映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山下敦弘監督 「マイ・バック・ページ」

2011-06-06 22:25:56 | Cinemaレビュー
妻夫木聡と松山ケンイチが共演し、1970年代初頭の全共闘運動を舞台に描いた映画、というくらいの感覚で、正直関心はなかったのですが

キネ旬での評価が結構良いので、やっぱ観ておくべきかと

今日の休みに観てきました。

http://mbp-movie.com/

原作は評論家・川本三郎氏が新聞社入社当時の1969年から1972年までを綴った自伝的ノンフィクションだそうです。

【あらすじ】
1969年、東大安田講堂事件を契機に全共闘運動が失速していった時代。

東都新聞社で週刊誌記者として働く沢田(妻夫木聡)は、取材対象である人たちと共感したい思いと、ジャーナリストとして必要な客観性との狭間で葛藤する日々を送っていた。
1970年、日本大学の教室で“哲学芸術思潮研究会”と称するサークルの討論会が行われていた。

壇上で気炎をあげる片桐(松山ケンイチ)。

「行動しない組織はナンセンスだ。俺は間違ってない。俺は一人でもやるぞ!」
片桐の発する奇妙なエネルギーに、傍聴していた学生の重子(石橋杏奈)は惹きつけられていた。
1971年、沢田は先輩記者・中平(古舘寛治)とともに梅山と名乗る男(片桐の偽名)からの接触を受ける。


「武器を奪取して4月に行動を起こす」と意気揚々と語る梅山を、中平は“偽者”だと断じる。

しかし、梅山と部屋に残された沢田は、梅山への疑念を抱きつつも、梅山に不思議な親近感を覚えていた。
そして、事件は起きた。
自衛隊の駐屯地で、武器を奪おうとした梅山の仲間が、自衛官を殺害したのだ。

翌日、沢田は梅山と面会する。
「君がやったという証拠を見せてくれ」
スクープがとれたと思う沢田。
しかし、会社はこの事件を“政治犯が起こした殺人事件”ではなく“一般の殺人事件”と断定。
沢田は、警察へ梅山の情報を提供するように求められる…
(パンフより抜粋)



簡単にいえばペテン師にひっかかった記者の話

劇中、松山ケンイチ演じる梅山こと片桐が「沢田さんて優しすぎますよ」と言うように

同じ音楽、同じ本、同じ映画に共感した同世代だからって、こうも簡単に相手を信用するのも、どうかなぁ〜と…

まぁ多分にスクープを取れるって功名心もあったから?



この映画、冒頭でフーテンに混じって妻夫木くん演じる沢田が、怪しげなテーブルウサギを路上販売してます。

そのテーブルウサギを優しさから死なせてしまう。

あぁ〜〜これって、この映画を象徴していたのか!

いかがわしいからって、邪険に出来ない沢田の優しさ

その所為で、痛い目にあってしまう。

止められたものを見逃し

無関係の人を死なせてしまう。

映画後半、忽那汐里演じた週刊誌の表紙モデル・眞子が言う

「なんとなく嫌な感じ」

そう嫌な感じです。

刑事に言われるまで被害者の名も知らない妻夫木くん演じる沢田

きっとこういう映画

私が若い頃は、若いんだからしょうがないで観てたかも…



この映画で新聞社の社会部部長役でワンシーンだけ出演した三浦友和さん

いやぁ〜強烈です。

大人の判断

沢田の甘さを、たった一言で切り捨てちゃうあたりの貫禄

この映画の登場人物で一番共感できました。



松山ケンイチ演じる片桐(またの名・梅山)の怪しさ

正体の判らなさ

本気なのか?

何を目指したかったのか?

最後まで、いかがわしさがブレない辺りは見事だったかも…



パンフに掲載された監督と脚本家へのインタビューによれば、この映画は「泣く男の話」だったとか…

沢田のラストの涙が観客にどう見えるか…

正直、私は何に涙したのか判らなかった。

夢にやぶれ、後悔しての涙?

信ずるものを無くしてた今…

革命とは別のところで幸せに暮らす昔の知り合いと出会えた喜びの涙?

川本氏の原作では何が語られてるのか…



映画のカット割り等、演出面では

ワンシーンワンカット的長回しだったり

役者さんのドアップだったり

とくに石橋杏奈演じる重子のアップや、忽那汐里演じた眞子のアップは印象に残る。

こういう演出、昔のATG作品を彷彿

私は嫌いじゃないけど、今はただ長く感じちゃうンじゃない?



この映画、決して出来は悪くないけど、関心の無い人には、やっぱ関心はないし、面白いとは感じないでしょう

私もなんで今、この映画なのか?ちょっとね(^m^:)



マイ・バック・ページ - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京極夏彦 「豆腐小僧双六道中 ... | トップ | 有川浩 「図書館危機 図書館戦... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「マイ・バック・ページ」 (見切り)
2011-06-07 07:48:17
あっ、もう見たの?
はやいですね、hiさん

私も あの二人が出るんだもん
後味悪くたって(ストーリー全く知らなかったけど) 見ようかな〜って 思っていました。

70年代の日大の闘争に関係した(と、その後)人の本 ちょっとだけ読んだばっかり、
なんとなく 雰囲気がわかります。

やっぱり見てみよう、

岳は見はぐれちゃった。
「アジャストメント」 
これフィリップ・K・ディック 原作だったから 見に行きました。
詰めが甘すぎ。
松ケンが… (hi-lite⇒見切りさん)
2011-06-07 11:31:29
いかがわしい革命家きどりの男を演じるとは予想もしませんでした。
また妻夫木くん演じる記者が、なんでそんな男に興味を持つのかも、納得出来なかった…
まぁそういった事実、事件があったって事なんだろうけど…
若い頃の勘違い?
それとも時代の所為なのか?
映画はその辺を、冷ややかに描いてたので、まぁ許せるかなぁ〜って
でも、それほど面白い話ではありませんよ。
ふ〜ん (みょみょ)
2011-06-10 16:53:40
私が大学入った頃は、学生運動は過去の話になりつつあったので、どっちかいうと庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」の話としてのイメージが強いです。
だから、共有できる部分がない者が見ても面白いのかな〜って思ってたら・・・
やっぱり それほど面白くないのね。
じゃあ、止めておこうかな。
DVDでいいっか。

どんどん新作公開されるし、「テンペスト」見たいな。
学生運動 (hi-lite⇒みょみょさん)
2011-06-11 10:20:14
私も大学に入った時は過去の出来事でした。
大学卒業間際、成田闘争も終盤だったし…
浅間山荘事件や、よど号ハイジャック事件などは子供の頃。
私の世代は、無気力無関心世代と言われてたけど…
正直、この上の団塊世代の人たちは何に対し怒ってたのか?
また今もこの世代の人たちは怒ってるのか?
怒りってなんだろう?とよく考えます。
マイバックページ (見切り)
2011-06-12 17:22:58
見てきました。
私は面白かったよ。

恥ずかしながら あそこらへんの景色 覚えがあるし・・
なんというか なつかしいし。

あのケンイチ君が 
太って無責任な詭弁者になりきって 
カムイとかノルウェイの森の イメージとぜんぜん違うんだもん。
若い人生の鳥羽口にたったばかりの彼が何を目指したのか 何をしたかったのか
さっぱり判らんかったけど
その 彼に騙される駆け出し記者も やっぱり 素直で若かったんでしょうね。

松ケンの… (hi-lite⇒見切りさん)
2011-06-12 18:53:27
芝居の幅が広いって事は、改めて感じた。
やっぱ懐かしさ?
見切りさん、私よりちょっとお姉さんかなぁ〜?と思ってるンですけど(^m^:)
観ました (華やぐ時間)
2011-06-17 22:11:07
実話モノに惹かれるわたしは 川本三郎のことには詳しくないけど 観てきました

音楽や本に共通項を見出したからと信じていく記者の甘さ
詭弁で他人をも自分をも煽っていく松ケンの危なさ・・

若い頃は何者かになりたい自分という意識があり まさに青春映画だなぁと思いました

きっと… (hi-lite⇒華やぐ時間さん)
2011-06-18 17:16:27
青春映画なんでしょうね。
青春の苦い後悔。
人を信じ、人に裏切られ…
ただ私もいい歳のおっさんになっちゃった所為か、ラストでの主人公の涙は、なんとなく女々しく感じちゃって…
なんだか共感はできませんでした。
若い人は分かるのでしょうか (さすらい日乗)
2011-07-19 06:39:53
原作にほとんど忠実だと思う。
最後のとこだけは、なかったと思うが。

若い人に、理解できるのでしょうかと思いましたが。
松山ケンイチが演じた菊井良二は、スパイだったと言う説もあったくらい、不思議な事件でした。
原作では、逮捕された後のことも書いてあり、そこも良いのですが。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒さすらい日乗さん)
2011-07-19 14:40:21
若い人だけじゃないと思います。
昔を懐かしく邂逅する物語は、時代だけじゃなく精神的にも主義主張や考え方が共感できて判るものかなと思います。
二人の主人公、どちらもなんで?と思っちゃうと難しいですね。
面白かったですよ (ぐら)
2011-08-26 22:18:03
TBありがとうございました。
若くもないけど学生運動は全く知らない世代ですが、私は面白く観られました。
ラストの沢田の涙にも感情移入してしまいました。自分が信じて情熱をかけて挫折した世界とは全く違う世界でなんとか生きてきたかつての仲間と再会して、そして「生きていればそれでいいよ」と言われて、ふっと心の緊張の糸が切れて、色々なものがこみ上げて来てしまったんだろうなあ・・・と思いました。
面白かった? (hi-lite⇒ぐらさん)
2011-08-29 10:49:40
ん〜〜〜原作者・川本氏の昔を振り返って、ただ単に郷愁に浸ってるだけにしか感じなかった私は冷淡なのかな?(^。^:)
私はなんで泣いてるのか。いまいち理解できませんでした。
こういう内容だったのですね (そよ)
2012-01-08 21:34:57
hi-liteさんの感想等読んで・・・ 理解しました
何しろほとんど寝てたもんで
三浦友和のシーンは「あ、三浦友和だぁ!」と気付いたものの・・ 再び睡魔に^^ ;
ピリッとしたシーンだったんですね


ブックマークしていただいて  ありがとうございます
とこちらにもお礼をば^^
眠くなっちゃいました(^m^) (hi-lite⇒そよさん)
2012-01-11 09:22:55
でしょうね。
あまり関心のない人の昔話は辛いですもんね。
私も映画館じゃなかったら、ウトウトしてたかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイ・バック・ページ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1971年、自衛隊朝霧駐屯地で、一人の自衛官が殺害された。 事件の背後にいたのは、新左翼の過激派青年と理想に燃える雑誌記者。 なぜ、それは起こったのか?彼らは何を目指そうとじていたのか? 「マイ・バ...
勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 (水曜日のシネマ日記)
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。
映画レビュー「マイ・バック・ページ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マイ・バック・ページ オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆現実と理想の狭間で揺れる若者たちの苦い挫折の物語。妻夫木聡vs松山ケンイチの演技合戦は見応えがある。 【7 ...
[映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「革命家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...
マイ・バック・ページ (LOVE Cinemas 調布)
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中...
『マイ・バック・ページ』 (beatitude)
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男....
「マイ・バック・ページ」みた。 (たいむのひとりごと)
昭和30-40年代での学生運動が盛んだった頃は、まだ生まれていないか赤ん坊であり、彼らと同じ年頃になった時にはバブル真っ盛りという世代のため、未だに彼らの心理とか行動原理がのみこめない私で、どうもこの
*マイ・バック・ページ* (Cartouche)
  1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの...
映画「マイ・バック・ページ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった...
山下敦弘監督 『マイバックページ』 (たもとのあれこれ日記)
松山ケンイチ君を見に行ったのですが、今回はいわば悪い役でありました。目的もはっきりしない、真の過激派でもない遅れてきた男を熱演していました。 妻夫木聡は松ケン演じる梅山という男をつい信じてしまうジャーナリスト役。 時代は学生運動過ぎ去りし頃。残るは過激...
「マイ・バック・ページ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
山下敦弘監督、微妙な題材を選んじゃったかなあ。 どうして? だって、全共闘運動が激しかった1970年前後に事件を起こした左翼思想の学生と若きジャーナリストにまつわる話だぜ。 いまどき、ハードな題材に、いつもは脱力系の山下敦弘監督が臨む。野心的な試みじゃな...
『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい....
「マイ・バック・ページ」 (元・副会長のCinema Days)
 楽しめた。何より、学生運動が最後の盛り上がりを見せた1970年前後の世相を一刀両断に切り捨てているのが痛快だ。もしも本作を団塊世代の演出家がメガホンを取って作ったとしたら、甘ったるいノスタルジアと身も蓋もないエクスキューズで溢れ返っていたところだろ....
■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
11/06/07 松ケン×妻夫木の映画「マイ・バック・ページ」は苦過ぎた (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
松山ケンイチは「デスノート」のL役以来のご贔屓若手俳優。出演した映画も全て観ているわけではないが、「カムイ外伝」以来なので少々欠乏症気味(笑) チラシをGETしてずっと気にしていた「マイ・バック・ページ」だが、近くのシネコンで早々に上映回数が一日一回にな...
「マイ・バック・ページ」 (prisoner's BLOG)
原作は十年以上前に読んだ。大きく映画と違うのは一人称で描かれているため接触する自称活動家がただの口先男なのか、それとも本物の活動家なのかなかなか判断できず、そのため物的証拠を要求して、血のついた腕章を預かったことがあとで結果として警察によって証拠隠滅と...
マイ・バック・ページ (Catch of the Day)
こちらこの映画の恐さは世直しを急ぐあまりに暴力で道を開こうと《頭》で考えている集団の暴走。澤田を中心に梅山とカバーガールの女子高生がいるのだが、「ちゃんと泣ける男」を軸に澤田は梅山に警戒しながらも心を寄せてしまう。ある人が選びとるものに共感を得た時には...
マイ・バック・ページ (くまさんの再出発日記)
冒頭、1969年東大闘争が終わった直後の安田講堂に梅山(松山ケンイチ)が現れる。のちに彼は沢田(妻夫木聡)に「テレビで東大抗争を見てこれだ!と思ったんだ。ぼくの生きる道がここにある、とね」といっている...
マイ・バック・ページ (ぐらのにっき)
ようやく7月分の感想に入りました。って5月公開のだけど・・・(汗) 松ケン目当てで見てきました。 ちょうど昨年松ケンがやってたノルウェイの森と同じ時代の話ですが・・・ノルウェイの森がスタイリッシュな70年代の映像だとしたら、同時代なのにスタイリッシュでない、も...
マイ・バック・ページ (陽だまりのねごと)
映画『マイ・バック・ページ 』 予告編 年代的に懐かしいとの思いで観た。 赤軍派の終焉を全部テレビでみていた。 一応、受験生だから単語帳でも手にはしていたか? 受験に行った大学には縦看があって 「受験生の諸君」と呼びかけているような所もあった。 高校校門へ....
映画『マイ・バック・ページ』 (虎犇秘宝館)
監督 山下敦弘 妻夫木聡 (沢田雅巳)松山ケンイチ (梅山)忽那汐里 (倉田眞子)石橋杏奈 (安藤重子)韓英恵 (浅井七重) 東大安田講堂事件をきっかけに全共闘運動が急激に失速を見せていた、1969年。東都新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田は、取材対象であ...