癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

★平リーマン代議士頑張れ★

2005年09月26日 22時01分19秒 | ニュース
一平リーマンから衆議院議員に当選した棚ボチ当選26歳の青年が、政界入り。まさか当選すると思わなかったものが当選した。「ベンツが変える・年収2500円・・・」と「浮かれ、はしゃぎ過ぎ」そこにマスコミが食いつき離れない。それを見た自民幹部は憤慨したと言う。
 
 アルバイト等から一点衆議議員議員である。宝くじ当選とは異色だか、これが、政治の面白いところと今回の選挙を通じて感じた。
 
 シビリアンコントロールの名のもとに「キャリア官僚を飛び越し、自衛隊の3軍を率いる20云万人の中から長である幕僚長となる確率より、防衛庁長官と成る確率の方が早いと言う事を聞いた事がある。そんな現実は考えられないが、なった場合は?
 
 正に、その機会が棚牡丹餅となってやって来たのだから、浮かれる気持ちは十分わかる様な気がする。「チャンスを探し・挑戦しようと言う気持ちが無ければ達成出来なかったからある。」
 これも現在の、開放された正治感覚と厳しい経済情勢が生んだ一端なのかもしれない・・・
 
 余りにも、本音で喜びを表現したため・先輩等に油を絞られ、小泉スクールで姿は一変したようだが、一般社会も理解していない年令なのに、いきなり「正治」「立法」・・・など表裏は分らないのは当然であるように思えるが、勉強の成果では今後楽しみと見た。
 
 若者の刺激となり、今後の政治に対する関心度強化に貢献した事は確実である。
次回選挙時の当選の可否が、今後の優秀な議員を生む鍵となると考えながら・・・        

小生の当時の年令からは、政治を目指すと言う考え等浮かびも・考えられ無かった時代であったような気がする。時代の変化を痛切に感じる・・・・・

 考えるのは、宝くじに当選した場合、こんな場合後先関係なく行動するだろうなと想像してみた事ぐらいである。
 
今後の伸び伸びと活躍の姿を祈るものである。頑張れと平サラリーマン代議士にエールを送りたい。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★「自民アホバカ300議席」《それを言っちゃーお終いよ》

2005年09月17日 20時25分43秒 | ニュース
新聞広告を見たら、これが民主国家の報道の自由かと疑いたくなった。
幾ら言論の自由といっても、表現して良い事と・悪い事の良識が無いものかと、呆れた記事が新聞広告として掲載されていた事に驚いた。
   
  「自民アホバカ300議席  □□現代10/1日号」
 
総選挙での当選者の人物の評価等のスクープ記事を纏めたつもりでの記事の掲載に見えるが読んでいないので不明である。
 
内容が本当だとしても、余りにも非常識なタイトルではないだろうか。
 人物がどうであれ、国民が選んだ国会議員に、こんなバカ呼ばわりした表現が許されて良いのだろうか。

唯、売れればれれば良いと言う興味本位で書かれた「タイトル」が見え見えだからである。
 編集した者の人格がそのまま表現されているような気がしたのは小生だけだろうか。買って読む気にもなれない内容の無いものだろう。 
 
売上を「面白可笑しく表現」までして伸ばさなければならない程逼迫している会社なのだろうか。
 
愚弄表現するにも程がある。もう少し常識ある会社になって欲しいと思いながら・・・・・・
                       
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★民主党を惨敗に導いた要因はこれだ★

2005年09月12日 12時02分46秒 | ニュース
衆議院議員選挙の結果は蓋を開いてみると、考えられない大差で自民党の圧勝が決まった。
 テレビの開票速報投票締め切りと同時に自民党圧勝・民主党敗北報道である。
  やはり、民主党の敗因は解散と同時に決まっていたように思える節が何件か考えられる。

1 テレビ出演中の党員の岡田党首の人物評価・統一されていない発言が各所で見え隠れ
する中で、敗北すれば岡田党首が辞任すると発言した。これでは「敗北宣言」である。背後に民主党の内部の勢力争いがと有るなと有権者に思えさせた。

2 行政改革を年金問題等にコロコロ摺りかえる等、余りにも党首たる者・総裁を目指す議員として格調が低すぎ、人気取りとしか感じられなかった。

3 郵政改革賛成と言う方向が同じなら、正々堂々正面から相違点を訴えなかったのか。

4 何故、今度が無ければ、次回を考えた選挙を考えなかったのか。考えが若すぎる。小泉首相の気性を知らなかった・読みが甘かったと言われても仕方ない。

5 一生懸命遊説している姿は見えたが笑顔、威厳が余りも無かった。党首を支える側近の姿も薄かった。それにしても小泉首相の余裕ある姿は流石。

 これでは、勝てるものも勝てない。これからの総裁としてのリーダーシップは最初から望めない党首だったのかも知れない。これからの小沢議員を含めた民主党の内部人事がどうなるか見ものである。

 唯、小泉劇場とマスコミに騒がれても仕方が無いし、そうさせたのも民主党議員の皆の自己責任と思いながら・・・・

                          
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★今日~9月Ⅰ日開始は防災訓練から!

2005年09月01日 21時30分54秒 | ニュース
防災訓練で9月の幕が下ろされた。今年は特に新潟中越・スマトラ沖地震等が頭に焼き付いているためか、例年にない政府・県等の力の入れようは熱が入っているような気がする。
 高層ビルを抱える密集地東京であった場合、繰り返しシュミレーションをしているようだが想定どうりに運ばないのが震災ではないかと思う。
 
自分で災害に対する対応をどの程度準備されているか改めて点検しい見る。寝室を空にし落下物に押し潰ない為の処置だけした。少なくても「3日分の食料」と思っているが、その時は更新しようと思いながら、そのまま放置ているのが現実である。最終的には「自己責任で日ごろから感心と、心構えが先ず被害を最小現にする」事が基本である事を改めて考えさせた一日だった。
 
 防災意識を高める為の訓練と知りながら、実践する事が第一と知りながら・・・・・
 それにしても、ニューオりンズのハリケーによる大惨事に対する日本の救援支援の予定はどうなっているのだろうと思いながら・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加