映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」

2012-03-13 21:34:05 | Cinemaレビュー
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。

凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで

最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b

でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない!

まぁいいか?

スピルバーグ監督の作品を劇場で観るのも、もう数年ぶりだし、観ないで良し悪し言うのもなんだからなぁ~と観てきました。

公式サイト⇒http://disney-studio.jp/movies/warhorse/

【あらすじ】
第一次世界大戦前夜のイギリスの農村で、1頭の美しい馬が貧しい農家にひきとられる。
 
この家の少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)は、“ジョーイ”と名付けられたその馬とかけがえのない友情を結ぶ。しかし戦争が始まると、ジョーイは英国軍の軍馬として売られ、フランスの戦地に送られる。

アルバートはジョーイを探すため、徴兵年齢に満たないにもかかわらず入隊し、最前線フランスに向かう。
 
ジョーイは死と隣り合わせの過酷な日々のなか、軍馬を誰よりも大切にするイギリス人将校、ドイツ軍を脱走した少年兵の兄弟、両親を失ったフランスの少女らと巡り合う。

過酷な運命に立ち向かう人々との出会いと別れを繰り返しなら、やがてジョーイは彼らの希望となり、“奇跡の馬”と呼ばれる。
(goo映画より)



思っていた以上に良い映画です!

正直、やられました!

なにが素晴らしいか?

まず映像がきれい!

いままでスピルバーグの映画で風景がキレイって感じたのは、あまりないのだけど…

今回は素晴らしい!

ロケ地の素晴らしさもあるのだろうけど、カメラマンの力もかなりあるんじゃない?



そして場面転換の上手さ

幸せから一転して悲しい場面へ

それと時の変化

第一次大戦における、戦い方で、時代の移り変わりを見せる演出は、ホント上手い!

騎馬による戦闘から、機関銃による戦闘、そして大砲へと移り、最後は戦車へと…



そうした時代の中、生き抜いてきた馬“ジョーイ”

“ジョーイ”が出会う人から人への絆

この“ジョーイ”をやった馬がホント見事!

上手く芝居してる様に撮ってるんだろうけど…

なんか馬の気持ちが、こっちにもちゃんと伝わってくる



戦争は残酷です。

大切なものを次々奪ってしまいます。

クライマックス近く、イギリス軍とドイツ軍との間で身動き取れなくなってしまった“ジョーイ”を助けるイギリス兵とドイツ兵のやり取りは、それこそなんで戦争なんかやるんだろうと…

“ジョーイ”を通し共に協力しあう姿は、人と人が争う無意味さ

争う必要などない事を教えてくれてる様に思います。

基本、“ジョーイ”に接した人が、敵味方、みな良い人ってのが私的には好きです(^-^)v



時として、雑な感じの映画も撮ったりするなぁ~と思っていたスピルバーグ監督

今回は監督の作品の中でも傑作

いや名作となるンじゃない?

この間観た「ヒューゴの不思議な発明」より全然良い!

悔しいけど、やっぱ感動させられてしまいました。

なんだかんだ言ってもスピルバーグ

良い映画を撮ります(^m^:)b



戦火の馬 - goo 映画

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つかこうへい原作脚本・深作欣二... | トップ | 相場英雄 「震える牛」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦火の馬 (見切り)
2012-03-14 10:45:09
私も見ました。
hiさんと同じく 有る程度のレベルは予想していても あまり期待せずに見たら 
これが 本当に良かったです。

プライベートライアンの 冒頭シーン
あれを髣髴とさせる場面もありましたが
戦争の過酷な実態が映される反面
悪人が出ないで  
人が人を信頼し
人と馬、馬同士の友情や愛情 
作り物とわかっていながら うたれました。

映像も美しかったですね。

スピルバーグ監督は 
スピルバーグ監督だったなあ
て 思いました。
トラックバックありがとう (のぶりん)
2012-03-14 18:51:23
とても感動させられた作品でした。今後残ってゆく作品でしょうね。
久しぶり! (hi-lite⇒見切りさん)
2012-03-15 19:23:51
元気でした?
今年になって、初めてのコメントじゃん。
どうしてるかなぁ~?と思ってました。

ホント映画は予想外に良かったですね。
今年劇場で観た映画では、今のところ私的には一番です。
やっぱスピルバーグは上手いですね。
コメントありがとうございます。 (hi-lite⇒のぶりんさん)
2012-03-15 19:37:25
アカデミー賞無冠なんて関係なく、名作です。
のぶりんさんの言うとおり、後世に残ると思います。
私の中でもスピルバーグ作品の上位。
こういう映画、好きですね。
ときおり (sakurai)
2012-03-15 21:27:15
ちゃんと作るんですよね。
って上から~。
大概、ユダヤ人を主題に持ってくる作品に、こういうタイプが多いのですが、そうでなくても作れるじゃん!と、思った次第。
何はともあれ、馬ちゃんにやられました。その辺のつぼの押さえどころもウマかったですねえ。
さすが! (majyo)
2012-03-16 00:11:09
さすがhiさん!
ちゃんと見るべきところはちゃんと見て感想を述べられているのに感心しました。
やっぱりスピルバーグの映画は感動ものですね。
それに美しい映像にはまりました。
スピルバーグ (hi-lite⇒sakuraiさん)
2012-03-16 09:19:46
時々、手を抜いてるンじゃなかと思うくらい、荒い編集をするンですよね。
カットバックなんか役者の動きや表情が全く繋がってなかったり、カットを省略しすぎたりと…
でも、それが許されちゃうくらいの勢いで魅せてきたのがスピルバーグかな?と思ってたのが、今作では上手くいってた気がします。
なんとなくクロサワに通ずる雰囲気を私は感じました。
majyoさんのレビューと比べたら… (hi-lite⇒majyoさん)
2012-03-16 09:29:02
私は文才が無いから、お恥ずかしい限りです(*^m^*)
majyoさんのレビューは詳しく書いてあるので、映画のいろんな場面が思い出せます。
私もmajyoさんの様に書けたらなぁと思います。
スピルバーグはやはり今の時代を代表する監督ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『戦火の馬』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
戦火の馬/ジェレミー・アーヴァイン (カノンな日々)
1982年に発表されたイギリスの作家マイケル・モーパーゴの児童文学をスティーヴン・スピルバーグが映画化した第1次世界大戦下を背景にした馬と人間たちの絆を描いた物語です。短い ...
戦火の馬 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WAR HORSE】 2012/03/02公開 アメリカ 146分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・....
『戦火の馬』 2012年2月28日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『戦火の馬』 を試写会で鑑賞しました。 何とか格安で観ることができました! 実は、24日分が当たってたんですが、『ヒューゴの不思議な発明』を観に行ったんですよね 【ストーリー】  農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であるジョーイが軍...
戦火の馬/War Horse (LOVE Cinemas 調布)
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演に...
戦火の馬・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その馬は、人々の希望。 第一次世界大戦を生き抜いた一頭の軍馬(War Horse)と、数奇な運命に導かれその馬と邂逅する人間たちの織り成す物語を描いた歴史ドラマ。 マーティン・スコセッシが、デジタル技術...
戦火の馬 (花ごよみ)
舞台は第1次世界大戦。 四白流星の美しい馬ジョーイと 農家の少年アルバートとの、 間に結ばれた強い友情。 戦火の中を生き残った、 奇跡の馬を描く感動ストーリー。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 主人公アルバート役には、 ジェレミー・アーバイン エミリー....
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
戦場を駆ける馬。スティーブン・スピルバーグ監督『戦火の馬』(War Horse) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説(1982年出版・なんと馬目線の一人称)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化『戦火の馬』(舞台版は2011年第65回トニー
戦火の馬 (佐藤秀の徒然幻視録)
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ...
戦火の馬 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】悲惨な状況下に置かれたお馬さんがモト
戦火の馬 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ...
映画『戦火の馬』 観てきてボロボロに泣いた~っ (よくばりアンテナ)
特に観たいわけじゃなかったんだけど、いや、時間もあったから。 そしたらもう泣けて泣けて。 めっちゃ感情移入してしまうんですよ・・・・馬に イギリスのある農家で暮らす少年アルバートのもと...
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
戦火の馬 (だらだら無気力ブログ!)
146分はちょっと長かった。
戦火の馬/WAR HORSE (いい加減社長の映画日記)
ストーリーは、予告編で、だいたいわかるけど、スピルバーグ監督ということで、どういうふうに仕上がったのか、興味があって。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 第一次大戦前夜のイギリスの農村。 貧しい農家にひきとられた一頭の馬はジョーイと名付けられ、少年...
戦火の馬 (映画感想メモ)
馬と馬萌えの人々の物語。 いい加減あらすじ ある美しい馬が競売で競り落とされた。
劇場鑑賞「戦火の馬」 (日々“是”精進! ver.A)
“繋がり”があれば、きっと会える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203020004/ 戦火の馬 オリジナル・サウンドトラック サントラ SMJ 2012-02-22 売り上げランキング : 74358 Amazonで...
戦火の馬 (あーうぃ だにぇっと)
戦火の馬@丸の内ピカデリー
『戦火の馬』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
    「クローズアップ現代」に出演された スピルバーグ監督が「『戦争』でなく『希望』を描いた」と 話しておられたのが印
戦火の馬 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://disney-studio.jp/movies/warhorse/ スピルバーグ作品と聞いたら観ないわけにはいかない。 でも、予告編を観る限りは“らしくない”作品のような感じがしたのが気がかり・・・ 農村に住む少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の愛馬であ...
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (Akira's VOICE)
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!  
戦火の馬 (ただの映画好き日記)
第一次大戦前夜のイギリスの農村―― 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ、この家の少年アルバートとかけがえのない絆で結ばれる。
所詮は人間のエゴ。『戦火の馬』 (水曜日のシネマ日記)
第1次世界大戦下を舞台に少年アルバートとその愛馬ジョーイの絆を描いた作品です。
戦火の馬 (B-scale fan's log)
公開中 スティーヴン・スピルバーグ監督     出演 ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、     デヴィッド・シューリス 他 新評価 4.0 暖かくなってきたので運動をしたいのですが、 なぜかここ数日おなかの調子が・・・。 なのでインドアに過ご...
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
『戦火の馬』 (こねたみっくす)
奇跡の馬ジョーイの数奇な運命。戦争映画大好きスティーブン・スピルバーグの第一次世界大戦を描きたかっただけという本音。 一頭の馬を狂言回しに表面上は様々な人間としての誇 ...
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜...
アメリカ映画「戦火の馬」、馬が主役の感動物語! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 第一次世界大戦が舞台。 戦争に駆り出された馬が、暖かい人たちに恵まれ、苦難を生き抜いた、サバイバルストーリー。 スティルバークが描いただけに、スケールが大きく、それぞれのエピソードが、生きている、勇気を与えてくれる映画だ。 戦闘場...
戦火の馬 (映画と本の『たんぽぽ館』)
多くの人の手に守られて                       * * * * * * * * * * この作品、とても楽しみにしていました。 スピルバーグ監督作品だからというだけではありません。 馬が好きなんです。 競馬はやりませんけれど、馬の走....
『戦火の馬』 ('12初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。
戦火の馬 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 雰囲気的には1950~60年代のレトロっぽさのある作品。
”映画の天才”試写会 『戦火の馬』 (2012.3.2公開) (理性と感情の狭間で)
twitterでフォローしている映画のお兄さんこと中井圭さん主催の”映画の天才”試写会で「戦火の馬」を観てきました。 あらすじ 第一次世界大戦の直前のイギリス。貧しい農家に引き取られた馬のジョーイ。一家の息子(ジェレミー・アーヴァイン)が世話をし、一家を支え...
「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。
戦火の馬(2011)◇◆WAR HORSE (銅版画制作の日々)
 このお馬さん、演じているのかな? 評価(好き度):+10点=70点 期待度下げて観たところ、意外にもそんなに悪くなかった。いやあこのお馬さん、なかなかの演技馬です。びっくりしました。流石タイトル通り、彼が主人公かもしれません。 奇跡の馬はドラマの中だ....
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゜...゜;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
戦火の馬 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな父のことを母のローズはアルバートに“彼はアフリカでの戦争...
戦火の馬 (映画尻エリカ)
『戦火の馬』 “WAR HORSE” (2011・アメリカ・2h26) 製作・監督 : スティーヴン・スピルバーグ 出演 : ジェレミー・アーヴィン、ピーター・ミュラン、エミリー・ワトソン、ニエル・アレストリュプ 戦争によって生き別れとなった少年と馬。戦争は少年...
戦火の馬 (迷宮映画館)
馬に尽きます。
★戦火の馬(2011)★ (Cinema Collection 2)
WAR HORSE スピールバーグ監督が、今、この時代にこそ贈る‘‘希望’’の物語。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/02 ジャンル ドラマ/戦争 映倫 G 【解説】 巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が第一次...
戦火の馬 (心のままに映画の風景)
農村の小さな牧場で一頭の仔馬が誕生する。 その仔馬は貧しい農夫テッド(ピーター・ミュラン)に競り落とされ、少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)の家にやってきた。 ジョーイと名付けられた仔...
「戦火の馬」スティーヴン・スピルバーグ (Mani_Mani)
戦火の馬WAR HORSE 2011アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:マイケル・モーパーゴ 脚本:リー・ホール、リチャード・カーティス 撮影:ヤヌス・カミンスキー 出演:ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス、ピーター....
戦火の馬 (悠雅的生活)
梟の鳴き声。幸運のお守り。ノーマンズランドの奇跡。
戦火の馬             評価★★★★★100点 (パピとママ映画のblog)
マイケル・モーパーゴによるイギリスの同名小説を、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。第一次世界大戦を舞台に、1頭の美しい馬と人間たちの出会いと別れを描く感動の戦争ドラマ。出演は、新星ジェレミー・アーヴァイン、....
戦火の馬 (Some Like It Hot)
■「戦火の馬/War Horse」(2011年・アメリカ) 監督=スティーブン・スピルバーグ 主演=ジェレミー・アーヴァイン エミリー・ワトソン デヴィッド・シュリース ピーター・ミュラン  スピルバーグ監督の新作は、軍用馬として徴用された一頭の馬をめぐる人間...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
戦火の馬 (食はすべての源なり。)
戦火の馬 ★★★☆☆(★3つ) 人々を魅了した馬のお話。 見どころは壮大な景色と、ダイナミックなオーケストラ音楽。 話は・・・。 やっぱり、動物ものって苦手ですわ、私。 それだけでお涙ちょうだいじゃん。 人がばかばか死んでいく中で、こんなことありえるか...
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
戦火の馬  WAR HORSE (映画の話でコーヒーブレイク)
「戦火の馬」見に行ってきました。 見に行こうかどうか、かなり迷いました。 というのも・・・、予告編を見て涙、うるうる。 映画館で見たら号泣かも?と二の足を踏みました。 動物ものはアカーン。 古くはディズニーの「三匹、荒野をゆく」や ジャック・ロンドン原作、....
映画「戦火の馬」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『戦火の馬』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー 第一次世界大戦中の英国。農家の少...
ただ、前だけを見て~『戦火の馬』 (真紅のthinkingdays)
 WAR HORSE  20世紀初頭、英国・デヴォン州。少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン) は、生まれたばかりの一頭のサラブレットに心を奪われる。父(ピーター・ミュ ラン)が競り...
映画を観た~戦火の馬~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
「戦火の馬」 War Horse (2011 ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
かつてキャメロン・クロウはビリー・ワイルダーにこう質問した。 「ジョン・ウェイン
戦火の馬 (538ねん。)
そうなんですよちょっと油断というか 自分はちょっと失念してた 「ヒューゴの不思議な発明」のとき、どっち見ようか っt「ヒューゴ」見てからこの映画を見るのを忘れていた 先週の金曜日で東京のシネコンでの公開は すべて終わってしまったようで 唯一銀座シネパトスで日...
戦火の馬 (いやいやえん)
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな~どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、...
【映画】戦火の馬…お利口映画ですが嫌いじゃないです。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先日、2013年4月5日(金曜日)に太陽光発電機の売電メーターが取り付けられ、目下売電中ですが、5日以降、天気って悪かったですねぇ…春の嵐とか言うやつで…もっと早く付いていれば結構発電していたんでしょうけど…まぁ今日は晴れているので、まずまず 近況では、他に...