癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

保険金底なし未払いの原点?

2007年04月14日 20時27分58秒 | コラム

保険金不払いで、紙面の1面を賑わしている記事が目に付いた。内容はある程度承知していたが、実態の中味が不明瞭だったので究明してみた。保険とは請求しないと支払いはされないと言うことを初めて理解できたような気がする。特に特約事項が問題を大きくしてきた所以が要因のようである。

上層部の頭の挿げ替えまでに及んでおり、深刻な状態を生んでいる。車両保険については落着のようであるが、問題は、損保各社間にに及んでいる事が複雑化助長しているようだ。それにしても284億円を越える未払いに、まだ底なし状態と言うことに驚いた。

市場から撤退などと言っている会社もあるようだか、損保会社は永遠に存続するだろうと認識していたが厳しい局面を迎えていることは確かなようである。

外資系会社と思われる会社のテレビコマーシャルは、一日中欠かすことなく放送されているにつけ、余程利益を上げていると事だろうと見ていた。コレも自由化の恩恵とだろうかと・・・。
しかし、日本大手損保は厳しい局面に立たされているようである。ある新聞は次のように報じている。
                 
 保険金不払い問題が、底なしの様相を呈している。生命保険主要12社が13日、金融庁に報告した保険金不払いの件数は合計22万件、265億円にのぼるが、これでも「中間報告」で、なお終息の兆しがみえない

激化する販売競争の陰で、「適切な支払いあってこその保険契約」という保険業の原点が見失われ、業界全体に契約者軽視の風潮が蔓延(まんえん)していた。

生保・損保業界では実態解明に向けた自浄努力にも鈍さが目立つ。契約者の保険不信は深まるばかりだ。

 保険金不払い問題がここまで拡大・長期化したのは、業界全体の横並び体質にある。平成17年に明治安田生命保険での保険金不払い問題発覚後も、業界他社の危機感は薄かった。

契約者に顔を向けた経営でなく、横並びの甘い基準による自主調査に流されたことが、契約者保護政策を進める当局をあきれさせ、強制調査に踏み切らせた。

 保険商品は複雑だ。今回の生保の調査では、保険会社がきちんと説明しなかったため、契約者が保険金を請求できなかった事例が目立つ。

損保でも、自動車保険などの不払い調査を昨年9月に終えたが、支払いが複数社にまたがる「他社またぎ」が新たに判明し、調査は泥沼に陥った。

 不払い問題の拡大には、成熟した国内市場で規制緩和が進み、競争激化で顧客獲得や収益拡大を優先する事情があったと指摘されている。

 損保各社は、10年の保険自由化による販売競争の激化を受け、一斉に主契約に付随する特約の拡充に走った。「社員でも完全に把握できないほど」(大手損保幹部)の特約は、契約者を置き去りにした。

生保業界でも、「(契約者から)請求がなければ支払わず」といった自己都合の意識が横行し、不払いの理由に仕立てていった。

 13日の各社の記者会見では、「市場から退場となる危機感がある」(東京海上日動火災保険の隅修三次期社長)との声も出たが、トップから末端まで染みついた契約者軽視の意識を、全社員が変えるのは容易ではない。

 「過去のうみ」を出し切り、危機感をばねに信頼回復に努めなければ、保険業界は衰退の道をたどることになろう。(産経新聞)

                                サムネイル                      

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松坂とイチロー | トップ | 「リカちゃん」40年! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (保険トニュース)
2007-04-15 00:11:51
はじめまして^^
いろんなサイトに訪問させていただいています。

私の保険のサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://hokenhoken77.blog99.fc2.com/blog-entry-303.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Unknown (ぶぶ子)
2007-04-15 18:39:40
私どもも、年金保険を取り扱いできるようになりまして、このような問題が発生すると、大変です。
保険は説明事項が多く、最も苦手とするところです。
とばかりも言ってられないので、勉強の最中です。
自由化の波 (kotukotu)
2007-04-16 13:59:28
ぶぶ子 様
自由化の波で、貴業にもできるようになったんですね。前からだったかなー? 何でもする時代・・・
あの小さい字で書かれた契約書では誰も、重要とは知りつつ読む気になれませんものね。特に若者は、外交員の薦めるままに中味の精査もしないまま契約してしまいます。爺もそうでした。
契約者にも責任の一端があるように思われます。

でも、金を預かった以上は責任は消費者保護の観点か
ら検査・監査が入りますかね。

勉強中とか、信用は誰にも負けないと確信しますので自信を持って頑張って下さい。
こんにちは (senior27)
2007-04-17 02:19:54
こんにちは~
↓あなたのサイトを紹介しました~
http://blog.livedoor.jp/senior27/archives/50137746.html

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ご請求は忘れずに。保険金不払い生保12社 (ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳)
今朝の朝刊で驚いた。生命保険会社の保険金不払いが、主要12社で計22万1893件
ヤフオク ウォッチ (自動車保険関連記事など:自動車保険のブログです)
自動車保険関連記事などを集めてみました やはり基本が大切ですから、色々学べます
保険金未払い問題に想う...。 (建築YA「髭」のCOLUMN)
 保険会社の保険金未払い問題の大手企業そろい踏みは、呆れてものが言えない。名だたる企業が皆やっている。不親切極まりない対応の実態は、保険というものの信頼性を一気に失墜させた。  そもそも約款事項を故意に読みづらそうな小さい文字に印刷し、出来るならば満期...
自動車保険、JAはどうでしょう? (自動車保険 あなたの自動車保険プラン)
自動車保険、本当に様々なものがありますよね。国内の会社から外資系まで、数え切れないぐらいの自動車保険があります。今や、自動車保険も生命保険同様、比較をして選ぶ時代。納得のいく自動車保険を選びたいものですね。数ある自動車保険の中で、案外人気が高いのが農協...
自動車保険は、見積そして比較 (自動車保険はもっと安くなる)
自動車保険、そういえばずっと同じ会社の自動車保険でなんとなく毎年更新してるなーって人、いるのではないでしょうか?昔はそれで良かったんです。でも今は自動車保険も比較して選ぶ時代。自動車保険、ずっとそのままって人は損してるかもしれませんよ~。というのも、自...
自動車保険のランキングを参考にしよう (自動車保険を比較するなら)
自動車保険、かなり沢山ありますよね~。いざ自動車保険に加入しよう、もしくは自動車保険を切り替えようと思っても、様々な自動車保険を比較するだけでも、骨の折れる作業です。そこで役立つのが、自動車保険のランキングです。自動車保険のランキングを見れば、どこの保...
自動車保険あれこれ比較 (自動車保険を簡単にする)
今や自動車保険会社はたくさんありますよね。そこで色々な自動車保険会社を見てみたいと思います。チューリッヒ自動車保険は外資系の大手保険会社で非常に人気の高い会社です。年間走行距離が5,000kmに満たない場合はかなり保険料が安くなるようです。車両保険や対物賠償...