映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

深川栄洋監督 「神様のカルテ」

2011-09-11 10:12:14 | Cinemaレビュー
昨日(2011年9月10日)1カ月ぶりに劇場で映画鑑賞。

選んだ映画が映画だっただけに、やっぱアベックや女の子同士で観にきてるのが多かった(^m^:)

公式サイト⇒http://www.kamisamanokarute-movie.jp/index.html

【あらすじ】
勤務5年目の青年内科医・栗原一止(櫻井翔)は、医師が不足しながらも「24時間・365日対応」で大勢の患者を抱える本庄病院に勤めている。
この小さな病院では専門外の診療をしたり、働き詰めで睡眠が取れなかったりすることが日常茶飯事。
 
 
それでも一止は、クールな先輩外科医・砂山次郎(要潤)、有能な救急外来看護師長・外村静枝(吉瀬美智子)、同期の病棟主任看護師・東西直美(池脇千鶴)、まだ青いところがある新人看護師・水無陽子(朝倉あき)、曲者上司・貫田誠太郎(柄本明)らと共に厳しい地方医療の現実に向き合いながら、同じアパート“御嶽荘”に住む、大家兼画家・男爵(原田泰造)、博学な大学生・学士(岡田義徳)との語らい、そして何よりも最愛の妻・榛名(宮崎あおい)との心温まるひとときに日々の疲れを癒しながら激務を凌いでいた。
 
そんな折に一止は母校の医局を通じ、大学病院に勤めないかと誘われる。しかし、一止の前には毎日本庄病院にやってくる大勢の患者がいる。悩む一止。
 
そんな彼の前に大学病院から「あとは好きなことをして過して下さい」と見放された末期ガン患者・安曇雪乃(加賀まりこ)が現れる。
安曇さんは大学病院で研修中に接しただけなのに、何故か一止を頼ってきた。
そんな安曇さんと触れ合う中で一止は、命を救うこととは?人を救うということとは?という医者としての在り方、人間としての在り方を見つめ直していく。
そして、時を同じくして一止の安らぎの場であった御嶽荘でも、学士との別れが迫っていた。
一に止まると書いて「正しい」と読むその名の通り、一止は惑い苦悩した時こそきちんと立ち止まって考える。
そして、一止はまた歩き始めるために“ある決断”をする…
(公式サイト、ストーリーより)



原作は2010年本屋さん大賞で第2位に選ばれた夏川草介さんの作品

原作未読です。

映画も予告を観るかぎりじゃ、絶対お涙頂戴映画かな?と思ってたンですが…

思ったほどお涙頂戴映画では無かった。

いや、だから良くなかったって事ではありません。

良い映画です。

こんなお医者さんが大勢いたらホント良いなぁ〜っと思ったし

人にホント優しくなれる映画。



嵐の櫻井くん、彼の映画は恥ずかしながら「ヤッターマン」しか観てなかったので、今まで気付かなかったのですが…

泣き顔なんですね。

いや、二宮くんが泣き顔なのは知ってましたが…

櫻井くんもそうだったんだ。

今年観た映画で妻夫木聡くんと松山ケンイチの「マイ・バック・ページ」が、監督と脚本家のインタビューで「泣く男の話」と言ってましたが…

こっち「神様のカルテ」の方が、あきらかに泣く男の話だった。

実際泣くシーンはラスト近く一回きりなんだけど…

宮崎あおいさん演じた一止の妻・榛名が言った台詞

>「イチさんはいまでも泣いてます。ただ涙を流さなくなっただけ」

救急医療、地域医療の現実は「ジェネラルルージュの凱旋」の様にヒーローがいる訳じゃないンだなぁ〜と

そしてあまりに過酷な救急医療の現場

主人公の一止は、途中までその過酷さに疲弊し人の死に鈍くなってしまったのかと思ってましたが、そうじゃなかったんだと…



そしてタイトル「神様のカルテ」の意味

何故、加賀まりこさん演じた安曇さんが一止を頼ってきたかを知ったとき…

患者のために、細かい字でぴっしり書かれたカルテ

感動です。



ちょっと面白かったのは、病院でのシーンと一止が暮らしてる旅館を改装したアパート”御嶽荘”の描き方

リアルな現実と幻想的な世界

これは原作もそうなの?

今度読んでみようかなぁ?



神様のカルテ - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三池崇史監督 「十三人の刺客」... | トップ | 宮部みゆき 「龍は眠る」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原作 (こに)
2011-09-12 19:38:23
オススメです
御嶽荘の住人たちの「付き合い方」良いです

映画
行けるかな〜
(^_^;)
(^m^)b (hi-lite⇒こにさん)
2011-09-13 09:44:10
昨日、本屋さんで仕入れてきました。
やっぱ映画では描ききれてない部分とかあるのかな?思って…
読むの楽しみです。
TBありがとうございます! (micha*)
2011-09-13 20:05:34
いい映画ですよね〜

原作は未読ですが、少し興味を持ちました

小説のみならず漫画やアニメなども含め、原作のファンは概ね映画化を嫌う傾向にありますよね...?
“(自分の想像する)イメージを壊されたくない”―その気持ちは分かる気がします
hi-liteさんは、いかがですか?

>>「イチさんはいまでも泣いてます。ただ涙を流さなくなっただけ」
ハルさんの夫を想う優しさに満ち溢れている言葉です
じ〜〜んときました。。。。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒micha*さん)
2011-09-14 10:32:34
原作と映画化作品、私は別モノとして接してます。
小説や漫画、オリジナルはオリジナルとして見ますし…
映画化されたモノは、映画監督の作品として見ます。
ですから、私のレビューでは映画は監督名を常に表示してます。
オリジナルと映画がまったく一緒って面白くないじゃない(o^−^)b
映画見ました (やぶ)
2011-09-23 12:08:15
こんにちは。

久しぶりにhi-liteさんのblogを見に来ました。


先日、「神様のカルテ」の映画の番宣を見た主人に誘われ、見ました。

いい映画と思いましたが、看護師という職業柄、現実の末期患者さんに接している者として、色々な思いがありました。


外来患者さんとの会話には、思わず笑ってしまう事.....

シリアスな場面だけでなく、面白いところあり、良かったかもしれませんね。


原作も読んでみようかと思います。

お久しぶりです(^−^)ノ (hi-lite⇒やぶさん)
2011-09-24 19:07:07
そうそう、やぶさんは看護師さんでしたよね?
この原作を書いた夏川草介さんも現役のお医者さんとか?
まぁフィクションですから、お医者さんとして患者とこう接していけたらとの想いで書かれたのですかね?
人の死と向き合っててホント大変な仕事なんだなぁ〜と感じました。
TBありがとうごさいます。 (iwakagami07)
2011-09-25 22:15:40
私も原作は買ってはあるのですが、
読む前に映画を観ました。
原作との違いが楽しみです。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒iwakagami07さん)
2011-09-26 10:24:46
iwakagami07さんは写真を撮られていらっしゃるンですね。
宮崎あおいさん演じた榛名みたいに写真で多くの人を癒してるんですね。
これからも宜しく(^−^)v
温まる映画でしたね (みょみょ)
2011-09-30 10:31:34
お茶を両手で持って
フーフーって冷ましながら
ゆっくり飲む・・・
冷えた体にじくっりと染み渡る温かさ、
そんな映画でした。

原作は医療用語が理解不能だったり、
彼の言葉遣いが古臭いから、
いったい何歳なの?
って思ったりでしたが、
その点は映画の方がわかりやすかったな。
原作も映画もどちらも素晴らしい。
でも、おそらく映像の方が、はっきりと目に映る分勝ってるかなぁ。
著者自身がこういう元旅館に暮らしてたって
パンフに書いてありますね。

それに原作とは違う最後の場面。
ほんとうだ、これの続編も映画化したら
その点から変えないといけないですね(^^)



映画に関しては、
瀕死の重病人が、一糸乱れない達筆で書いた礼状に、なんか不自然さを感じました。
寝床に座るのもやっとで、あんなキレイな文字が書けるだろうかと。
1文字書くのも精力がいります。文字が震えます。
なのに乱れてない流れるような達筆・・・
いつ書いたんだろうかぁ・・・。
文面からすると、入院してかなり後のようなのに。

ふと感じたちょっとした疑問です。

私としては、文字が乱れてた方が現実味がありましたね。
そうしたら、さらに泣かされたろうなぁ。
そんな体で書いた手紙ってだけで、泣ける。

でも、いい映画でした。
ますます邦画ファンになってきてます。



私は… (hi-lite⇒みょみょさん)
2011-09-30 12:29:37
まだ原作を読んでないのですが、原作と最後は違うのですね?
続編は作られるのかな?
まぁ手紙などの小道具は、みょみょさんみたいに突っ込む人がいる事まで予想してなかったンじゃない(^m^:)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
神様のカルテ (Akira's VOICE)
ハートフルで好き。  
神様のカルテ〜医療版草枕 (佐藤秀の徒然幻視録)
「正」から「一」抜けた人々 公式サイト。夏川草介原作、深川栄洋監督。櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ ...
神様のカルテ (LOVE Cinemas 調布)
『ハチミツとクローバー』で共演した櫻井翔と宮崎あおいが今度は夫婦役で共演。2010年の本屋大賞2位にノミネートされた同名原作を『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋が監督して映画化したヒューマンドラマだ。医療の現実に悩みながらも成長していく若手...
「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[神様のカルテ] ブログ村キーワード  長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでし...
『神様のカルテ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ」□監督 深川栄洋 □脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、要 潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、       西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本 明■鑑賞日 8月27日(...
神様のカルテ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
本屋大賞を受賞した夏川草介の同名のベストセラーを映画化。夏目漱石の熱烈な読者である内科胃の主人公が、末期がん患者との触れ合いの中で、本物の医療とは何かと自問自答してい ...
劇場鑑賞「神様のカルテ」 (日々“是”精進! ver.A)
向き合う心を持つことが、大切・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108300003/ 神様のカルテ 〜辻井伸行 自作集 =SPECIAL EDITION= posted with amazlet at 11.08.24 辻井伸行 avex CLASSICS...
映画「神様のカルテ」、末期がん患者と向き合う医師の苦悩! (ひろの映画日誌)
「神様のカルテ」は、桜井翔と宮崎あおいのラブドラマかと思いきゃ、 なんと末期がん患者をみとる救急病院の医師の苦闘物語だ。 加賀まり子演じるがん患者。 夫婦で教師だった夫を偲びながら末期を送る。 他の病院で断られてきた患者を 救急病院で忙しいさなか受け入...
神様のカルテ (勝手に映画評)
夏川草介原作の大ヒット小説の映画化。 小説では、3作目の『神様のカルテ3』のさわりまで書かれていますが、映画は、第1作である『神様のカルテ』をベースにしています。ただし、映画化に際して原作から若干の設定変更があります。例えば、本庄病院の消化器内科には大...
神様のカルテ (花ごよみ)
原作は夏川草介の同名小説。 主演は櫻井翔、 愛読書は夏目漱石、 信州の病院の医師、 栗原一止を演じます。 妻・榛名には宮崎あおい。 彼女は写真家です。 要潤、吉瀬美智子、池脇千鶴、朝倉あき、 原田泰造、岡田義徳、、 加賀まりこ、柄本明 等が共演。 監督は深川...
「神様のカルテ」 迷え、悩め (はらやんの映画徒然草)
昨日、完成披露試写会に行ってきました。 栗原一止(櫻井翔さん)は松本の地方病院に
神様のカルテ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック地方医療の現実や医師としての悩みを真摯に描くヒューマン・ドラマ。人を生かす仕事である医者とは、“死”の在り方にも責任がある職 ...
神様のカルテ  監督/深川 栄洋 (西京極 紫の館)
【出演】  櫻井 翔  宮?あおい  加賀まりこ 【ストーリー】 勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、医師不足の中、「24時間365日対応」の本庄病院で激務をこなしていた。家に帰れば、カメラマンの妻、アパートの風変わりな住人たちとの温かい暮らしがあったが、...
神様のカルテ (映画的・絵画的・音楽的)
 『神様のカルテ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVの前宣伝に煽られたことと、宮崎あおいを久し振りで見てみようということで、映画館に行ってきました。  映画は、松本市の本庄病院に勤務する医師・栗原(櫻井翔)を巡る物語です。  この病院は小規模ながら、...
神様のカルテ (暇人のお気楽日記)
2011年(日) 監督:深川栄洋 出演:櫻井翔(栗原一止)    宮崎あおい(栗原榛名)    加賀まりこ(安曇雪乃)    要潤(砂山次郎)    吉瀬美智子(外村静枝)    池脇千鶴(東西直美)    朝倉あき(水無陽子)    榎本明(貫田誠太郎)    西...
神様のカルテ(2011-067) (単館系)
自然あふれる長野・松本の本庄病院で、 内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。 24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、 前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、 最愛の妻・榛名(宮...
映画「神様のカルテ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「神様のカルテ」観に行ってきました。 医師でもある夏川草介原作の同名小説をベースとした、地方医療における現実と患者の心の問題を描いたヒューマンドラマ系の作品。 物語の舞台は長野県松本市。 ここにあるそこそこ大きな総合病院である本庄病院で多くの患者を...
神様のカルテ (りらの感想日記♪)
【神様のカルテ】 ★★★★  映画(44)ストーリー 美しい自然に囲まれた松本に暮らす栗原一止(櫻井 翔)は、本庄病院に勤めて5年目になる青
神様のカルテ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作読んで、映画化されることを知り公開を楽しみにしていた作品です。キャスティングで櫻井くんが一止、宮崎あおいがハルさんということで、なんとなくイメージは一致。展開もほぼ、小説に沿って描かれています。でもちょっと残念、古狐先生が登場しない。古狸先生と合わ...
神様のカルテ (だらだら無気力ブログ!)
日本ドラマ     * * * * * * * * 長野県在住の現役医師のデビュー小説にして2010年の本屋大賞にもノミネートされた同名ベストセラーを、「ハチミツとクローバー」「ヤッターマン」の櫻井翔と「ソラニン」「オカンの嫁入り」の宮崎あおい主演で映画化したヒ...
「神様のカルテ」【映画】 (サナダ虫 〜解体中〜)
深川栄洋監督作品、櫻井翔・宮崎あおい主演の、 映画 「神様のカルテ」を観た。 心は、きっと救える。 感想。 ?翔くん、髪型どうしたの。(病気?) ?旅館の戸締りはどうしてるんだろう・・。 ?お前、花びら係かよ!描けよ!! 見所。 ?砂糖。 ?ゴン! ?ペ....
映画『神様のカルテ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-57.神様のカルテ■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■入場料:0円(招待券)□監督:深川栄洋□原作:夏川草介□脚本:後藤法子□撮影:山田康介□美術:金勝浩一□音楽:松谷卓◆櫻井翔...
映画を観た〜神様のカルテ〜 (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→