摂津国老朗おじさんのスローな日々

関西の四季を楽しむ老朗おじさんがゆるゆると瞑想しながら、植物観察と徘徊のスローな日々を楽しんでいます。

これってハナゼキショウかな 小さい秋見ーつけた

2016年10月14日 | 関西の四季

見出し写真は野草の競い合う比較的日当たりの良い斜面に咲いていた白い野草です←撮影10月4日これはもしかしてしてユリ科のハナゼキショウと違うかなあ…と思うのですが…自信がありません…正確なところをどなたか教えてね…とりあえず(私にとっては新発見でしたので…うれしくてここにアップしました。
河原の遊歩道のそばに咲き始めの花とつぼみがありました←撮影は同じ10月4日 昆虫が蜜を吸いに来ています。

同じ遊歩道のすぐそばに終わりかけの花とすでに結実した実がありました。
葉っぱや茎のようすからユリ科の植物と違うかなあ…と思ったんやけどなあ…
 
適度な陽当りと適度な水分、適度な斜面というか水はけの良さも必要みたいな野草やと思うてん…写真には撮れんかったけど滋賀県・湖西の斜面でも同じ野草を9月下旬に見たで…
この写真は見出し写真と同じ花をアップで撮ったやつやねん
 

ハナゼキショウやイワゼキショウなんて…京都府や愛知県でも絶滅危惧種やで…大阪や滋賀県で見つかりまっかいなあと笑われそうですが…
主婦の友社刊の「持ち歩き図鑑-身近な野草・雑草」(菱山忠三郎さん著)に載っている記事と見比べてユリ科チシマゼキショウ属のハナゼキショウのように思えるねんけど…大阪の住宅街・アスファルト舗装道路の溝や電柱のそばにも咲いていたで…←撮影10月14日午前10時
 
もし違っていたら…愛と寛容の精神で世の方々には微苦笑と共にご覧いただければ幸いです。

→たわむれに「小さい秋見つけた老朗おじさん独断編」をつくりました。
その1は もちろん上記「ハナゼキショウ」➾その2はスイセンとよく似た花のタマスダレ


行列ニなっているタマスダレもアップのタマスダレも可愛いでしょう 丈夫でローメンテナンス(手間いらず)なところがまたよろしい。
話は変わりますが…そのお隣が手のかかるバラ←これは半木立性のミサト 夏のあいだはへばっていましたが…秋になって息を吹き返して咲いています 夏を謳歌したムクゲはぼつぼつおわりですが花期が長く秋でも咲き続けるのが魅力
    

その3➾ローズマリーの花 この秋に良く花が咲きました…これも紫がかかっています
 
その4➾ホトトギス

 
その5➾フジバカマ ←これは秋の七草に出てくるお馴染みさんですが、老朗おじさんにとっては60歳を過ぎて初めて知った秋の七草です➾この妖しげなあおむらさきが何とも言えません…
 
 その6➾ムラサキシキブ 正確にはコムラサキというらしいですが 草花ではなくて木の実になります
 

その7➾ピラカンサ➾この木は秋口から色づき冬のあいだでもしっかりと赤い色を続け…懐にたくさんの鳥たちを抱えてりして…頼もしい奴や…という印象やね


 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お彼岸なので善光寺参りのことを | トップ | エキスポシティにあるニフレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。