luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

日本の音楽シーンに欠かせない音楽アーティスト・桑田佳祐

2017-08-09 | 日記
日本の音楽シーンを常に引っ張り続けている音楽アーティストである桑田佳祐。

1978年6月に発売したシングル「勝手にシンドバッド」でサザンオールスターズのメインボーカルとしてデビューを果たして以降、数多くの名曲を世に送り出してきたヒット曲メーカーであり、日本を代表する大物音楽アーティストの一人です。

桑田佳祐はこれまでサザンオールスターズとしてのバンド活動のほかに1986年に1年間限定活動で結成した
KUWATABANDとソロシンガーとしての活動も行っており、いずれもヒット曲を量産するなど日本の音楽シーンにはなくてはならない存在の音楽アーティストです。

ソロデビューシングルとなった「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」が発売されたのが1987年ということで、桑田佳祐は今年でソロ活動30周年という節目の年を迎えました。

そして、その記念すべき年を飾るように2017年8月23日に前作「MUSICMAN」以来、約6年半ぶりとなるオリジナルアルバム「がらくた」を発売します。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌となっている「若い広場」をはじめ、昨年発売された「ヨシ子さん」や「君への手紙」といったシングル曲も含めた全15曲入りのアルバムとなっています。

そして、このソロ30周年記念となるアルバムを引っ提げて10月17日から12月31日にかけて全国10か所で全18公演から成るコンサートツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」』の開催も決定しています。

このうち11月11・12日は東京ドーム、11月18・19日はナゴヤドーム、11月25日は福岡 ヤフオク!ドーム、12月16・17日は京セラドーム大阪、12月23日は札幌ドームと5大ドーム球場でライブが行われます。

主となるバンド活動以外にソロや他のバンドを組んで活動する音楽アーティストは数多くいますが、ソロ活動の際にここまで大きな観客動員力を持っているアーティストは桑田佳祐以外に見当たりません。

すでに動画配信サイトなどでソロデビュー30周年記念の企画などもスタートしていますし、2017年はソロアーティストとして精力的な活動が見られそうです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽アーティストとして成功... | トップ | ロック音楽アーティスト、氷... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。