癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

◯【世紀末の死に方】・・・・・…小惑星地球激突死因ランキング

2017年05月18日 15時32分36秒 | コラム

         

もし地球に小惑星が激突したら…。「小」惑星って言っても、隕石とは違ってかなりの大きさですからね、それは大変なことです。きっといつか見た映画のようにとんでもないことになるに違いない…とは言っても、いまいちピンときません。

イギリスの科学者Clemens Rumpf氏率いる研究チームが、科学的に「もし小惑星が激突したら…」を考えてみました。Rumpf氏は過去にも同じような取り組みをしており、激突時の衝撃波によって多くの人が死ぬと算出。

今回は、どのような理由でどれほどの人が死ぬかを計算しています。いわば、これは小惑星激突世紀末の死因ランキング…。

どれほど死傷者が出るかは、小惑星の大きさ、どういう角度でぶつかるか、どこにぶつかるかなど、いろいろな要因がまざりあってのこと。

そこで研究チームは、70%の確率で水上に激突(地球の70%は水なので)するというベースで、小惑星の大きさは直径18mから400m、密度は1立方メートルあたり3,100kgという設定で、5万件ものランダムな衝撃パターンを計算。

惑星が大きければ大きいほど、熱による死傷者の数が増えるものの、平均をとると以下のような感じに。

・激突によって起こる強風に飛ばされ激突:死傷者の約45%・熱に焼かれる:死傷者の約30%・津波:死傷者の約20%・衝撃で臓器破裂:死傷者の約5%・地震:死傷者の約1%未満

  

 最近、何万個という数多く宇宙をさ迷う隕石が、何時地球に衝突するか分からない事を予想し、落下隕石の誘導等を研究化学者が研究し始めたという事を聞く。

津波まで起こす隕石の衝突も予想されていると言うが、何処に飛んでくるか分からない事に加え、北朝鮮の隕石まで何処に降ってくる来るか分からない事に物騒な脅威を覚える・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◯【ステルス戦闘機F35が日... | トップ | ◯【「500万円当選しました」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL