西駒ケ岳を眺めながら

西駒ケ岳を眺めながら、日々の雑感を綴ります。
四季折々の西駒ケ岳(中央アルプス)の姿も紹介できるといいな。

普通の日曜日

2014年11月30日 | 日記
11月30日、日曜日。
11月も今日でおしまい。
今年もあと1ヶ月を残すだけとなりました。

野沢菜の残りを漬けることにしました。
先週は大きくなったカブからこぎました。
今日は、残りをすべてこぎ、
大きなカブは、漬菜に、
小さなカブは切り漬けにすることにしました。


今日はまた、上伊那市町村対抗駅伝大会


家の前を走るランナーたちの応援に
手を休めながらの、菜っ葉こぎ、です。


今日は抜き取って綺麗に揃えるだけ、
明日、振り休を取ったので
洗って漬けるのは明日にしました。

山はもう、すっかり雪化粧です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんでこんなに忙しかったんだろう?

2014年11月30日 | 雑感
もう今日は、11月30日。
11月が終わるんですねえ・・・・

運動会を終えた10月も
あっという間だったけど、
11月は、もっともっと
あっという間だった・・・・・

なんでこんなに忙しかったんだろう・・・・?

土曜日や日曜日に
出かける用事があったり、
行事が入っていたりして
家を留守にしていると、
余計、忙し感があるような気がします。

ゆっくり自分の時間が持てていない、
ということでもあるのかしら?

今日はこれから野沢菜を漬けます。
先週も30キロ弱漬けたので
今日の桶でおしまいにしたいですねえ・・・・

今週は野沢菜漬け、
来週は沢庵を漬けたら、
それで漬物の冬の準備はおしまいです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

孫との3日間

2014年11月24日 | 日記
「連休に帰るね。」と急に言われ、
大忙しだった三連休。

金曜日の夜中、仕事を終えた長男一家の
急な帰省となりました。
母の調子がちょっと悪い、なんて
ブログに書いたものだから
心配したようなのです。


たくさん言葉を覚えて、
簡単な会話ができるようになったシンちゃんは
「ばあばあばあ(母のこと)」が気に入ったらしく
アンパンマン号に乗って母の部屋に入り浸り、
なにやら二人で楽しげに会話。

母がデイサービスに出かけた土曜日は、
「ばあばあばあ、いないねえ・・・・」と
なんどもなんども、母の部屋を訪問。

次の日曜日、息子たちは、
母をドライブに連れ出してくれました。


シンちゃんの三連休は、
畑の冬支度をするじいと
ばあの漬物の様子を見て
ちょっとだけお手伝いもして
ご褒美に、畑の隅で焼き芋をして終わりました。






次に会えるのは、お正月だね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

信州の冬支度・・・・漬物三昧

2014年11月17日 | 雑感
昨日から、冬支度の漬物が始まっています。

当座に食べる漬物
○ 白菜のキムチ漬け(白菜3玉・・約6キロ)
○ 大根のハリハリ漬け(大根4本・・約4.5キロ)
○ 赤カブの甘酢漬け(おそよ10個)

12月に食べる漬物の準備
○ 白菜漬け(白菜5玉・・約11.5キロ)
  まず、塩漬けにしました。
○ 生大根のキーコ漬け(大根6本・・約8キロ)
  同じく、塩漬けにしてあります。

今週末の3連休は、本格的な漬物準備の予定。
○ 大根こぎをして、沢庵用に大根を干します。
○ 第1回目の野沢菜を漬けます・・・20キロ程度の予定
  野沢菜をこいで、揃えて、洗って、漬ける・・・・
  やはり二日はかかるでしょうか・・・・・

11月最後の週に、野沢菜をもう一桶、漬ける予定。
その1週間後に、沢庵を漬けて、今年の漬物はおしまい!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

石垣餅

2014年11月16日 | 雑感
毎年送っているふじ(りんご)の箱詰めと一緒に
東京の長男一家に秋の野菜も送ってやりました。

白菜や大根、にんじん、それに
残っていたさつまいもも・・・・・

「着きました」というお嫁さんのメールの中に
「前回のさつまいもを大事に食べていましたが、
 さらに届いたので大盤振る舞いで
 さつまいも沢山の大好きな石垣餅を作っています!」
という文章がありました。

さあて???
「石垣餅ってなに?」
というわけで、
さっそくネットで調べてみると、
それは、サイコロに切ったさつまいもを
小麦粉でまぶして蒸かすおやつで、
大分県の郷土食のようでした。

長男の嫁は、茅ヶ崎生まれの茅ヶ崎育ちですが
ご両親は大分県のご出身です。
ご親族の多くは、大分県にいらっしゃいます。

お嫁さんにとってはきっと
小さい時に食べた
懐かしいお母さん(あるいはおばあちゃん)の味なのでしょう。

信州生まれの息子が、不思議なご縁で
九州の味を知ることになります。
本当に、縁は異なもの味なもの・・・・
ですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加