映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。

タクシー運転手が読んだ本、観た映画の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」

2011-05-30 20:08:24 | Cinemaレビュー
どうしようかなぁ〜?

観たいとは思ってたけど…

公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って

でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきました。(^−^)b

http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

【あらすじ】
ナタリー・ポートマン演じるニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ・ニナは、白鳥の湖のプリマドンナに選ばれ、純潔なホワイト・スワンと邪悪なブラック・スワンの二役を演じることになる。
しかし優等生タイプのニナにとってホワイト・スワンはともかく、悪の分身であるブラック・スワンが全然踊れない。
 
初めての大役を担う重圧から、精神的に追い詰められていくニナ。

さらにニナとは正反対でブラック・スワン役にぴったりの官能的なバレリーナ・リリー(ミラ・キュニス)が現れたことで、役を奪われる恐怖にも襲われる。

ニナの精神が崩壊する中、初日は刻々と近づいてくる…




観る前は、ただちょっと怖い系のバレエのお話かと思ってましたけど…

な、なんなんです?(○。○:)

冒頭からトウシューズをハサミでガシガシやったり

母親(バーバラ・ハーシー)の部屋の絵が一瞬動いたり(始め錯覚かと思ったけど、ちゃんと動いてたよね?)

また鏡の中の自分が違う動きをしたり

気づかないうちに背中に傷があったりと…

まぁ背中の傷は眠ってる間の自傷行為だった(そ、そう私は思いたい)らしく、母親が「またやったのね」と、ニナの爪を切るけど…

どうもこの母親、ニナを過保護的に抑圧しているらしく、なんか怖い。

こうした母子関係、なんとなくスティーブン・キングの「キャリー」を彷彿。

また、爪の逆剥けをはがそうとし、ベリベリって…

ひぇ〜〜怖い!!

だ、ダメなんすよ私、痛そうな血が出るのって(T◇T)



ともかく一番でありたい

完璧でありたいと願うあまり、どんどん追い込まれてゆくニナ

オナニーをしたり、リリーとレズってみたりしたのは、はたして現実なのか?

それとも妄想なのか?

ちなみにリリーを演じたミラ・キュニス

観てるうちに、なんとなく土屋アンナさんに見えてきちゃったのは私だけ?



しかし、あのアナキンにダークサイドに引き込まれてはダメ!って言っていたアミダラ王女が、完璧を求め自ら暗黒面に進んじゃうって…

なんか人に負けたくないって気持ち

ん〜〜確かに一番だったら嬉しいけど

そこまで追い込んじゃうのも、どうかなぁ〜?って思ったり…



この映画、見所はやっぱナタリー・ポートマン

さすがアカデミー最優秀主演女優賞なだけはありました。

バレエの上手さは、正直判りません。

判らないけど、それなりに官能的でもあったし、精神的に追い込まれっぷりも凄かったと



ただクライマックス

踊りながら特撮で羽が生え、ブラックスワンに変身しちゃうのは、興醒め(><)

本当のバレエ“白鳥の湖”だったら絶対在り得ないし

こういうのが許されるのは、あくまでメイクぐらいまででしょ?

実際に映像で手が羽になっちゃうと幻想的でもなんでもない。

あぁ〜〜サイコスリラーがタダの特撮映画になっちゃった(__:)

ってのが正直



実際、よう判らん映画でした。

やっぱオッサンは判り易い映画が良いなぁ〜



ブラック・スワン - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (85)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋本治原作 「小説 こちら葛飾... | トップ | 京極夏彦 「豆腐小僧双六道中 ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミラ・クニス素敵 (qです。)
2011-05-30 21:35:12
 特撮映画  なるほど
ミラ・クニス素敵っだったな
20年ぐらい前にロシアのバレエ団
チャイコフスキーの白鳥の湖のバレエ公演を観たのだけれど
いやはや あれは素晴しい
「黒鳥」の舞が終わって、スタンディング・オベイションは止まらないし・・・
という思い出があるの
ミラ・クニスの素敵っぷりだったわ
ぞぞぞ・・・だったでしょ (みょみょ)
2011-05-31 00:59:08
バレエダンサーがトウシューズを痛めつけるような行為をするのは必要なことなんです。
自分の足に合うように調整してるんです。
だから、新しいトウシューズを叩きつけたり、曲げたり、切ったり。
トウシューズが足に合うかどうかでも、微妙にダンスに響くらしいです。
だから映画はそこから始まったのは、バレリーナの日常から入ったのでしょうね。

どこからが幻想で現実なのか、わからなくなりますよね。
『バニラスカイ』見たときみたいでした。

ナタリーが女優賞を取ったのと、作品賞が取れなかったのは納得しましたね。
作品賞にノミネートされたことがすでに驚きですもの。

親は自分が果たせなかった夢を子供に押し付けてはいけないよ、でないとこんな風に歪んだ子になってしまうよって話かな?




ミラ・キュニスって… (hi-lite⇒qさん)
2011-05-31 09:03:46
本当のバレリーナなの?
でも踊っていて妖艶だったかどうか、素人の私にはちょっと…(^m^:)
幻想と現実 (hi-lite⇒みょみょさん)
2011-05-31 09:09:43
あやふやで最後までやれば良かったのに、あの特撮での変身は、ちょっと頂けないかな?
あの親子関係はやはり怖い。
もう最初から「キャリー」を連想しちゃいました。
やはり怖い・・ (sakurai)
2011-05-31 20:01:14
なんだか怖さが際立って、心理劇とか、ドロドロの感情合戦などとも言われてますが、あたしもどっちかと言うと、引き目です。
バレエはねえ、大したことないと思いました。
いくら子供の時にやってたと言え、プリマの方たちの尋常でない日ごろの練習、鍛錬。
あたし、常々バレエリーナは、人間の域を超えてる・・と思っているのですが、ナタリーのがんばりは認めますが、お見事!っていうもんじゃなかったと思います。
やはり心情を表すのはうまかったですがね。
あとは、バーバラ・ハーシーの母親が際立ってたと思います。
ナタリーのバレエ (hi-lite⇒sakuraiさん)
2011-06-01 20:03:14
ん〜〜バレエに詳しい人は大分厳しいみたいですね(^。^:)
でもこれバレエじゃなく映画ですから。
ナタリーの迫真の演技が見れたって事で良いンじゃないかな?
逆に本当のバレリーナにこうした心理劇の芝居はどうだか?ってことになるし…
私的に一番怖かったのは、爪の逆剥けをはがすシーン。
お、おもわず目つぶっちゃった(:^◇^A
ナタリーは良いけど・・・ (ゆの字)
2011-06-13 23:01:59
思った以上にシンプルな話で、このての現実と幻想が入り乱れた人格崩壊モノを数本観ているとやや物足りない感じがしました。
美人を見てれば良いので退屈はしませんでしたが、ナタリーが結局良い人過ぎて暗黒面との葛藤の描写やバックボーンが説明不足な感じがしました。
つまんなくはなかったけど、カンヌグランプリの変態恋愛映画「ピアニスト」やセクシーVシネの「懺悔」を観ていると狂気描写がハリウッドメジャーで甘ったるい感じがしました。
なるほど… (hi-lite⇒ゆの字さん)
2011-06-14 09:34:07
ゆの字さんの言ってらっしゃる意味も、少し判ります。
心理ホラーとしても、中途半端だったなぁ〜って。
映画が常識の範囲以内に収まっちゃってたって事でしょ?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

85 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ブラック・スワン』 | バレエ映画と思っていたらホラーでした。 (23:30の雑記帳)
いや〜、とんでもない怪作でした。 2分で分かる『ブラック・スワン』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレしてます!) ニナ(ナタリー・ポートマン)は「白鳥の湖」の主役 ...
ブラック・スワン (LOVE Cinemas 調布)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン (佐藤秀の徒然幻視録)
と言うよりブラック・タイガー 公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ ...
ブラック・スワン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
チャップリンのバレエの次は古典バレエの白鳥の湖ナタリー・ポートマンが悩めるプリマのニナを演じます。典型的なよいこの優等生ニナ・・・純粋で、魔王におびえひっそりと生きる白鳥は、今のニナそのものなので見事に演じることができるけどセクシーで小悪魔的な黒鳥を表...
ブラック・スワン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック・スワン 制作:2010年・アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ あらすじ:ニューヨーク・シティ...
ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...
『ブラック・スワン』 (beatitude)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
映画レビュー「ブラック・スワン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
『ブラック・スワン』 (こねたみっくす)
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...
ブラック・スワン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10)(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
ブラック・スワン (悠雅的生活)
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
「ブラック・スワン」 (大吉!)
<水曜日> (TOHOシネマズ・字幕版・15時15分〜・108分) ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、“白鳥”と、“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン  監督/ダーレン・アロノフスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  ウィノナ・ライダー 【ストーリー】 ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに...
ブラック・スワン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・....
ブラック・スワン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がす...
『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜) (ラムの大通り)
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさにこのバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」「...
ブラック・スワン (晴れたらいいね〜)
これは、とにかく「観たい」映画でした。『これは見た方がいい』と心の声がした(笑)大きいホールではなかったのですが、盛況でした(14日はTOHOシネマズデー千円だもんね・私は前 ...
ダーレン・アロノフスキー監督 『ブラック・スワン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督による心理スリラー『ブラック・スワン』(Black Swan)。主演は本作でアカデミー賞主演女優
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・London)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
ブラック ・スワン (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでな...
「ブラック・スワン」5つ★です (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリーポートマン、美しい! かなり面白かったけれど、痛いシーンも結構あります。
ブラック・スワン (風に吹かれて)
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
飛びます,舞います!  
『ブラック・スワン』 アプローズ!アプローズ! (コナのシネマ・ホリデー)
この感動を、この衝撃を、どう表現すればいいのだろう?『ブラック・スワン』を観終わって2時間が過ぎようとしていますが、このブログを書きつつも、今だに“白鳥の湖”の演奏が頭の中で流れ、興奮が納まりません。すべてにアプローズ!!
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった〜。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ブラック・スワン (映画の話でコーヒーブレイク)
昨日「ブラック・スワン」公開初日のチケットをオンラインで取り、楽しみにしていたら・・・ 朝のワイドショー「スッキリ」でオープニング約7分半をノーカットで放送。 思わず見ちゃったけど、折角これから〜と楽しみにしているのに・・・どうなのこの宣伝方法? 映画を...
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
「ブラック・スワン」みた。 (たいむのひとりごと)
ナタリー・ポートマンに拍手喝さい!バレエの事は良く分からないので、ナタリーがダンサーとしてどれほどのものかは分からないけれど、本番での”ブラック・スワン”は鳥肌モノだった。もちろん、映画なので映像とし
ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN (銅版画制作の日々)
                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...
ブラック・スワン (迷宮映画館)
母と娘の葛藤、バレエよりもこっちがメインの愛憎物語だった。
『ブラック・スワン』('11初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。
ブラック・スワン (おやぢタイプ)
ナタリー・ポートマン主演の映画『ブラック・スワン』を観てきた。 彼女はこの映画で本年度のアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を獲得している。 とても気になっていて、公開されたら観にいこうと決めていた一本だ。 あまりにも有名なバレエ音楽であり、....
ブラック・スワン (そーれりぽーと)
かなり前から流れている劇場予告編の中身がどんどんネタバレになっていて大丈夫かと心配しながらも、期待しまくってた『ブラック・スワン』を観てきました。 ★★★★★ いろんな意味でダーレン・アロノフスキー監督作のオイシイ所を凝縮したような映画。 精神的に追い...
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
ブラック・スワン (晴れたらいいね〜)
これは、とにかく「観たい」映画でした。『これは見た方がいい』と心の声がした(笑)大きいホールではなかったのですが、盛況でした(14日はTOHOシネマズデー千円だもんね・私は前 ...
■映画『ブラック・スワン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...
*ブラック・スワン* (Cartouche)
  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥...
ブラック・スワン (ぷち てん てん)
☆ブラック・スワン☆(2010) ダーレン・アロノフスキー監督 ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 仕事帰りに見てきたよ。 残業続きでお疲れモードだったので気分転換に...
ブラック・スワン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
★ブラック・スワン(2010)★ (Cinema Collection 2)
BLACK SWAN 純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 映時間 108分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2011/05/11 ジャンル サスペンス/ドラマ 映倫 R15+ 【解説】   「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロ...
「ブラック・スワン」 (prisoner's BLOG)
ホラーがかったドラマかと思ったら、ほぼホラーでした。バレエとホラーって相性がいいみたいで、「サスペリア」はバレー学校が舞台だったし、「エトワール」というのもあったし、近くデジタルリマスター版がリバイバルされる「赤い靴」も実は相当に怖い。 もっとも完全な....
ブラック・スワン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
「ブラック・スワン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
この映画に日本語題名をつけるとしたら? 「スワンの涙」。 オックスかい。 悲しいすがた、スワンの涙 キャー、失神しちゃう・・・って、いまどき誰も知らないちゅうの。 時の流れは残酷だねえ。ウィノラ・ライダーも知らないのかな。 ティム・バートンの「シザーハン...
ブラック・スワン (5125年映画の旅)
バレリーナのニナは、美しく正確な踊りで『白鳥の湖』の主役を射止める。しかし監督は彼女に、繊細な白鳥と同時に官能的な黒鳥も演じるよう要求してきた。難しい役柄に悩むニナ。 ...
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
「ブラック・スワン」 (★ Shaberiba )
孤高の美を演じきったナタリーに拍手!!
ブラック・スワン (考える葦のブログ)
久しぶりに映画を観に行ってきました。仕事帰りにレイトショーにて。
「ブラック・スワン」感想  (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ナタリー・ポートマン使用のトウシューズトウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリ
『ブラック・スワン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
ブラック・スワン (Some Like It Hot)
■「ブラック・スワン/Black Swan」(2010年・アメリカ) 監督=ダーレン・アノロフスキー 主演=ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー ●2010年アカデミー賞 主演女優賞 ●2010年ゴールデ...
ブラックスワン (たりらーんとタワゴト。)
<あらすじ> ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス共演の心理スリラー。 ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ポートマン)は、 元バレリーナの母とともに、その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。 そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンス...
「ブラック・スワン」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:BLACK SWAN)すでに一部では指摘されているようだが、これは「巨人の星」のバレエ版かもしれない。しかし、ここには星飛雄馬を見守る姉の明子や、伴宙太のような友人や、花形満や左門豊作みたいなキャラの立ったライバル達はいない。娘にバレエだけを押しつけ....
キモっ (タネの縁側  )
ブラック・スワン 何が言いたいよ? 私ゃ、わからんよ全然!
「ブラック・スワン」 (てんびんthe LIFE)
「ブラック・スワン」TOHOシネマズ日劇で鑑賞 2011−043 ナタリーの女優魂をまざまざと見せつけられた1本。 吹き替えなしで踊りとおした彼女は女優よりもダンサーです。 何でもバレエを本格的にレッスンしたのはこの作品に出演が決まってからで撮影に入る8か月ほど...
ブラック・スワン (こんな映画見ました〜)
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリ...
ブラック・スワン (映画) (をとなの映画桟敷席 〜ほぼ毎日が映画館)
映画「ブラック・スワン」 東日本大震災以来しばらく映画のコメントを書いていませんでしたが、遅ればせながら大震災以降に観た映画について語ります。 まず、ナタリー・ポートマンのアカデミー賞主演女優賞&結婚・オメデタ、「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監...
ブラック・スワン (Blue Blue Blue)
最初タイトルだけ見たときには、 数年前に流行った経済学の本を映画化したのかと思いましたが、 予告編を見て、そうじゃないんだなというのは分かってました。 しかしここまで怖いとは。 ナタリー・ポートマンがすごい! パイカリ始まってるから空いてることを期待して....
ファントム・オブ・バレエ (宇宙のめいぐると)
「ブラック・スワン」
『ブラック・スワン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...
「ブラック・スワン」 (のほほん映画鑑賞)
表現者として、自己の限界を越えろ。 完璧を目指して、内なる闇も自分のものにしろ・・・ 母親に守られ、バレエ命!の日々を送るニナ。 白鳥役はものにしたけど、黒鳥役はそう簡単にいかない。 監督にはエロアプローチされるし、 ママは、いい子のままでいてほしい...
ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
映画『ブラック・スワン』〜アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン (銀幕大帝α)
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する....
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...
映画「ブラック・スワン」 (雷座の部屋)
DVDにて鑑賞。
ブラック・スワン (Yuhiの読書日記+α)
内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描いた作品。監督はダーレン・アロノフスキー、キャストはナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー他。 <あら...
「ブラック・スワン」ダーレン・アロノフスキー (Mani_Mani)
ブラック・スワンBLACK SWAN 2010アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクラフリン 出演:ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー 他 劇場でみているのだが今頃書いてみる。 記憶が....
ブラック・スワン (ムービー・クリティサイズ)
『レクイエム・フォー・ドリーム』のダーレン・アロノフスキー監督作。 キャスト:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス ストーリー:バレリーナのニナはニューヨークでプリマドンナの夢を追いかけている。中々主役の座につけない彼女だったが、あ...
『ブラック・スワン』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
ブラック・スワン [DVD]クリエーター情報なし20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 『ブラック・スワン』 2010年(米)監督ダーレン・アロノフスキー ●押し寄せる狂気  なぜ本作は、こんなにも怖ろしく重圧的で息苦しい体験を観客に与えること...
『ブラック・スワン』普通のドラマ (@KOBAのムービー!ムービー! )
『ブラック・スワン』BLACK SWAN(2010年アメリカ) 監督          ダーレン・アロノフスキー 脚本          マーク・ヘイマン              アンドレス・ハインツ              ジョン・マクラフリン 原案  ....
映画 ブラック・スワン (こみち)
JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。 &am...