luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

音楽アーティストのBOOWYについて

2017-08-27 | 日記
音楽アーティストのBOOWYは日本を代表するロックバンドで、解散して30年になる今でも大きな影響を与えています。

人気絶頂となる、1987年のクリスマスイブに行われたライブで解散宣言をしました。

特に最後のライブになったLASTGIGSでは、チケットを購入するための電話がパンクする事態も起こり、社会現象となりました。

当時はあまりテレビなどのメディアには出ないことで有名で、BOOWYを見るためにはライブに行くしかありませんでした。

特にボーカルの氷室京介やギターの布袋寅泰はカリスマ的な人気を得ており、女性からだけではなく、男性からも支持を得ています。

BOOWYを結成したきっかけは、上京してプロデビューをしていた氷室京介が上手くいかず、地元の群馬に帰ろうとしたときに見ていたRCサクセションのライブを見て、改めてバンドを組もうと布袋寅泰に電話をしたことです。

群馬時代には、コンテストなどでライバル関係にある存在でした。

布袋は不良で有名な氷室に殴られると思っていて、六本木で待ち合わせをしていたところ、見た目が群馬時代と比べてニューウェーブ風に変化していたことに驚いていました

その他に同じ群馬出身であるベースの松井常松とギター、ドラム、サックスを加えた6人編成で暴威というバンドを結成したのです。

その後に3人のメンバーの脱退や、ドラムの高橋まことの加入を経て、BOOWYになったのです。

解散した理由は、氷室と布袋に不仲説などが噂されているのですが、本当はどれなのか大きな謎になっています。

どのメンバーも一位になったら解散しようという話もあり、アルバムのJUSTAHEROやBEATEMOTIONの商業的な成功もあって、本格的に解散を意識するようになりました。

日本のロックではBOOWY以前、以後と区切られているほどで、BOOWYの存在が出てきてから音楽シーン自体も変わっていて、多くの音楽アーティストからフォロワーも生んでいます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽アーティストの強みと生... | トップ | 日本国内音楽アーティストに... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。