癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

〇【レミントンM24(米)】・・・・・米軍は遠距離狙撃を任務とするスナイパーにあえてボルトアクション式の狙撃銃を配備⇔何時でも?

2017年09月17日 10時18分44秒 | 紛 争



米レミントン社が1962年に開発した狩猟用ライフルM700をベースに、米陸軍が制式化した狙撃銃で、88年から一般歩兵や特殊部隊のスナイパーに配備を始めた。
写真(米国防総省提供)はイラク戦争中の2004年11月17日、イラク北部の都市モスルをめぐる米軍と武装勢力の攻防戦の最中に撮影された。拠点のひとつとなった警察署の屋上で、米陸軍第25歩兵師団第1旅団第24歩兵連隊の狙撃兵が三脚を装着したM24ライフルの狙いをつけている。

  M24は全長1092ミリ、重量4.7キロで、内蔵式弾倉に5発の弾薬を装てんできる。銃本体だけでなくスコープ(光学照準器)やバイポッド(二脚)、整備用ツールなどをセットにしてケースに納めたM24SWS(Sniper Weapon System)として配備されている。

NATO(北大西洋条約機構)標準の7.62ミリ×51弾用に作られているが、スナイパーには同じ口径でも精度の高い競技用弾薬が支給される。なお、写真の銃には、通常のSWSに装備されるスコープではなく、AN/PVS10昼夜兼用狙撃照準器が取り付けられている。

12.2倍の倍率でターゲットを拡大し、夜間は自然光を電気的に最大5万倍まで増幅、星明かりでも鮮明な画像を映し出すことができる。単三電池2本で駆動するが、電源を切れば昼間用の照準器としても使用できる。この照準器だけで重さは約2.5キロある 【時事通信抜粋】

                                                             

何を考えているかすっかり心を見すえられながら、言い放題・やり放題にどこまで我慢できるか、トランプ大統領始めとする世界の有力者の金氏をどこで落とすのか。

日本上空を我が物顔に飛び超えさせ、◇金正恩氏「終着点にほぼ到達した」とはどう言うことだろうか・・・・何も出来ない日本は今後の対策は?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〇【THAADの6基配備の韓... | トップ | 〇【台風一過】・・・・赤い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

紛 争」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL