劇中キーワードとして出てくる言葉…

たいへんよくできました◎

を中村監督にそのまま差し上げたいくらいです。

原作通りと言うか、原作のイメージを見事に再現してくれました。

(原作のレビューはコチラ⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/2390715e24e38d848d721e01e6fdbbf6

伊坂ファンとしては感謝感謝!!

いやぁ~~今年一発目にこれだけ満足しちゃうと後がヤバイんじゃないかと、ちと不安になっちゃうくらい良かったっす♪



【あらすじ】
 
杜の都・仙台、首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで宅配便ドライバー・青柳(堺雅人)は、大学時代の友人・森田(吉岡秀隆)と久しぶりに再会。
 
様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。
「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。銃を構えた警官たちから、反射的に逃げ出す青柳。
本人の知らない“証拠映像”が次々に現れ、青柳は身に覚えの無い証拠とともに、見えない力によって無実の暗殺犯に仕立てられていく。

警備網が仙台一帯に敷かれる中、元恋人の晴子(竹内結子)や大学の後輩・カズ(劇団ひとり
 
黒いパーカーの男・キルオ(濱田岳)、職場の先輩・岩崎(渋川清彦)らが青柳を窮地から救うも…
 
警視庁の刑事・佐々木(香川照之)とその部下・小鳩沢(永島敏行)らに追い詰められ、万事休す。
 
遂に投降の時を迎えるが…




↑とまぁ一応大まかにあらすじを記しましたけど…

あるレビューでは、ミステリーなのに黒幕真犯人が出てこないだとか、青柳を助ける通り魔・キルオって何者なんだ?

刑事・小鳩沢が白昼堂々とショットガンをぶっ放すのはおかしくないか?

ストーリーが雑じゃないか?と書いてあるのを読みましたが

そのレビューを書いた人は原作を読んでないンですかね?

こういうストーリーだって(^m^)b



でも自分も大分前に読んだし、今原作は人に貸したままでハッキリ覚えてないのですが…

吉岡秀隆くん演じた森田の台詞

人間の最大の武器は、信頼と習慣だ

って、ありましたっけ?
 
 


青柳のお父さん(伊東四郎)が記者に囲まれての台詞

俺は息子を信じたいんじゃなくて、知ってるんだ」には感動し…

おい雅春、ちゃちゃと逃げろ」には笑った。

こういうの伊東四郎さんが言うから良いンでしょうね(^◇^)b



主演の堺雅人ももちろんですが…

今回、脇を固めた竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、濱田岳、柄本明、ベンガル、伊東四郎、そして久々にみた永島敏行

みんな良かった!(永島さんなんか和製ターミネーターっぽかったし)
 



無様な格好を晒してでも逃げろ!

逃げ切ることで見えない闇の力に一矢報いた爽快感

これぞエンターテイメント

これぞ伊坂ワールド

やっぱ伊坂さんの作品を映画化出来るのは中村監督だけかな?

アヒルと鴨のコインロッカー」に「フィッシュストーリー

そして今作「ゴールデンスランバー

改めてそう思った。

ただただ面白い!って言える作品、貴重です。

ちょ~お薦め!

いやぁ~満足満足v(^◇^)v
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (76)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮部みゆき 「平成お徒歩日記」 | トップ | 今野敏 「果断 ―隠蔽捜査2―」 »
最近の画像もっと見る

76 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はやっ (見切り)
2010-01-31 20:36:49
もう 見たの?

私も ぜひ 見ます。
これは 原作を読んでおいたほうが  
判りやすいし 楽しめると思いますね。

さっきまで 手元にあったけど 今朝 子供が見つけて読み出しました。
面白かったよ~♪ (hi-lite⇒見切りさん)
2010-01-31 21:45:06
去年からチケット買ってたんだもん。
一時は入院生活が長引いたらどうしよう?と心配しちゃった(^m^:)
確か見切りさんも原作は一度読んでるよね?
もう原作のイメージそのまま!
「ゴールデンスランバー」黄金のまどろみ
昔の仲間との絆
この記事のTOP画像に主人公たちが過ごした青春時代の画を持ってきた意味わかるでしょ?
タイトルの意味はそういう事だもん(^-^)b
ゴールデンスランバー (見切り)
2010-02-01 17:31:11
えーーー!
チケット買ってたの?いい時期に退院できてよかったね~
ゴールデンスランバー 
て 黄金のまどろみって いう 意味なの?
うまいこといいますね。
むずかしい題やなあて おもってました。

伊坂さんの作品は 絶対的な結束というか 信頼というか「仲間という一種のユートピアの世界がありますよね。
それが 読んでても 安心感とかさわやかさとか心地よい読後感になりますね。
キングは あんまり それ なかったけど。

明日は雪だって言ってますね
hiさん まだ お仕事復帰いつですか?  
待ってましたァ~(*^▽^*) (みょみょ)
2010-02-01 23:30:29
退院を祝うかのように
上出来でよかったですねぇ~。


私も見てきますよ
楽しみになってきたな。


井坂作品って仙台が舞台のが多くないですか?
なんでかしら?

ゴールデンスランバーは… (hi-lite⇒見切りさん)
2010-02-02 08:25:28
ビートルズのアビーロードに収録されてる一曲で…
ビートルズが解散するかどうかの時に、ポールがみんなをまとめようとして作ったンじゃないか?って曲。
仲間の絆って事を伊坂さんはこのタイトルに込めたんじゃないかな?

仕事復帰は一応退院後、一週間の自宅安静となってるンだけど、今日会社に行って診断書と、どう云う治療をしたかの資料を出してきたので、会社の産業医の判断待ち。
なんせ20時間以上の勤務をするタクシーだからね。
仙台舞台 (hi-lite⇒みょみょさん)
2010-02-02 08:30:15
伊坂さんは学生時代、仙台で過ごしたと聞いてます。
伊坂さん自身、それで仙台を気に入ってるンじゃないですか?
映画の出来、原作者の伊坂さん自身、たいへん気に入ったみたいですよ。
自分、伊坂×中村は最強だと思ってます。
TBありがとうございます (西京極 紫)
2010-02-03 21:25:23
そうですか、原作のイメージ通りなのですね。
僕は原作を読んでいないのでそのあたりがよく分らないもので…
僕もこの映画では脇役陣のレベルが高かったと思いました。
もちろん主演の堺雅人が巧いのは折り紙つきですが…
はい! (hi-lite⇒西京極さん)
2010-02-04 08:37:00
もう原作をホント上手く映画にしてます。
タイトルの意味も、さりげなく青柳や森田たちがファーストフード店での会話に入ってるしね。
濱田岳くんのキルオはビックリでしたが、いやぁ~合ってる!と…
そしたら、伊坂さんは映画「アヒルと鴨」を観て濱田くんをイメージしてキルオってキャラクターを作ったとパンフに書いてありました。
どうりでと思いました。
TBありがとうございました (sakurai)
2010-02-04 16:10:56
なかなかよく出来てたと思います。
仙台の隣の山形在住なもんで、よく仙台に行きますが、見慣れた街並みが出てくるだけで、うれしくなりました。
伊坂さんは、今も仙台在住のはずです。

>原作読んでないのか
っていうのは、ちょっと違うんじゃないでしょうかね。
あくまでも映画は映画単体で考えるべきだと思います。
よく出来た本ですから、面白い映画にならないはずもないし、ぜひ、次は、オリジナルの脚本で映画を撮ってもらいたい監督さんですわ。
迷ったけど (見切り)
2010-02-04 16:20:12
水曜サービスデイに 映画を見ました。
「ゴールデンスランバー」と 迷った末に 結局
「今度は愛妻家」にしました。

これ ひたすら妻を追慕するって言う 世のお父さん達には耳の痛い
世のお母さん達にはこころよい 映画ですが、原作を読んでないので 後半のどんでん返しに 泣きまくり。
妻に去られて 初めてありがたみの判る鈍感な夫 夫婦の会話のボタンの掛け違い よくあるパターンの映画ね~なんて思ってみていると 私は予期してなかったので ビックリしました。
夫と仲良くしなくちゃ~ なーんて 思いましたよ。  
原作読んでないのか?は… (hi-lite⇒sakuraiさん)
2010-02-04 16:48:11
ストーリーが雑って言うレビューに対して言ったまでです。
原作モノを映画にするンですから全部を描ききれないとは思います。
ただ原作の持つテーマみたいのは、やっぱ外してほしくないなぁ~と
そういった意味で中村監督は上手いと思ってます。
オリジナル、そうですね、自分も観たいと思います(^-^)b
映画「今度は愛妻家」って… (hi-lite⇒見切りさん)
2010-02-04 16:53:17
やっぱ世のお父さん達には耳の痛い話ですか?
そうなんじゃないかなぁ~?と思って、観に行きたい気持ちもあるんですが…
ど、どうも躊躇しちゃいます。
ホントに自分なんか耳が痛くなっちゃいそうで(^m^:)
TBありがとうございました (あむね)
2010-02-04 17:52:04
早速、TBきたのでビックリ!と共に

すごい、納得の記事です。上手いな~文章!

私もこの表現力見習いたい!

 ゴールデンスランパー 傑作だと思います。

原作も読んでないのに…でも映画から入っても
映画も素晴らしい!と思いました。

これから、原作読んでみます。

本当、堺さんもそうですが、共演の役者さん達
スゴイわ!って思いましたよ♪

久々の充実感です。
こちらこそ… (hi-lite⇒あむねさん)
2010-02-05 08:48:04
コメントありがとうございます(^-^)ノ
是非原作も読んでみて下さい。
1000頁を超える大作を、ホント上手く映画にしたなぁ~と実感しますから。
おもしろかったです^^ (GetBack)
2010-02-05 11:54:39
はじめまして。
同じテーマのTBから来ました。

原作のことは知らずに、たまたま時間が空いたので見たのですが、仰る通り傑作だと思います。それからこのブログを見て原作を読んでみたくなりました。

同じテーマの僕のブログにもTBしましたのでよろしくお願いします。
TBからでーす。 (ヌートリアE)
2010-02-05 16:48:12
「ゴールデンスランバー」面白かったですね。
中村義洋監督は僕のごひいきで、ほとんど見ています。伊坂とは3作連続ですね。みんないいですね。なかでも「アヒルと鴨のコインロッカー」がめちゃ好きです。
今回も濱田岳をうまく使っていましたね。

伊坂もほとんど読んでいます。彼の本を読むと即青春に戻ります。不思議ですね。随分年取っても原点はやはり20代なんですかね、、。
それでは。
ようこそ(^-^) (hi-lite⇒GetBackさん)
2010-02-06 08:23:38
原作もお薦めです。
ぜひ読んでみて下さい。
こちらもTBさせて戴きました。
実は… (hi-lite⇒ヌートリアさん)
2010-02-06 08:29:07
自分も「アヒルと鴨のコインロッカー」を読んで、これは映画には出来ないだろうと思ってたのですが…
映画の「アヒルと鴨」を観て、この監督は凄い!と思い見直した次第です。
他にも伊坂さんの作品、映画になってますけど中村監督だけですね。
伊坂ワールドをちゃんと表現出来てるのは。
TBありがとうございます♪ (【桃】)
2010-02-06 20:21:42
初めまして。
私も伊坂ファンで、小説はすべて読んで(持って)ますが、確かに映画化するなら中村組ですね^^
「ラッシュライフ」はガッカリだったし…。
「ゴールデンスランバー」は期待どおりというか、期待以上というか…好きなシーンが出てくるたびに感激しちゃいました

中村組だよね(^-^)b (hi-lite⇒桃さん)
2010-02-07 08:42:08
自分も伊坂さんの作品はほぼ読んでる。
映画「ラッシュライフ」は酷かった…
あれは四人の学生監督の競作なんかにするから、作品としてもてんでバラバラ。
許せないですね。
はじめまして! (かずりん)
2010-02-07 15:50:19
はじめまして!
あまりに素敵な記事だったのでコメントさせていただいてます!突然すいません!
原作は超えないだろうなあ~~と思いながら
映画館に行ったのですが
かる~~く超えちゃってたので感動でした!
本当に良い作品だったと思います!
どーもです♪ (たれれ)
2010-02-07 17:24:52
トラバありがとうございましたー!
こちらの記事を読ませていただき、そうそう!
と共感いっぱいです。

観終わった後の爽快感に、出演者も皆良かった。
特に、永島敏行の演技・・これ新境地じゃないですか?

今までお堅いイメージだったんですが、あのブットンダ感の薄笑い演技とか良かったですよね~♪

又おじゃまさせていただきます(^^)
ようこそ(^-^)b (hi-lite⇒かずりんさん)
2010-02-07 19:31:06
そんなおだてないで下さい。
のぼせ上がっちゃいますから(:^◇^A

自分は中村監督の前作「フィッシュストーリー」を観て結構いけるンじゃないかと期待してました。
もうその通りでしたから、万々歳\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/
永島敏行さん… (hi-lite⇒たれれさん)
2010-02-07 19:38:28
自分も久々に印象に残る役だった気がします。
野村芳太郎監督の「事件」や根岸吉太郎監督の「サード」以来かも(^m^:)
ハナマルですよね~ (こに)
2010-02-08 10:54:21
自分が映画を観てからコメントにお邪魔しようと思って我慢してました
^^;

森田は
森の声が真実を教えてくれる
ってのがありましたね
信頼云々は映画用にアレンジされたのかな

hi-liteさんの記事読んで映画のシーンが甦ってきます
もう何回でも観たい映画です!

ゴールデンスランバー良かったですね^^。 (kayama)
2010-02-08 10:58:47
はじめまして。
トラックバックから来ました。

ゴールデンスランバー良かったですねー。

「人間の最大の武器は、信頼と習慣だ」ってせりふ、確か使われるタイミングは違ってたと思いますが、ちゃんとありましたよー。
面白かった~ (rmapple)
2010-02-08 11:18:32
トラバありがとうございました。
面白い映画でした。
私はまだ原作を読んでないので、早速買いにいって読みます。原作ファンの方が満足するってきいて安心~♪
こんにちは♪。 (みぃみ)
2010-02-08 12:33:11
はじめまして。

トラックバック、ありがとうございました。

映画「死神の精度」から伊坂氏の作品に興味を持ちました。今回も面白かったです。

濱田岳君、ナイスです。

映画→原作本というパターンから、最近は、原作→映画の順で鑑賞する事も増えました。

ゴールデンスランバーは、図書館の順番待ち中です。あと50人少々(笑)。
我慢してたんですね(^m^) (hi-lite⇒こにさん)
2010-02-08 14:02:02
ちゃんと原作で伝えようとしてたポイントは押さえてあったでしょ?
もう伊坂氏の映画は中村監督にまかせればOKみたいな気がしますよね。
昔、松本清張の「砂の器」を監督した野村芳太郎監督みたいに(^-^)v
信頼と習慣 (hi-lite⇒kayamaさん)
2010-02-08 14:05:47
あった?
いや自分、読んだのは原作が出てすぐだったし…
今は人に貸してて確認がとれなくて気になってたンです。
ありがとう♪
TBありがとうございます (吉原)
2010-02-08 14:09:32
いい映画でしたね。

しかし、日本でこれほど映画化されている作家は珍しいですよね。

すごい作家に出会えたことに感謝です。
原作未読でも… (hi-lite⇒rmappleさん)
2010-02-08 14:12:17
楽しめました?
ちょっと判りにくい部分もあるかな?と思ったんだ…
病院に入院してる患者たちの立場を映画では省いてたからね(^m^:)
原作読んで下さい♪
図書館で… (hi-lite⇒みぃみさん)
2010-02-08 14:17:26
50人待ちですか?(^m^:)
自分、いま手元にあればお貸しするんですけど…
伊坂さんの映画は中村監督のがお薦めです。
「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」とみんな最高です!
映画化されてても… (hi-lite⇒吉原さん)
2010-02-08 14:23:10
満足出来るのは伊坂氏原作に限ったら中村監督の3本だけだと思います。
自分、「陽気なギャング」「死神の精度」「重力ピエロ」「ラッシュライフ」はダメでしたもん(__:)
もう一度、中村監督に↑の作品を作りなおして欲しいと思ってます。
面白かったですね (mmj)
2010-02-09 23:01:32
TBありがとうございます。
巨大な悪は誰かとか巨大な悪に勝つとかぢゃなくて、
もっとより現実的な解を示していると思うんでよ...
伊坂作品の中では「ラッシュライフ」が一番好きなので、
中村監督にもう一度作って欲しいです。
TBありがとうございます。 (らしか)
2010-02-10 07:55:17
原作は読んでませんけど、引きずられるように逃げ回る堺雅人の姿に、ぞっとしながらも最後まで楽しめました。伊東四郎のマスコミ批判も面白かったです。竹内結子のショートカットもたいへんよくできました◎
「ラッシュライフ」ですか? (hi-lite⇒mmjさん)
2010-02-10 09:29:36
いやぁ~この際、他の伊坂作品全部、中村監督にお願いしたいと思うンでうが…
どうです?(^m^)b
残された武器は… (hi-lite⇒らしかさん)
2010-02-10 09:36:50
信頼って言うのが良いですよね。
父親役の伊東さんも良かった(^m^)b
カメラにむかって「おい雅春、ちゃちゃと逃げろ」は笑えた。
Unknown (プリシラ)
2010-02-10 13:54:36
今週末あたりにやっと観に行けそうです!
原作がスゴく面白かったので楽しみ!

本当は、映画を観るまでレビューの類は見ないぞ!
と思っていたのですが、ツイツイ訪問してしまいました。

キャスティングもいい感じですね!
(^O^) (hi-lite⇒プリシラさん)
2010-02-10 14:51:24
みんなの評判、やっぱ気になりましたか?
是非、ご自分で確かめて下さい。
自分はあれだけの原作を上手くまとめ良く出来た映画だと思ってます(^-^)b
はじめまして。 (ゆきゆき)
2010-02-10 23:15:28
遅くなりましたが・・
TBありがとうございました。
私もさせていただきました。

この映画。久々に目一杯エンターテインメントだなあ~と。
とっても詳しくてもう1回映画を観たような気分にさせていただきました。
永島さんキャラは原作もあーなんですね。(ターミネーターだと、私も思いました・・)
どうも (KAZE)
2010-02-11 00:26:52
TBありがとうございます。

堺雅人さんの少し抑え気味の役作りがまた素敵でした
この人舞台とかホント凄過ぎるから(笑)。

伊坂さんもまた一段と幅が広がった感じでしたね。

こちら、ウチと同じテンプレートなので親しみを
感じました! またよろしくお願いします。
永島さんのキャラ (hi-lite⇒ゆきゆきさん)
2010-02-11 08:51:12
原作では、小鳩沢って名前にキルオが可愛い名前なのにとんでもない奴だ的発言があるだけだったと思うンだけど…(^。^:)
堺雅人は… (hi-lite⇒KAZEさん)
2010-02-11 08:55:22
ホント良いですよね。
なんか今回はご本人そのままの人柄で演技したって感じがしました。
役柄的には自分は「新撰組!」での山南役や「クライマーズ・ハイ」での記者の役が好きですけど(^m^:)b
Unknown (ゴマ)
2010-02-11 12:17:03
 TBをありがとうございました。

 すでに諸氏が言及されておられますが、映画化された伊坂作品のすべてが良いわけではないのですね。

 ボクの場合は、原作を読まずに映画の出来だけで自分なりの良し悪しを判断するので、ただただ中村監督が上手なのだなと思ってしまいました。

 個人的には「アヒルと鴨~」ももっと評価されていいのではと思ってますけどね。

 逆TBさせていただきますね。
長い! (見切り)
2010-02-11 23:51:31
コメント沢山ありすぎて ここまでくるのが大変だったわ。
いっぱい言いたい事あったのに
何かいたら良いのか わかんなくなっちゃった。

その通りです、皆さまやhiさんのおっしゃるとおりです
て ことばになっちゃう。

雪が降り出して 明日パートいけるか心配・・
だからもう寝ます。
コメント&TBありがとう♪ (hi-lite⇒ゴマさん)
2010-02-12 10:55:45
「アヒルと鴨~」だけじゃなく、中村監督自身をもっと評価して良いと自分なんかは思いますね(^-^)b
(^◇^;) (hi-lite⇒見切りさん)
2010-02-12 11:00:13
こうして同じ映画で沢山いろんな人の意見や感想を読めると、自分なんか嬉しいです。
見切りさん、見切りさんの日記で映画の感想を読ませて下さい(o^-’)b
Unknown (JUN)
2010-02-15 20:45:57
はじめまして
TBありがとうごさいます。
堺雅人さんも素晴らしかったですが、脇を固める人たちも
素晴らしかったです。

とてもよい映画でした。

コメントありがとう♪ (hi-lite⇒JUNさん)
2010-02-16 08:51:16
脇役がホント良かったですよね(^^)b
なんだろう、みんな原作のキャラ以上に魅力的でした。
面白かったー♪ (プリシラ)
2010-02-16 12:17:33
小鳩沢がイイ感じでしたが、特に映画では名前に関して触れてなかったので、そいえば小鳩沢て名前だったね。と思い出しました(笑)。

父ちゃんめちゃくちゃ良かったですねー。
でも、映画では、痴漢を憎んでいる件が、青柳の痴漢事件が出てこないので、あまり絡んでこなかったですね。。
でしょ?(^-^)b (hi-lite⇒プリシラさん)
2010-02-16 17:15:11
永島さんの演じた小鳩沢、たしかに映画では名前言わなかったね。
キルオとの因縁も…
まぁ全部原作を詰め込んじゃ、この時間には納まらないでしょうから、しょうがないかもね(^m^:)
伊東四郎さんの父親役はホントぴったし!
はじめまして。 (kaku-san)
2010-02-18 18:09:35
トラックバックありがとうございました。
ブログタイトルを見て、思わず笑ってしまいました。こちらは、死にそうにはなりませんでしたが禁煙始めました(笑

ゴールデンスランバーよかったですねえ。地元仙台ということもありましたが、素敵な役者さんたちでした。映画の雰囲気も明るい感じでほんと満足です。できればロケ現場に遭遇したかった!
ご訪問ありがとう。 (hi-lite⇒kaku-san)
2010-02-19 14:42:57
(:^◇^A
ブログタイトルを代えたばっかりなんです。
この映画を観に行く前に、狭心症で入院、治療する羽目になってしまい禁煙。
ですので、以前のブログタイトル「映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!」は代えないと変かなって…
仙台の人ですか?
青葉茂れる仙台って結構素敵ですね?
まだ行った事がないので、いつか行ってみたいなぁと思いました。
禁煙頑張って (RYU)
2010-02-24 01:43:07
TB有り難うございます。原作は全然読んでいないのですが、アヒル、、以降の3作品は全部お気に入りです。原作と映画と音楽が仲良し(マッチ)しているのはとても心地良いですよね。次回作にも勝手に期待したいです。禁煙大変ですが、ご自身にとってのみならず、周囲の方の健康を気遣う事にもつながりますので、非常に有意義なことだと思います。
禁煙 (hi-lite⇒RYUさん)
2010-02-24 08:31:35
頑張ってますよ(^m^)b
ただ、時々誘惑に駆られる時もあるけどね。
音楽的には、伊坂×中村×斉藤だと、前作の「フィッシュストーリー」の方が良くないですか?
自分、今回の作品も好きですが、落ち着いてくると、やっぱ今までの中では「フィッシュストーリー」が一番かな?と思ってます。
またまた。 (のんのん)
2010-03-03 14:38:53
トラバックして下さってありがとうございます。

映画も楽しそうというか、面白そうですね!?原作がとても良かったので映画には期待し過ぎないように自分に言い聞かせてるんですけど必要なさそうですねー(笑)。やっぱり見なくちゃですo(^o^)o。
ショットガンの怖い人。俳優の方のお名前知らないんですけど、あの人なんですね。スゴーク大きな男とイメージしてたのでちょっと驚きです。

禁煙継続されてるんですね?頑張ってくださいね。って、おかしな声援ですね(笑)。でも、はい。頑張って下さい。

ランチの時間が終わるのでこの辺で・・・。
本当にありがとうございました。

永島敏行さん知らない? (hi-lite⇒のんのんさん)
2010-03-04 11:02:35
自分は同世代の所為かな?
昔「サード」「事件」「遠雷」って映画で名をはせた役者さんなんだけど…
久々に映画に出てたンで自分なんかは結構懐かしかった(^m^)b
TBありがとうございます! (モモマニア)
2010-03-06 11:59:55
伊坂作品と中村監督の相性は本当に鉄板ですよね!

中村監督の作品理解がいいのか、単に作風が合うのか。
それともスルーの仕方(あえて自分の色をつけない)がうまいのか???

もう、伊坂作品はぜんぶ中村監督に撮ってもらいたいくらいです。
次が待ち遠しいですね!
コメント感謝♪ (hi-lite⇒モモマニアさん)
2010-03-06 19:00:18
鉄板鉄板!!
前作の「フィッシュストーリー」なんか伊坂氏自身が脚本を書いたンじゃない?ってくらい伊坂ワールドだったし…
中村監督は上手いですよ。
海堂尊氏の「チームバチスタ」だって原作では主人公が男性なのに女性に置き換えて、最初は違うンじゃないかと思ってたら、そんな事も無かったしね。
自分的には今度は「グラスホッパー」あたりを中村監督に撮って欲しいなぁ^思ってます(^-^)b
ああ・・・ (モモマニア)
2010-03-07 15:27:08
「グラスホッパー」は大好きな作品。

中村監督、いいかも!
「グラスホッパー」なら、「アヒル~」みたいに
中村さん単独の脚本で観てみたい。

主演の役者をイメージして待ちたいと思います。
あと、濱田くんが誰を演るのか(^_^;
でしょ(^-^)b (hi-lite⇒モモマニアさん)
2010-03-07 22:03:03
濱田くん、ナイフ使いの蝉じゃない?(^m^)
TBありがとうございます (シキシマ)
2010-03-13 00:52:08
はじめまして。
hi-liteさんのレビューを読ませてもらったら、いろんなシーンが鮮やかに蘇ってきました。ありがとうございます。
私は、映画「アヒルと鴨のコインロッカー」のDVDを観たのが伊坂作品との出会いでしたが、こんな傑作を映画館で観ておかなかったことを悔みました。
そのあと、映像化された伊坂作品を何本か観ましたが、中村監督の「フィッシュストーリー」がやはり際立って良かったですね。
「ゴールデンスランバー」は、私が映画館で観る初めての伊坂×中村の作品でした。すごく期待して観たのに期待以上でした。
次の伊坂×中村作品が今から楽しみですね!
フィッシュストーリー (hi-lite⇒シキシマさん)
2010-03-13 11:52:13
最高だよね(o^-’)b
自分も伊坂×中村で言えば一番にあげる。
他の監督が作った伊坂映画は、どうもダメ。
なんでなんでしょうね?
Unknown (田中徹)
2010-11-26 18:04:36
小説→映画と観ましたが
ダメダメな映画じゃないですか。
どこがいいんですか?
これだけを観て、「伊坂作品はこの程度」と思われるのは心外。
小説を読まなければ良く伝わらないって…映像化した意味があるとは思えない。

以下、ダメダメな点
・2時間でまとめようと必死すぎ。
・青柳はイケメンのはずなのに、キモイ。
・ショットガンの扱いが素人過ぎる。
シュワちゃんだって、あんな持ち方で撃てないよ。それなのに貧相な体格というか、オヤジ体系で…おもちゃ丸出し。
・伊坂幸太郎の持ち味(多重伏線の意外な繋がり)を完全無視。殺しといってもいい。

監督は、フィッシュストーリーと同じというから驚いた。あの映画は大好き。配役も映画の流れもとても良く、小説を読まずに楽しめる。

伊坂さんの頭脳についてゆける人なんてそうそういない。この映画もダメダメ。

みんな、観る必要なんてないぞ!
小説読んで空想するのが一番!!
この映画は小説を読まないと、おもしろくない。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒田中徹さん)
2010-11-26 21:07:46
映画、お気に召さなかった様ですね。
映画って基本2時間、しょうがないじゃありませんか。
原作を読んでそのまま映画にすれば良いなんていうのは、映画作りを知らない素人。
それに原作で青柳はイケメンと書いてありました?
良い人とは書いてあったような気がするんですけど。
私はプロの方がどうショットガンを扱うのか見たことありません。
田中さんはショットガンを撃ったことあるのかな?
伊坂さんは満足されてるみたいなのに、いち読者が満足してないのって変ですね。
映画は人それぞれ、私はお金を払って観た分は楽しませていただきました。
みんな見る必要ないぞと人に押し付けるのはいかがなものかと思います。
トラバありがとうございます (づめ)
2010-11-29 00:09:39
「インセプション」以来、2回目のトラバありがとうございます。

「インセプション」の時もそうでしたが、hi-liteさんとは結構映画の趣味・評価が被るかも(笑)
またブログじっくり拝見させていただきます。
コメントありがとう。 (hi-lite⇒づめさん)
2010-11-29 09:09:36
ダブります?
まぁ基本、面白そうかなって映画しか観ませんしね。
小遣いが少ないから(^m^:)
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2010-12-28 18:06:29
個人的には原作の雰囲気を出せていないというか、あえて意識しないようにしてる感じがしました。
ただ、作品としては非常に良かったです!伊坂作品では1,2を争う出来ではないでしょうか?
hi-liteさんの仰るとおりキャストが非常に良かったですね~まったく文句の付け所が無かったです。
唯一残念なのが、原作を読んでない人には荒唐無稽な内容という印象を与えてしまうことですね。
原作を知らない人にももっとアピールできる作品だと良かったのですが、それを独特な世界観を持つ伊坂作品に求めるのはちょっと難しいですかね?
原作の雰囲気 (hi-lite⇒BROKENさん)
2010-12-29 19:00:10
いやぁ~私は充分出てたと思いますよ。
ついこの間、原作も文庫化したので読み直したし、映画もDVDで観直したけど、やっぱ上手いと思いましたもん。
原作を知らない人にアピールと言われると、確かに少しはそうかな?と思うけど…
それは伊坂作品みんなそうじゃない?
見たい!! (小夏)
2011-03-14 21:44:40
はじめまして。
先日はトラバ有難うございます。

もうこの原作は本当にサイコーでした。
地上波初登場は先送りになってしまいましたが、ますます見たくなりました。
こりゃツ○ヤだな。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒小夏さん)
2011-03-17 11:28:01
おぉぉ~~TSUTAYAで借りて見て下さい。
同じ伊坂幸太郎原作中村義洋監督の「フィッシュストーリー」もレンタルされてると思うので、そちらもお勧めです(o^-’)b
TBありがとう (wangchai)
2011-05-23 20:36:30
今回は小説読まないで見ました。それなので私のコメントはピントが外れているかもしれません。それでもなかなか面白いと思いました。

>今回、脇を固めた竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、濱田岳、柄本明、ベンガル、伊東四郎、そして久々にみた永島敏行
みんな良かった!(永島さんなんか和製ターミネーターっぽかったし)

何より永島敏行には驚きました。
セリフがないので、間違いかな?こんな役やるのかな?と一瞬思ったくらいです。昔の好青年役のイメージを脱するいいチャンスですよね。
僕は濱田岳のここでのキャラが何とも言えず好きです。通り魔なのに、はやてのように現れる月光仮面のような存在に思えました。

またよろしくお願いします。

キルオは… (hi-lite⇒wangchaiさん)
2011-05-24 19:39:04
伊坂幸太郎さんが、この小説を書くにあたり、キルオを「鴨とアヒルのコインロッカー」での濱田岳くんを見て、彼をイメージして作ったキャラクターだそうです。
だから、合ってて当然かも知れませんね。
永島敏行さんは、かなり雰囲気が変わりましたね(^m^:)
TBありがとうございます (みゅう)
2012-03-10 08:57:13
ただいま入院中で、原作を読んだばかりです。
原作のある作品を映画にすると、何かと物足りない部分がでてきて
がっかり・・・というのが多いですが・・・
そうですか~面白かったですか~♪
記事を読んで、俳優人もとても魅力的で・・・
私も映画の方もぜひ見てみたいなと思いました(^-^)
今度DVD借りてみます~♪
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒みゅうさん)
2012-03-10 20:01:53
入院中ですか?早く退院できると良いですね。
まぁ原作のあるものを映画化すると、たしかに物足りない部分って、多少はありますけど…
これはちゃんと原作の肝は押さえてあると思います。

伊坂幸太郎原作、中村義洋監督の組み合わせでお薦めは、この「ゴールデンスランバー」と「フィッシュ・ストーリー」
機会があれば両方観てみて下さい(^-^)b

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

66 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴールデンスランバー (勝手に映画評)
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 映画化を知ったのが先だったか、原作を読んだのが先だったか忘れてしまいまし...
『ゴールデンスランバー』 (ラムの大通り)
----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。 メドレーが始まっていく最初に...
ゴールデンスランバー (2009) 139分 (極私的映画論+α)
仙台行きたいなぁ(笑)
ゴールデンスランバー (近未来二番館)
ゴールデンスランバー - goo 映画 1月30日映画館にて 原作ー井坂幸太郎。期待通りの面白さでした。一体どうなるんだ、どうこの話を落とすん...
ゴールデンスランバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の...
ゴールデンスランバー見てきた。 (映画、小説、ゲームなんでもネタバレレビュー)
首相暗殺! 本日より公開、伊坂幸太郎原作、堺雅人主演のゴールデンスランバーを有楽町のTOHOシネマズ日劇で見てきました。 原作物なんでネタバレも何もありませんが。
ゴールデンスランバー (シネマDVD・映画情報館)
人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。主演は、中...
「ゴールデンスランバー」、最良ではないけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画「ゴールデンスランバー」、評判が凄く良いのですが、大江戸の期待には届きません
ゴールデンスランバー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
伊坂幸太郎の同名小説を、人気絶頂の堺雅人主演で描く、巻き込まれ型サスペンスだ。仙台に住む宅配ドライバーの青柳は、久しぶりに再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後から、首相暗殺事件の犯人にされ警察と犯罪組織から追われることになる。身に覚えがない青柳は、大学時...
「ゴールデンスランバー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ゴールデンスランバー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、永島敏行、石丸謙二郎、ソニン、でんでん、滝藤賢一、木下...
ゴールデンスランバー (だめ男のだめ日記)
「ゴールデンスランバー」監督中村義洋出演*堺雅人(青柳雅春)*竹内結子(樋口晴子)*吉岡秀隆(森田森吾)*劇団ひとり(小野一夫)*柄本明(保土ヶ谷康志)*濱田岳(黒いパーカーの男キルオ)*渋川清彦(岩崎英二郎)*ベンガル(轟静夫)*大森南朋(樋口伸幸)*貫地谷し...
『ゴールデン・スランバー』 初日舞台挨拶 1/30 (Antique)
有楽町・日劇にて。 なぜか1回のみの舞台挨拶でした。 登壇者は… 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、濱田岳、貫地谷しほり、中村義洋監督{/m_0150/} いつもの堺さんの満面の笑み、そして香川さんの面白いコメント…(笑) 濱田君の生・「びっくりした...
【映画感想】ゴールデンスランバー (掃き溜め日記~てれびな日々~)
凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命...
「ゴールデンスランバー」 (俺の明日はどっちだ)
う~ん、困ったな。 実は身近なブロガー仲間を含め多くの人たちが絶賛し『本屋大賞』まで獲ってしまった伊坂幸太郎による原作は、そのあまりに胡散臭くてあまりに幼く思わざるを得ない設定にウンザリさせられ、キツイ言い方をするならば、上手さが目立つだけの作品でしか...
ゴールデンスランバー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳、貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋、ソニン、永島敏行、柄本明、香川照之、伊東四朗、木内みどり。藪の中に眠っている黄金色の塗料がすっかり剥げ落ちたカローラ。それは青春...
ゴールデンスランバー (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.golden-slumber.jp/ 初めて劇場で予告編を観てからずっと楽しみにしていた作品。 堺雅人さんのファンだからということだけでなく、警察から犯人に仕立てられながらどうやって窮地を脱出するのかといった興味から、あえて原作を読まずに観た...
ゴールデンスランバー (そーれりぽーと)
立て続けに期待してた割りにつまらなかった映画を観てしまった勢いで、あんまり期待していなかった『ゴールデンスランバー』を観てきました。 ★★★★★ 考えてみると、邦画のサスペンス逃亡劇でこんなにワクワクした記憶がないかもしれない。 ベースにあるのは学生の...
ゴールデンスランバー  監督/中村義洋 (西京極 紫の館)
【主演】  堺 雅人  竹内結子  香川照之 【ストーリー】 首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにさ...
ゴールデンスランバー(映画館) (ひるめし。)
誰が、彼を救えるのか。
ゴールデンスランバー (迷宮映画館)
一番描きたかったテーマは、一体何だったのか・・・
ゴールデンスランバー (おりぶん)
かなりテンパっちゃってます オール仙台ロケということもあり ひいきめあればゴメンナサイゞ あそこ?とかあの店この店 もう馴染みのところがたくさんで まさか このブログで密かにネタにしていた病院までゞ で クレジットの「ボランティアエキストラのみなさま」って...
たいへんよくできました、、、(ネタばれあり) (気まぐれRock)
映画『ゴールデンスランバー』オフィシャルチャンネル http://ch.yahoo.co.jp/golden-slumber/ ワーナーマイカル(熊本クレア)のファーストデイの午前中に狙っていた[アバター3D吹替版]が大反響で、映画館に着いたときにはなんとソールドアウト(ToT) http://blogs.yah...
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
ゴールデンスランバー (映画道)
首相公選制が存在する現代。仙台市では金田首相の凱旋パレードが盛大に行われていた。それと時を同じくして、青柳雅春は、数年ぶりに旧友の森田森吾と再会していた。森田の様子がおかしいことを訝しむ青柳に、森田は恐るべきことを告げる。あまりにも巨大すぎる陰謀から、...
ゴールデンスランバー (to Heart)
無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』 出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀...
ゴールデンスランバー (花ごよみ)
原作は伊坂幸太郎の、 同名ベストセラー小説。 試写会で見てきました。 監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、 『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中村義洋。 堺雅人が主演、共演は竹内結子、 吉岡秀隆、濱田岳 劇団ひとり、香川照之等… 。 『ジェネラル・ルージ...
「ゴールデンスランバー」:新橋駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}お。こんなところで牛タンとは珍しい。 {/hiyo_en2/}牛タンといえば、仙台よね。この店も仙台にあるお店らしいわよ。 {/kaeru_en4/}杜の都でモリモリと、牛タン食ったか、永島敏行。 {/hiyo_en2/}なに、それ? {/kaeru_en4/}いや、仙台を舞台にした映画「ゴ...
ゴールデンスランバー (いい加減社長の映画日記)
かなり大きく宣伝してるけど、実はそれほど大きな期待はしてなくて。 でも、なんとなくストーリーが面白そうで、「ゴールデンスランバー」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日の朝にしては少なめ。 「ゴールデンスランバー」は、中くらいのスクリーンで、6~7割。 【...
「ゴールデンスランバー」 (映画のお友達)
先日『ゴールデンスランバー』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。 なかなか良く出来たサスペンスです。 こういった邦画を、もっと観たいと思わせるようなね。 上映時間139分ですが、長くは感じませんでした。 「ゴールデンスランバー」(2009)日本 監督 中村義洋...
映画・ゴールデンスランバー (お花と読書と散歩、映画も好き)
面白かった! ほぼ原作通り キャスティングもバッチリです 無表情で幽霊みたいな警察の人間たち 佐々木役の香川照之さん 大男・小鳩沢役の永島敏行さん キルオ役の濱田君 印象深かったです 彼も伊坂幸太郎原作作品には欠かせない存在になってきましたね 主役...
10/01/31 「ゴールデンスランバー」は面白かったけど好みじゃないかな (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
{/m_0167/} 大河ドラマ「新撰組!」の山南役から注目していた堺雅人の映画の主演が続いているが、全部観るつもりはなく、これならばといいかなぁという作品を選んで観る。「南極料理人」はよかった!「ゴールデンスランバー」は冤罪サスペンス物ということでまぁいいかな...
ゴールデンスランバー (mmjブログ)
『ゴールデンスランバー』を観てきた。@109シネマズ 監督:中村義洋 原作:伊坂幸太郎 音楽:斉藤和義 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳 中村義洋監督の作品なので伊坂ワールドを忠実に再現してくれるだろうと期待。実際、多少設定を変...
映画 「ゴールデンスランバー」 (SEA side)
 冤罪を描いている。  劇中でも「オズワルドにされる」という台詞がある。ケネディ暗殺犯に仕立て上げられた男の話だ。しかしそれをどう晴らすかというより、いかに逃げまくるか、の映画だ。  ハリソン・フォード主演作「逃亡者」のようなハードなアクションは無い。...
「ゴールデンスランバー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                             「ゴールデンスランバー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・中村義洋 原作・伊坂幸太郎 舞台は仙台。オール・ロケーションの力作であります。 まぁ、簡単に言うと、「逃げる映画」ですね(笑)!いや...
映画「ゴールデンスランバー」 (のんびりぽつぽつ)
伊坂幸太郎原作 堺雅人主演映画。 行ってきました。 ちなみに、伊坂作品は一切読んだことがありません。 なので、この映画も原作知らなくて基礎知識(?)ないままで出かけました。 でも、充分、ほんっとに充分楽しめました{/rabi_happy/} 単純に画面に集中して。 一緒...
ゴールデンスランバー (紫の風)
伊坂幸太郎の本はかなり読んでると思うのだがこれはまだ未読・・・ まだ文庫化されてませんからね ^^; この作家は、「陽気な・・・」「アヒルと・・・」に始まり、数々映画化され(過ぎ)ていますが 割りと原作をそこなわず映画化されていると言う印象。 今作も ら...
『ゴールデンスランバー』(監督:中村義洋) (日の出工房)
 宅配ドライバーの青柳(堺 雅人)は、釣りに行く格好で仙台の街中を歩いている。道
『ゴールデンスランバー』 (Matthewの映画日記?)
伊坂幸太郎さん原作です。 伊坂幸太郎さんは、以前、『重力ピエロ』て゛、はじめて読んだ作家さんですが、ちょっと難しいというか、哲学っぽいというかで、自分には合わないので、たぶん、もう読まない作家さんになってしまったのですが、『ゴールデンスランバー』のTV...
ゴールデンスランバー (映画の話でコーヒーブレイク)
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
『ゴールデンスランバー』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
演出のテンポの良さもあるんですが、ビートルズの「ゴールデンスランバー」が画面から流れてくると、映画を楽しみたい、余計な事は考えず、純粋に素直に、この作品を享受したいって、気持ちが無意識に働いてしまったことも確かです。
「ゴールデンスランバー」 (大吉!)
<金曜日> 「仙台在住の青柳(堺雅人)は、ごく普通の宅配ドライバー。 違うのは、2年前に仕事先でアイドルを暴漢から助けて、有名になった事くらい。 首相の凱旋パレードの日、学生時代の友人・森田と再会を果たすも、首相が爆死するという暗殺事件が勃発。 何故か...
映画な日曜日 (アンナdiary)
映画「ゴールデンスランバー」を見てきた。うん、面白かったけど。。。
ゴールデン・スランバー (きらくに、きままに・・・)
久しぶりの更新です。 昨日、祝日だし、MOVIX仙台のメンズデイだし すご~~く久しぶりに映画に行ってきました。 見た映画は、仙台を舞台にした映画。 『ゴールデン・スランバー』 内容云々よりも、“あの場所はあそこだ~”とか、 “ここ分かる~~”っていう感じで、...
ゴールデンスランバー (Sometimes Always)
映画『ゴールデンスランバー』を観てきました。相変わらず、前もっての評判や内容については、ほぼ無の状態で観に行ったのですが。。友達いわく、「結構、原作通りらしい」とのことだったので、原作をかなり面白く読んだあたしとしては楽しみだったわけで。実のところ。。...
ゴールデン・スランバー (お散歩日記)
ネタバレです。 伏線の張り方と回収の仕方が、伊坂幸太郎だなぁ~って感じでした。そんなに読んでないけど。なんかオシャレでした。 結局、事件に巻き込まれて、逃げ切りはしたけど、身分と顔を奪い去られたわけですよね? 災難すぎる。 面白かったけど、悪の組織に...
映画『ゴールデンスランバー』見たー。と、チョコ! (真・問わず語り的空飛び日記)
こんばんは、和井です。 バレンタインデーですねー。 チョコとか、用意しましたか? 私はPLAZAとか行って(デパ地下は最近ブームが私の中で...
ゴールデン・スランバー (KleeiZm 音楽が友だち)
仙台が舞台ということだし、堺さんが主役だし、逃亡劇というのも面白そうだし、ということで観に行ってきました。 まずは出だしの吉岡君とのやり取りは非常に緊張感があって面白いです。ある意味、ここが一番の見せ場じゃないかと。 「なんで撃たれなきゃいけないん...
『ゴールデンスランバー』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~斉藤和義,サントラビクターエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『ゴールデンスランバー』 2010年(日)監督:中村義洋  伊坂幸太郎の原作『ゴールデンスランバー』における魅力を無視し、純粋な映画...
たいへんよくできました (笑う学生の生活)
16日のことですが、映画「ゴールデンスランバー」を鑑賞しました。 伊坂幸太郎原作小説の映画化 首相暗殺に仕立て上げられた男の逃走劇 いやー、おもしろかった 予想以上に 原作も良いだけに おもしろいだろうなぁとは思ってましたが それ以上に やはり、登場人物たち...
ゴールデンスランバー (本と猫と映画と)
ゴールデンスランバー - goo 映画 伊坂幸太郎の、第5回本屋大賞&第21回山本周五郎賞をダブル受賞したベストセラーを、 中村義洋監督が映画化した作品です。 伊坂幸太郎って、今、かなり作品が映像化されている作家ですが、 中村義洋監督は、彼が映像化に関して最も信...
ゴールデンスランバー (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は邦画界で今もっとも売れっ子の原作小説家である伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を観てきましたよ!!  仙台に住む30歳独身の平凡な男・青柳(堺雅人)。  彼はある日、大学時代の同級生と久しぶりに会うことになっていました。  しかし、呼び出され...
ゴールデンスランバー(2009) (かこぶろ。)
予告見た時から公開が楽しみだった映画。 「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」など伊坂幸太郎作品の映画化で実績を残してきた中村義洋監督。 「ジェネラル・ルージュの凱旋」の堺雅人、竹内結子も出演。 とくに主演の堺さんは、ジェネラル~でのカリ...
ゴールデンスランバー (だから、ここに来た!)
アビイ・ロード・スタジオ、EMIが所有権保持の意向 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00000962-reu-ent だそうです。 ホッとしたような、人騒がせな気分というか。 ポールも支援に名乗り出たそうですが、 やっぱり手放します、とならないように祈っ...
「ゴールデンスランバー」 (prisoner's BLOG)
巻き込まれ型サスペンスとするとずいぶんと穴の多い出来。人目のあるところで、抵抗する素振りもない堺雅人にいきなり警官が発砲するところでもうひっかかって、後は将棋倒しに乗れなくなってしまう。 警察が陰謀を巡らすとして、ああ雑なことするか。外部の犯罪者を使っ...
「ゴールデンスランバー」 助けられながら生きていく (明日へのヒント by シキシマ博士)
この作品を「ツッコミどころ満載」とか「ありえない」と評する人も多いのは知っていますが、私はそういうことは気になりませんでした。 「オズワルドにされたのがなぜ青柳なのか」「偽者の青柳は誰だったのか」「首相暗殺の黒幕は誰なのか」など、何も明かされないまま終...
13日の金曜日で仏滅 (タネの縁側  )
ゴールデンスランバー  挿入歌の「ゴールデンスランバー」は斉藤さんでしたか。
ゴールデンスランバー (銀幕大帝α)
09年/日本/139分/劇場公開 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳 <ストーリー> 首相暗殺の濡れ衣を着せられた平凡な男の逃亡劇。 <感想> 中村義洋監督と原作者伊坂幸太郎による3度目のコラボ作品。 奇想天外なスト...
ゴールデンスランバー (とつぜんブログ)
監督 中村義洋 出演 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明  伊坂幸太郎の原作は小生は、もうひとつのれなかった。冒険小説ファンの小生と...
「ゴールデンスランバー」観ました (づめぶろぐ)
久しぶりに邦画の良作に当たりました。 原作が伊坂幸太郎のベストセラーを、堺雅人主演で映画化した作品です。 ベストセラーの映画化は、多分原作を読んでる人とそうでない人で評価が分かれるのでしょうが(特にミステリー・サスペンス系はそうだと思う)、...
「ゴールデンスランバー」「人間失格」「皇帝ペンギン」 (スクリーンに恋をして&ライヴレポ)
「ゴールデンスランバー」「人間失格」「皇帝ペンギン」 さっくりとTVで観ました ココに書くのは、感想というより観た映画の 備忘録がわりという感じですね。 「ゴールデンスランバー」 キャスト 堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 香川照之 柄本明 濱....
ゴールデンスランバー ~ジグソーパズルの魅力! (平成エンタメ研究所)
 伊坂幸太郎作品の魅力は、ジグソーパズルのようなストーリー展開にある。  バラバラな登場人物、出来事が関連づけられ、やがてひとつの絵が浮かび上がってくる愉しさ。  この作品で言えば、人物では<通り魔><アイドル><大学時代の元カノ><バイトをしていた花....
ゴールデンスランバー <伊坂 幸太郎> (三十汁+α)
 いや~~~、すんげ~オモシロかった!  通勤中も家に帰ってからも、ずっと読みふけってしまった。    読んでる間ずっと青柳君逃げて、とそればかりを思っておりました。    ハラハラドキドキ手に汗握る、というよりは淡々と進んでいくのは、やはり伊...
伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』 (To Read, or Not To Read, That Is The Question)
伊坂幸太郎の作品を読むのはこれで2作目、1作目は 「重力ピエロ」で、なんだか全体がよくつかめないまま 読み終わったというか(決してつまらなかったというわ けではありません)、テーマは重くて陰惨なのに、筆の タッチがふわっとしていて、物語と読者の“距離”が ...
『ゴールデンスランバー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森南朋...
ゴールデンスランバー (ひびレビ)
「ゴールデンスランバー」を見ました。 ・・・びっくりした。心の底からびっくりした。これまで見た映画の中でも、ここまで全編に渡ってびっくりさせられたのはそうそう無いと思います。「そんなに映画見てないだろ」とか言わない(汗。 2年前、アイドルを救った男・青....
ゴールデンスランバー (pure\'s movie review)
2009年 日本作品 139分 東宝配給STAFF監督:中村義洋脚本:中村義洋 林民夫脚本:伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』CAST堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 濱田岳 香川照之 伊東四朗原作を読んでないので、映画の感想としての文句を言うのはお門違いなのかも...