谷間の小さな段々畑

山畑の四季を写真とともに発信します

野生ホップの芽

2017-05-11 21:04:50 | 日々のこと

あちらこちらに点在する耕作放棄農地に、野生ホップが唐草模様のような蔓を伸ばしている。

その柔らかな先端を摘み取って食べる。

万人が好む山菜ではないかも知れないが、ビールのさわやかな苦みをその蔓から味わうことができる。

 今年は藤の花が1週間ほど遅れてさいた。

気候の進行にも、さまざまな事情があるのだろう。

松本市から上田市に向かう途中に、色とりどりのジャーマンアイリスに埋め尽くされた丘陵があった。

水郷の花菖蒲とは異次元世界だ。

ジャーマンアイリス

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緑陰 | トップ | 行者にんにく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。