癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

■日本経済と小泉神話――フィナンシャル・タイムズ

2007年10月31日 20時34分56秒 | コラム

2001年4月から2006年9月まで総理大臣だった小泉氏は、「改革なくして成長なし」と訴え続けて、有権者だけでなく、少なくない数の外国人投資家を見事に説得した。小泉氏の在任期間がちょうど、日本で戦後最長の景気拡大と時期が重なったため、この成長は改革のおかげなんだろうと多くの人が考えたのだ。この単純な分析をつきつめるとつまり、改革がいま止まれば成長も止まる、ということになる。

小泉政権下での予算削減や規制緩和の推進はいったい、経済成長にどういう効果があったのか? ほとんど何もなかった。2001年の金融危機の最中に政権をとった小泉氏は、政府借入金を大幅削減すると約束した。しかし幸いにして、元首相はそんなことをしなかった。あの時に政府の借金を大幅に減らしていたら、ただでさえデフレ状態にあった経済がさらにひどい景気後退に陥っていただろう。小泉氏は確かに公共事業予算を削った。また任期末期に向けては、支出全般を抑制し、課税されていることが分かりにくい巧妙な隠れた税によって歳入を増やした。これは日本の将来の長期的な健康のためには、良いことだったかもしれない。しかしこれらの施策が景気回復のきっかけになっただなどと主張する経済学者は、たとえいたとしても、きわめて少数派だ。

小泉内閣の官房長官だった福田氏は、小泉政権による規制緩和の功績について質問されると、風邪薬が薬局以外でも買えるようになったことを例として挙げた。確かにこの措置は、ハンカチとティッシュを手放せないあまたのサラリーマン諸氏にとってきわめて便利な、津々浦々まであまねく影響力をもつものだったかもしれない。しかし、これが経済成長の根源だったとはほとんど誰も言わないだろう。

小泉政権の下で日本経済が回復した、その本当のカギとなったのは、輸出業に恩恵となった中国の好景気と、金融機関の建て直し成功だ。円安基調を維持するために金融当局が行ったすさまじい為替介入によって、輸出業はさらに助けられた。しかしさすがに、いくら日本で「改革」論争がごちゃごちゃに混乱しまくったとはいえ、この為替介入を「改革」に分類する人は誰もいなかった。

小泉改革の中で、最大かつ本物の改革だったのは、郵政民営化だ。これは小泉氏が辞任した1年後にならないと始まらなかったし、完成するには 2017年までかかる。しかし外国人投資家は2005年末の時点で早くも、郵政民営化を理由に日本の株式を買いまくった。おかげで当時の株価は一気に 40%近く高騰したのだ。

リーマン・ブラザーズは最近、こういうコメントを書いている。「小泉時代、興奮や派手なレトリックはともかくとして、構造改革のペースはとりたてて速くはならなかった」

そもそも小泉氏が、めくるめく新世界を実現できなかったのだ。小泉時代の財産を福田首相が全部なかったことにしてしまうのでは? などと心配するのは的外れだ。

財政面でいえば、よくも悪くも新首相は、赤字削減を大事なテーマとして抱えているようだ。辛い目に遭っている農村部に国家予算をつぎ込むべきだという圧力が、政治的にはあるのかもしれない。しかし福田氏は、公共事業拡大を否定し、2011年度にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化させるという(達成可能な)政府目標を改めて表明している。そしてこれまでのどの前任者よりも、消費税引き上げ議論に積極的なように見える。

規制緩和については確かに、野党が参議院をコントロールしている限り、大した前進は期待できなさそうだ。もしも農産品関税引き下げや外国人労働者の規制緩和を期待している人がいるなら、考え直した方がいい。とは言えそもそもからして、これといってろくに何も起きていなかったのだ。すでに実現したものを新政権がむやみに解体してしまうなどというおそれは、ほとんどない。コンビニやスーパーから総合感冒薬を撤去しろ、などと言い出す政治家は、今のところはまだいないのだし。

日本に関しては、確かに心配に値する材料が色々ある。たとえば給与水準が伸び悩んでいることとか、消費需要がなかなか活気づかないとか。しかしながら、福田氏が小泉氏の改革マニュアルを破り捨ててしまうかもしれない、などという心配は無用の長物だ。(抜粋)

             images  images
 

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

■「あげいん熊野詣」

2007年10月31日 16時39分58秒 | 癒  し
 images  
和歌山県那智勝浦町の那智山周辺で28日、平安時代の皇族らによる熊野三山への御幸行列を再現した「あげいん熊野詣」が行われ、平安装束をまとった女性ら約80人がきらびやかな行列を披露した。

 延喜7(907)年から始まった熊野御幸は鎌倉時代の弘安4(1281)年まで100回を超え、特に平安中期から鎌倉後期にかけて頻繁に行われたと伝えられる。

 平安末期の後白河法皇の御幸行列をモデルに、神官や山伏、尼などにふんした一行は杉の大木が林立し石畳が続く熊野古道の大門坂から熊野那智大社、那智山青岸渡寺までの約2キロを約2時間かけて練り歩いた。

 「熊の古道」御幸行列をモデルの女性群!
        平安時代の艶やかさ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■守屋氏喚問 「現場で汗をかいている時にゴルフ…」 自衛官ら「許せない」

2007年10月30日 22時24分13秒 | 経  済

images

インド洋での補給活動をめぐる問題で厳しい立場に置かれた海上自衛隊の幹部は「質問者がもっと踏み込んで聞くと思っていたのに、甘いんじゃないか」と、追及の手ぬるさへのいらだちさえ口にした。新テロ特措法案の審議が「守屋問題」のせいで進まないだけに、海自の不満は特に大きいようだ

 陸上自衛隊幹部は「許せない」のひと言。航空自衛隊幹部は「防衛省と自衛隊の大きな転換期にかじ取り役の立場だっただけに、きちんとしていてほしかった」とあきれ返った。

 防衛省内では最近、検察の捜査を意識してか、守屋氏との関わりを否定する声が目立つ。以前は守屋氏の側近と目された幹部からも守屋氏を見放す言葉が漏れるなど、「天皇」と評された影響力は陰を潜めている。

 増田好平事務次官は証人喚問後に記者会見し、「私の前任の人であり、役人として4年先輩。いくつかのポストで私の前々任であるような人。ああいう立場での喚問を目にすると、なかなか言葉では言い表しにくいが、大変残念なことという気持ち」と複雑な表情で感想を語った。

 証人喚問では、ゴルフセットやバッグの贈与など新事実も噴出した。防衛省はこれまで守屋前次官の事情聴取を行ってきたが、「ゴルフセットやバッグの贈与については尋ねていなかった」(増田次官)とし、調査の甘さも露呈した。

 石破茂防衛相は「やってはならないと認識しながらやったということだが、どうしてそういうことが起こるのか分からない。理解を超えている。許し難い」と批判した。
(産経新聞)

やはり現場の自衛隊の部下達は怒り芯等だ。喚問の甘さを指摘しているようだ。

喚問の弱い理由は、裏に「政治家と金」が動いているため追求が弱いという声さえ聞こえてくる。

喚問らしい喚問をしたのは一番めの自民党ぐらいで、他の議員は喚問というより要点を突かないつまらない質問をしているに過ぎないように感じたのは小生だけではなかったようだ。

政治家と石田洋行の間で金が動いているという事さえ聞こえてくる
   imagesbyボブ吉

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

■両陛下玄界島を慰問!

2007年10月30日 15時12分42秒 | 癒  し
      

05年3月の福岡県西方沖地震で大きな被害を受けた玄界島を訪問し、子供らから太鼓の演奏で歓迎を受ける天皇、皇后両陛下。同島住民42人が今も島外の仮設住宅で生活している(30日、福岡市西区の同島)(時事通信社)
 images 多忙の合間を 縫っての被災地慰問 images 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■奇祭「三谷(みや)祭」・・・・伝統継承と山車の豪華さ!

2007年10月29日 21時08分24秒 | 癒  し
 
 江戸時代から続く奇祭「三谷(みや)祭」が28日、愛知県蒲郡市三谷町であった。豪華けんらんな山車を海に引き入れて練り渡る「海中渡御(とぎょ)」が披露され、約5万人が勇壮さに酔いしれた。
 祭りは1696(元禄9)年に始まったとされる八剱(やつるぎ)、若宮両神社の例祭で、市の無形民俗文化財に指定されている。
 さらしを巻いた男衆が高さ5メートル、重さ4トンの山車4台を引いて町を練り歩き、道のりの途中海岸に結集。花火を合図に「わっしょい」の掛け声とともに海に入り、胸元までつかって約400メートルを渡った。【毎日新聞】 
   images 
さらしを巻いた男衆の意気込みと熱気
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■守屋元事務次官の国会証言台の重み!

2007年10月29日 19時28分59秒 | ニュース

      

かつて防衛省に君臨した「ドン」は、国会の場でもまるで動じることなく質問に答え続けた。防衛・航空の専門商社「山田洋行」元専務(69)との親密な関係が明るみに出た守屋武昌・前防衛事務次官(63)。退任からわずか2カ月、衆院テロ防止特別委員会で29日に行われた証人喚問で、自らが受けてきた接待の実態を次々と明らかにした。

 午後1時、「良心に従い、真実を述べることを誓います」。低く、落ち着いた声で宣誓書を朗読。その後も質問を受けるたびに軽く右手を挙げて立ち上がり、淡々と証言を続けた。

  「入庁したころから誰にも物おじせず、豪快だった」。ある防衛省元職員は振り返る。守屋氏は東北大卒業後、大手運送会社勤務を経て昭和46年旧防衛庁に入庁。平成7年末に防衛審議官就任後は沖縄県の米軍普天間移設問題で政府の交渉役となり、大きな影響力を持つように。「ミスター沖縄」と呼ばれた。

 10年の防衛庁調達実施本部の背任事件、14年の情報公開請求者のリスト作成問題などで多くの幹部が辞任、更迭される中で、守屋氏は官房長、防衛局長と着実に上り詰め、15年8月、次官に就任。通常は2年で代わる次官に4年間在任した。

 「ドン」「親分肌」。次官時代の守屋氏を、かつての部下の多くはこう表現する。今夏、後任次官人事をめぐり小池百合子防衛相(当時)と衝突した際には、永田町を奔走。激しく火花を散らす様子は連日、テレビのワイドショーにも取り上げられ、結局小池氏の人事案は覆った。

 「自分に従う人物ばかり周囲に集めて登用する一方、気に入らない者は容赦なく左遷した」(現職幹部)という守屋氏。別の防衛省幹部は「独裁者が慢心し、調子に乗り過ぎた」と指摘した。(経済新聞抜粋)

防衛省事務官の最高位まで上り詰めた守屋元事務次官、許せないのは自ら作成した、自衛隊の倫理規定を無視し平然と業者と癒着した行動を行い続けた事だ。

国権の証言台に立たされるような行為をしながら、防衛省・自衛隊等の信頼失墜の元凶は守屋氏であり、先ず、国民・事務官・自衛官に対し、心から謝りの姿勢を示すのが普通の行動であるはずなのに、そんな素振りは一切感じられないようだったのが残念でならなかった。

特に一生懸命日夜を問わず訓練をしている自衛隊員等が居るというにもかかわらず、ゴルフ・マージャン三昧していたとは開いた口が塞がらない。呆れたものだ。

まだまだ内に秘めた悪徳行為が出て来るような気がしてならない。この際、洗いざらい真実を吐き出し猛省し、自身のみそぎとし出来る事は自ら進んでやり直さなければ汚名は一生付きまとうと思うのだが・。

      images  images

コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

■ワールドシリーズ4連勝で制覇・・松坂・岡島の活躍

2007年10月29日 17時01分01秒 | スポーツ
  

[28日 ロイター] 米大リーグ(MLB)は28日、ワールドシリーズ第4戦を行い、レッドソックスがロッキーズを4―3で下して4連勝を飾り、シリーズ制覇を飾った。レッドソックスの岡島秀樹投手は8回に4番手で登板。3分の1回を2安打2失点とした。一方、ロッキーズの松井稼頭央内野手は1番・二塁で先発し、4打数1安打を記録した。
レットソックスの松坂・岡島・相手のロッキーズの松井の活躍に朝からテレビ釘付けでで応援していたが、ワールドしりーずの4人の日本人の活躍はめざましかった。
チームはどちらが勝っても影響なく・ただ松坂の12億円分の価値に注目したが、価値判断は監督の胸の中にしか 分からない・・・・・・

  images   images   images
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■言いたいけど言えない! 妻になおして欲しいことランキング!

2007年10月28日 19時01分34秒 | 面白ニュース
 
           男の勝手か?←→女の気ままか?
            もっと見たい方はクリックしてね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■自衛隊観閲式で守屋前防衛事務次官の業者との癒着に言及!

2007年10月28日 15時24分59秒 | ニュース
      

福田康夫首相は28日午前、東京都練馬区の陸上自衛隊朝霞訓練場で行われた観閲式で訓示した。守屋武昌前防衛事務次官の業者との癒着問題や給油量訂正などを念頭に「防衛省、自衛隊で規律の保持や情報管理に関する問題が発生していることは誠に遺憾だ」と述べ、綱紀粛正の徹底を求めた。首相は「国の防衛は国民の信頼なくしてはなし得ないことを、特に幹部は強く自覚し、厳正な規律を保持する必要がある」と指摘した。観閲式には隊員約4250人、戦闘機や輸送機など航空機約70機、戦車など車両約230台が参加した。

台風のため、中止とも伝えられたが、全く首相の訓示の通り、国防の要という事を肝に銘じて自覚ある行動をしてもらいたいもの・・・・・・・
      images images

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■日本3大鍾乳洞の1つ・龍泉洞の新たな地底湖発見!

2007年10月27日 19時05分25秒 | 癒  し


    images 
日本3大鍾乳洞の1つ、岩手県岩泉町の龍泉洞を調査している「日本洞穴学研究所」は27日、7つ目となる地底湖を新たに発見したほか、龍泉洞の総延長は少なくとも約2700mあることを確認したと発表した。新たな地底湖は入り口から直線で約350mの地点で発見。幅約3mで奥行きは約7mあり、水深は推定約70m。透明度が非常に高く、神秘的な濃い青色をしている。

我家の飲料水は龍泉洞の水だった

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

■皇太子妃雅子さまの泊まりがけの地方公務は4年ぶり!

2007年10月27日 14時42分43秒 | ニュース
    

皇太子ご夫妻は26日、徳島県で27日から始まる「第22回国民文化祭・とくしま2007」の開会式などに出席するため、同県入りした。28日に帰京する。皇太子妃雅子さまの泊まりがけの地方公務は、6月の第18回全国「みどりの愛護」のつどい(長野県)出席以来、約5カ月ぶり。2泊3日の公務は03年11月の第3回全国障害者スポーツ大会(静岡県)出席以来、約4年ぶり。
徳島県を訪問中の皇太子ご夫妻は27日午前、徳島市内の阿波十郎兵衛屋敷を訪れ、国の重要無形民俗文化財に指定されている阿波人形浄瑠璃を鑑賞されたという。(毎日新聞)
  images images images 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■もう始まっている衆議院選挙!・・・・・・福田術は・・・

2007年10月26日 18時27分53秒 | ニュース
                 
     
     ◇「自民」5ポイント上回る

 毎日新聞が20、21日に実施した全国世論調査で、「次の衆院選で自民、民主のどちらに勝ってほしいと思うか」を尋ねたところ、民主44%、自民39%だった。「その他の政党」は11%だった。

 この質問は、8月27、28日▽9月12、13日▽9月25、26日――の調査に続き4回目。自民は37%→39%→41%→39%、民主は44%→43%→45%→44%と推移し、いずれも民主が上回っている。両党の差は前々回、前回の4ポイントからわずかに開き、5ポイントとなった。

 福田康夫内閣支持との関係では、民主の勝利を望む人は不支持層では72%で、支持層でも28%に上った。支持政党別に見ると、自民支持層は自民88%、民主6%、民主支持層は自民3%、民主95%、「支持政党なし」と答えた無党派層は自民30%、民主41%。他党支持層で民主の勝利を望んだのは、公明支持層12%、共産支持層33%、社民支持層60%などだった。

 男女別では、男性が自民37%、民主50%なのに対し、女性は自民41%、民主40%。「女性に人気が低い民主党」という傾向は変わらなかった。【毎日新聞】

◇調査の方法20、21日の2日間、コンピューターで無作為に選んだ電話番号を使うRDS法で調査し、全国の有権者1064人から回答を得た。


ねじれ現象ながら、未だ自民党がやや優位に立っているようだ。自民党が男性より女性に受けている理由はどこにあるのだろうか。各党首に対する人気・それとも民主党との強調姿勢に変わったためなのか。

参議院とのねじれ現象を利用して進まない国会審議・あら捜しに徹して強引に解散総選挙に持ち込もうとする強引な手法に危機感を持ってのためか。。。。。

国益と思うところは、協調姿勢を見せ妥協する姿勢が一向にないところに民主党に問題があるような気がしてならない。[ただ反対するだけの民主党」というところだけを目立たそうとし、福田式自民党には有利になる術なのか。。。

福田首相の狙いは、時間をかけても強調性を打ち出し、国益・国民になる政策を真剣に議論し反映させたところで総選挙に望もうとしているかに見える。

 
防衛省・自衛隊・厚生省関連問題が次から次と出てきているが・選挙まではこの問題点の膿みを出し切り、着々と解決した時に向かった衆議院の解散時期と考えているような気がするが・・・・・・。 

    images   images   images  images

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

■米朝関係は改善は、拉致問題を解決できるのか

2007年10月26日 17時04分37秒 | ニュース
北朝鮮核プログラム、年内に脅威ではなくなる見通し=ヒル次官補(ロイター) - goo ニュース
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■メロンパンの「バケモノ」!

2007年10月26日 14時57分22秒 | 面白ニュース
世界最大?!メロンパン 札幌images

 少年の顔より大きいメロンパン。直径約三十センチ、重さ1・1キログラムの存在感に、買い物客の足もつい止まってしまう。

 パンの全国チェーン「モンタボー札幌西西町店」(札幌市西区の西友西町店内)では、今年六月から通常サイズのおよそ十一倍の特大一個千五百円のメロンパンを置いている。「世界最大級」を目指しつつ、決して「大味」でない仕上がりだ。 「バースデーケーキの代わりにお買い求めの方もいますよ」「記念日用に」と好評のようだと言う。

 「大味」でない仕上がりだと言うのがチョッと!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■お母ちゃんは偉い・・・・・?

2007年10月25日 16時16分32秒 | 経  済
 images

21日に投開票された埼玉県所沢市長選で初当選した前県議当麻(とうま)よし子さん(58)の夫で、同市議の当麻実氏(64)は24日、よし子さんの市長就任前日の29日付で市議を辞職することを明らかにした。

 実氏は市長選前から、妻が当選した場合には辞職すると公言していた。「首長と議会の関係は、執行する側とチェックする側。同じ屋根の下で暮らす市長と議員では、チェック機能になじまない」とし、4月の市議選で4選を果たしてからわずか半年での辞職に理解を求めた。

奥さんが市長・夫は平議員に当選した。夫は「なじまない」からと何故や辞職すると云う。
市民が選んだ、市長であり市議であって、何か辞職する規則でもあるのだろうか。夫婦で思ったように市議会を運営するなんて、こんな羨ましい話はないはずだと思うのだが。

夫のねたみ(笑)・それとも夫婦の確執にいたたまれず「なじまないを」理由に辞職するのか解からない。こんな夫婦は幾らでもいるケースと思えるが・・・・・・・。

黙って奥さんは県会議員を続行していれば、こんな「家庭のねじれ現象」は起こらず平穏な幸せな家庭であったような気がすが・・・・・小生の思い過ぎてあってくれればよいが・・・・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加