癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

◯【公園の公衆トイレの屋根裏住居】・・・・・・逮捕された男が「約3年前から」⇔よく住めたものだ!

2017年04月23日 16時15分06秒 | 事 件

大分県警臼杵津久見署に大分県臼杵市内の公園の公衆トイレの屋根裏に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された男が「約3年前から住んでいた」「前の人もいたので(入った)」と供述していることが分かった。「約10年前に岐阜県から出てきた」といい、住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

 男は住居不定、無職の山野内孝志容疑者(54)。逮捕時は氏名不詳だった。

 同署などによると、広さ約92平方メートルの屋根裏に2リットルや500ミリリットルのペットボトルが計300本以上あり、本人のものとみられる尿が入っていたという。電気ストーブやガスコンロ、衣類などもあった。屋根裏はきれいに整頓されていたという。山野内容疑者はトイレの個室の壁などを伝い、天井の約50センチ四方の点検口から出入りしていたとみられる。

 臼杵市は他の市内の公園の公衆トイレも点検したが、同様に誰かが侵入していた形跡はなかった。今回のトイレの点検口も上れない場所に移したという。【毎日新聞引用】

  3年間臭いものに蓋が出来なかった、発見出来なかったのは何故だったのか不思議だ。トイレの個室が作られ電気でもあれば一般家屋と同じで快適だったに違いない。
オリンピック等を間地かに控え、こんな所で悪さをしている事も考えられ・・・・

しっかりした警備が必要である事が教訓だろう・・・国会ではテロ防止について討議されているようだが、悪の巣となりうることをぞっとする、予想しない所が数あるようだ。警備の盲点は未だ未だある筈だ。万全の警備のチェックをして置く必要が必要だろう・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◯【浅田真央さんのギャラ】・... | トップ | ◯【日本の防衛】・・・・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL