谷間の小さな段々畑

山畑の四季を写真とともに発信します

落穂拾い

2016-10-29 20:50:16 | 日々のこと

落穂ひろい 日ある方へあゆみ行く(蕪村 信濃毎日新聞 今朝の一句)

農作業がすべて人力であったころ、全ての収獲の終わった田んぼの落穂を拾った。

農作業中に折れて落ちた稲穂を拾い集める、それが落穂ひろいである。

広い田んぼを隈なく走査して探すのだが、それほど沢山落ちているわけではない。

それでも子供たちは真剣に探した。

勿体ないという感覚より、そこには神々に対する敬虔な思いがあったように思う。

あぜ道にシオンが咲いていた

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の朝 | トップ | 冬に向かう時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。