癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

★【オスプレイ発着訓練の開始】・・・・・・・命を認識しない翁長知事の言動にあきれ強行か?

2016年12月19日 18時32分58秒 | 日本の防衛



宜野湾・伊江島】墜落事故を受け14日から停止されていた在沖米海兵隊のオスプレイ飛行が19日午後、再開された。オスプレイは午後1時58分ごろ、1機が米軍普天間飛行場を離陸。同機は午後2時14分ごろ沖縄本島北部の伊江島補助飛行場に着陸した。普天間からはその後もオスプレイが午後2時半までに計2機離陸し県内を飛行するなど本格的運用が始まっている。

菅義偉官房長官は19日の記者会見で、在沖縄米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故に絡み、沖縄県の翁長雄志知事が、22日の米軍北部訓練場(東、国頭両村)の過半の返還式典の中止を求めていることに「そもそも知事は、オスプレイの事故が起きる前から欠席と述べていたのではなかったか」と不快感を示した。

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、在沖縄米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故に絡み、沖縄県の翁長雄志知事が、22日の米軍北部訓練場(東、国頭両村)の過半の返還式典の中止を求めていることに「そもそも知事は、オスプレイの事故が起きる前から欠席と述べていたのではなかったか」と不快感を示した。
        

 米軍オスプレイ墜落事故以来飛行停止していたオスプレイが19日午後から飛行再開することに対し、翁長雄志知事は「言語道断だ。とんでもない」とコメントした。飛行再開を認めた日本政府の姿勢について「もうそういう政府は相手にできない。法治国家ではない」と憤った。

 沖縄県の翁長雄志知事は、日本の防衛と言う事をどのように考えているのだろうか。
何かと言うと普天間の危険除去までをも反対する。

普天間の移転と言えば反対し、不時着すれば機体の不備、基地を返還すれば参加もせず、これまで国の防衛について何処まで理解し反対するのだろうか。

何を話しても沖縄の駐留に反対する。防衛問題に関し一回でもこれを機会にこうすれば良いのでは良いのではという建設的意見を述べた事を聞いた事は無い。市民の安全を考え普天間を移動しようとすれば反対する。

今の世界情勢を考えれは止むおえず駐留している事を考え、米軍も命を張って駐留していると言う事を一切考えた事がない知事としか思われていない。

米軍であれ、自衛隊であれ安全を第一にし、命を張って行動している事を真っ先に考え処置し発言する事が必要だろう・・・
誰が機体不備と知りながら機乗するパイロットがあるだろうか・・

何をやってもの知事に反対される。すっかり信頼がなくなり今回の様なオスプレイの見込み発着のような事態が生じるという事を理解し反省する必要が有るのでは・・・・ただの反対者の扇動者として行動しているとか思えてならない・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★【佳子さま、ひさしぶり“外... | トップ | ★【辺野古 沖縄県が敗訴】・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の防衛」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL