癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

〇【皇太子さまデンマークを訪れるのを前に記者会見】・・・・・・・天皇陛下の退位特例法成立を胸に!

2017年06月14日 12時02分46秒 | 癒    し

 皇太子さまは、15日からデンマークを訪れるのを前に記者会見に臨み、日本との交流と友好親善がさらに深まるよう期待する気持ちを述べられました。

皇太子さまは、国際親善のため、15日から1週間の日程でデンマークを公式訪問し、日本との外交関係樹立150周年の記念行事などに臨まれます。

出発を前に、13日、記者会見に臨んだ皇太子さまは、デンマークの印象について、社会福祉や環境保全の先進的な取り組みを挙げ、「国際社会が抱える諸課題に対処するために、革新的な取り組みを進めており、参考となる点は非常に多い」と話されました。そして、訪問を通じて日本との長い交流の歴史にも思いをはせたいとしたうえで、「さまざまな記念事業を契機として、両国間の交流と友好親善がさらに深まることを期待しています」と述べられた。

また、皇太子さまは、天皇陛下の退位に向けた特例法が成立したことについて、「皇室の制度面の事項については、言及することは控えたい」としたうえで、改めて、天皇皇后両陛下が重ねられてきた国際親善について、「相互理解と友好親善をどのように促進していくのがよいか、常に深く考えながら臨んでこられている。私としても、両陛下のお気持ちを大切にして国際親善に努めていきたい」などと話されました。

さらに、皇太子さまは、象徴天皇の役割を受け継ぐことについて、去年8月、天皇陛下がお気持ちの表明の際に使われた「全身全霊」という言葉を用いながら、「これまで陛下より引き継がせていただいた公務も含め、それぞれの務めに全身全霊で取り組んでまいりたいと思います」と述べられました。(WEB引用)
              
天皇陛下が退位される日は、法律の公布から3年を超えない範囲内で政令によって定める日とし、退位後の称号を「上皇」とすることなどが決りデンマークに出発する。

3年以内に皇太子が天皇陛下となり皇室が一変しょうとしている。雅子様が一刻も早く元気になり皇太子に寄り添える環境になればと思うばかりである。


しかし、御年の現天皇・皇后陛下がイザ表に出なくなくなると思うと寂しさを感じる。象徴として昭和天皇の残された戦後処理りのサポートの外遊、災害時の膝まづき激励に涙する被災者等。全国津々浦々一生懸命に掛け付け国民に寄り添い、何回かの病気を経て公務に専念する姿に敬服の念を抱かざる負えない。

これからは、ゆっくり静養し、上皇として長寿を全うする事を願うばかりである。


皇太子・雅子様は新天皇・皇后として現天皇の「全身全霊」を持って公務にまい進する事を祈りたい・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〇【上野のパンダに待望の赤... | トップ | 〇【組織犯罪処置法成立】・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL