癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

〇【ヤッタ―14歳4段で28蓮勝の才能】・・・・負けなし将棋史上の最年少プロ棋士誕生⇔どんな頭してるんだ!

2017年06月21日 17時23分39秒 | ドキュメンタリー

  

将棋の史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪・関西将棋会館で王将戦1次予選に臨み、澤田真吾六段(25)に勝利。自らの持つデビューからの公式戦連勝記録を28に伸ばし、30年前に神谷広志八段(56)が打ち立てた最多記録に並ぶ偉業を達成した。

 王将戦は8大タイトル戦の1つ。先手は藤井で、戦型は藤井が得意とする角換わりとなった。相手の澤田は今月2日の棋王戦予選(20連勝目)で苦しめられた若手の強豪だが、99手で持ち時間を23分残して勝利。毎回“勝負飯”にも注目が集まるが、この日の藤井の昼食は、「ごま味噌とじうどん」だった。

 日本将棋連盟の広報担当によると、会館に詰めかけた報道陣は25社80人。15日の名人戦順位戦C級2組、瀬川晶司五段(47)戦で、連勝記録を26とした際の約70人を上回り、1981年の会館完成以来、最多記録を更新した。

 歴代最多連勝は、1986―87年度に神谷五段(当時)が記録した28連勝。次戦は26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)で、史上最多29連勝をかけて対局する。(日刊スポーツ引用)

          勝負メシは「胡麻味噌とじうどん」  

これが中学生かと驚くばかりである。
30分前に盤の前に座り、指す準備を整えている対局姿勢、マイクを向けられると将棋用語を使い中学生と思われない難しい用語を使い、しっかりした口調で対応する姿はすっかり棋士道の形となって居る。

学生服を着て長時間正座している姿を見ると日本棋士の形は出来上がっている、将棋をする為に生まれて来たのだろうか・・・


28人の先輩を1局も落とさないと言う、神がかりの将棋史に金字塔を立てた羨ましい将棋の名人の大戦に、将棋に縁のない者まで期待を膨らまし対戦結果を待った事など最近無かったような様な気がする。


学校の受験を受けながらと言う急行軍の合間に挑戦するという厳しい対戦に1局ぐらいは指し間違いが有ると思うのだが一つも落とさないというから不思議ささ
え覚える。

対局は未だ未だ続く。これからのプロ棋士としどんな形で将棋界を引っ張っぱって行くのだろうか、どんな人生を送るのかと考えると楽しみさしか思いつかない。これからの日本の将棋界での活躍を期待するのみである

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〇【全英オープンゴルフ2位】... | トップ | 〇【訃 報】・・・・・小林... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドキュメンタリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
記録 (落ちこぼれのつぶやき)
藤井四段、師匠・杉本七段も驚く強さ「昔から技術指導必要なかった」 運も味方に付けることができるのは強い証拠ですよね。本当に落ちついていますね。次も楽しみです。