癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外の話の種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

★【熊本城本丸被害】・・・・・被災した熊本城の本丸御殿の内部を報道陣に公開⇔内部は最小限の被害

2016年10月12日 15時41分56秒 | 癒    し



熊本市は熊本地震発生から半年を前にした12日、被災した熊本城の本丸御殿の内部を報道陣に公開した。地震後、熊本城の建物の内部が公開されるのは初めて。

 木造3階建ての本丸御殿は1610年ごろの完成とされるが、1877年の西南戦争で焼失。2008年に再建された。

 土壁表面のしっくいには地震による無数のひび割れが発生。豪華絢爛(けんらん)な障壁画で知られる「昭君之間(しょうくんのま)」の床は、下部の石垣の沈下により約4センチほど落ち込んでいた。建物本体や障壁画に大きな被害はなかった。

 熊本市熊本城調査研究センターの網田龍生副所長は「石垣との兼ね合いで修復方法の検討に時間がかかる。修復や公開の時期は見通せない」と説明した。(時事通信)
             
いろいろ修復方法を検討しているようだが、内部被災は大きく無いようだ。
石垣の検討に時間をつぶして居るようだがそれに精通している者が居ないための様だ。何処かに専門家が居たような気がするが他に外に何かの理由があるような気がするが・・・もしかして修復料に問題が有るのではなどではなどと?
内部被害はあまり大きくなかったの事が幸いだった。早期の現状回復を祈りたい・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★【熊谷うちわ祭り2016】・・... | トップ | ★【大都市の盲点:東京大停電... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL