癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

▼被害者の父が土下座して更正願う少年院▼

2005年10月24日 10時56分14秒 | 癒  し
9年前、池袋駅で殴られ死亡した息子の犯人がまだ捕まらない。現場に多くの人間が居ながら制止もしてくれず・証言も少なく一人駅に立ちチラシを配りながら、少年たちの更正活動を続ける小林邦三郎さんがTVで放送されていた。    千葉県八街少年院で更生中の少年達を前に、講演の最後の纏めとして「今度犯罪を犯したら,死をもって犯罪を償え」etcと壇上に土下座して、被害者の父とし、切実に「命の尊さ・犯罪の重さ」説い . . . 本文を読む
コメント

〇1両目の20才の青年の見たもの?苦闘?

2005年10月22日 11時03分30秒 | ニュース
電車転覆事故から、早くも半年経過、たまたま1両目に乗車し運転手の行動を螺さに見ていた20歳の青年が、奇跡的に救助され両足切断を余儀なくされた半年間の苦労と心の克闘の様子がTVで放映されていた。   「なぜ俺が障害者にと」車椅子そして義足を付けながら、「生きている喜び」を率直に表現できるまでになった1人の青年の一言一言に感銘を覚えたのは小生だけだろうか。    これまでになるまでの病院の対応・家族の . . . 本文を読む
コメント

☆今時の若者の中にしては。

2005年10月21日 18時03分30秒 | 癒  し
昨日、電車の中で、 向かい側に20歳前後の若者が身じろぎもせず座っていた。 やがてポケットに手を入れ何かを探しているのか。反対のポケットもモソモソ。 そして両方のポケットの上をポンポンと軽く叩く。どうやら中味の確認だったらしい。 それからズボンのベルトを締めなおし、ソックスを引っ張り上げ、スニーカーの紐が緩んでいないかを見てから、デイバックのファスナーが締まっているのを確認して立ち上がり、座席に忘 . . . 本文を読む
コメント

◆障害を克服・・努力・信用・信念に敬意と感銘!

2005年10月02日 17時26分01秒 | 癒  し
朝の4時ごろになると目が覚める。寝ぼけながらNHKの深夜便に耳を傾けるのが日課のようなものである。  今日は、小さい時から、「首と背中の曲がりの障害」をもった武田さんという人の埼玉県三郷に住んで建築業の会長をするまでになった話であった。  丁度高度成長期の日本のために、がむしゃらに働く団塊の世代前後と言われる人と姿と実像を思い出した。    勉強嫌いで殆んど勉強らしきはしなかった、まして障害者だか . . . 本文を読む
コメント (2)