癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

◆ニートに対する政府の介入は本当!

2005年06月27日 11時13分01秒 | ニュース
「フリーター」や「ニート」が問題になっている。物が豊かになり貧困社会は終わり、その豊かな社会構成と豊かな社会は、働かなくても親が食べさせてくれる。自分に合わない仕事だからと直ぐ転職・退職するの繰り返すうちにも年輪が増えている。人生は長くなったと言いながらも、気が付いた時は既に人生基盤に格差は付いいる筈である。  確かに起業の成功を夢見てのニートから一躍成功した人も数多くいる事も確かである。しかし、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

◆病のサイトと「心の癒し」

2005年06月22日 15時17分35秒 | 闘 病
MRI検査判明の瞬間、健康管理の甘さを知った時は既に手遅れ「唯、現代医学の進歩と主治医を信じて」即「まな板の鯉」となってから早くも1年半を迎える。 まして、何処に相談すればなどと考える余地も、知る由も無く、これが運命かと諦め、完治3ヶ月余・良性との医師の診断と、早期に仕事に復帰する事のみを信じ、家族に見送られ手術室に入り3週間で退院、寒い夜、自転車で同期生皆からの「頑張れの寄せ書き」を携え尋ねてく . . . 本文を読む
コメント (4)

◆「土俵の遺産」と「家族の絆」のどちらを取るか!

2005年06月15日 14時27分53秒 | 癒  し
NHK朝の連続ドラマが高崎市と四万温泉を舞台とする「ファイト」が放送されている。友人に裏切られたと高校を休み旅館の仲居と高崎競馬厩舎の馬ジョンコの名付け親として働く優のドラマの組み合わせに興味を持ち、時間になると欠かさずテレビの前に釘付けとなるのが、日課のようになっている。  宿屋の主人に、疎開当時の一緒だった友達が年1回必ず尋ねて来るという。苦労を分け合った仲間、同じ釜の飯を食べた戦時中の話を聞 . . . 本文を読む
コメント

★これが戦後教育の集態勢?親の責任?

2005年06月12日 21時52分59秒 | ニュース
山口県の高校3年の生徒が、隣の教室の者が気に食わないからと、私製爆発物を投げ込み大勢の負傷者を出したと言う。ましてや「釘」まで混入し死傷者まで出そうとした計画的な恐ろしい事件が発生した。何がこのような大それた事件を、一高校生が簡単に実行し誘発させる時代にさせたのだろうか。  平謝りに記者会見している校長の姿が気の毒に思えてならない。 大事件を起こしながら、親が表に出て謝罪しなくても良いと言う社会 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

★戦後60年 中国人よ未だ大人になれないか?

2005年06月05日 10時21分41秒 | ニュース
戦後60年を経過した今、中国・韓国から日本の歴史の認識の違いと罵声を浴びせられ、小さい島の固執と日本領土内でのエネルギー開発、領海侵犯等など、続けざまに日本国民の心を揺るがす行為に怒りを覚える。   終戦当時、闇市と行商で日銭を求めて食いつなぎ、寝ないで家庭を守ろうと一生懸命だった家族、農家であっても、糧飯とサツマイモ等を主食とした時代、浮浪児、乞食と言われる人たちが、食べ物をを求めて右往左往して . . . 本文を読む
コメント