谷間の小さな段々畑

山畑の四季を写真とともに発信します

長野県防災ヘリ墜落場所

2017-03-07 21:02:59 | 日々のこと

松本市と岡谷市の境界付近と報じられていた痛ましい墜落現場は、松本市入山辺と確認された。

入山辺は私が出生し、現在も生活している地元である。

鉢伏山は何度も登ったことがある。

夏 全山がニッコウキスゲで覆い尽くされる景色は壮観で、巨人伝説のデイラボッチが残した足跡が大きな窪地になって残っていた。

殉職された諸氏はデイダラボッチと並んで永久に語り継がれるであろう。

カランコエ

カランコエ

私の唯一無二の勤務先となる中島尚誠堂入社日は1937年3月11日だ。

そして2011年の3月11日も記憶に深く刻み込まれている。

 6年前のこの日 名古屋市の関連企業監査役として、会議に臨むべく木曽谷を疾走する中央線特急「しなの」の車中にいた。

駅でもないのに電車が徐行して停止した「だだ今地震があり列車は自動停止しました、安全確認が終わるまでしばらく停車いたします」とのアナウスが流れた。

10分も経たないうちに「安全が確認できましたので発車します、列車が遅れ誠に申し訳ありません」と動きだし、何事もなく名古屋駅に滑り込んだ。

誰も日本列島を揺るがす大災害に気づいていない様子だった。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 摘み草 | トップ | 懐かしい農機具 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。