谷間の小さな段々畑

山畑の四季を写真とともに発信します

遠来のお客

2017-07-16 21:31:00 | 日々のこと

白木蓮に返咲きの蕾がほころび始めた。この現象は初めてだ。

初めての客人を迎えた。

ブログを通じて、少しだけ情報が共有できていたと思うが、会った途端に10年の知己のように話が弾んだ。不思議なご縁である。

畑に出て、短時間 筍や野菜の収穫に汗を流した。 高湿で劣悪環境での野良仕事が今日は清々しかった。

土手にヤブカンゾウが咲き始めると、もうすぐ夏休みが始まる、うれしい花だ。

忘れ草ともいうらしい、暑い日 朦朧とした草いきれの中で、この花に囲まれていると、名前の由来が現実味を帯びてくる。

しかし 忘れ草に助力されなくとも、充分忘れることができる昨今である。

草原に虎が群がっている。

オカトラノオ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルハナバチの巣 | トップ | 梅雨明け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。