ダントツの文化の日記

平凡な毎日を面白く生きている日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

株式投資の領域ではテクニ・・・

2016-11-08 00:18:06 | 日記
こんにちは。いきなりですが、株式投資の領域ではテクニカル指標を操って株の投資を行っている方々がたくさんいます。このため、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り本などで勉強してから株式の売買などを開始した方が、勝率が上昇すると考えられます。

投資の未経験者が株を始めたいと思いついたときは、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を考えることが必要です。いきなり個別の株に投資するよりも、初めのうちは投資信託などから取引してみるのがよいかもしれません。そのようにして、多少は理解できるようになってから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。

株をやるのが初めての方が、では決算書を読んでみようと思っても、書いてある内容が全然理解できないことでしょう。けれども、心配しなくても平気です。株の投資では、短期の売買に絞れば決算書を見なくても利益を出すことができるからです。

株式の取引をしたことがない人にとっては理解できないことだらけに見えるのではないでしょうか。どこの証券業者を使って資金を投資すればいいのかなど、尻込みしてしまうことが多いです。誰しもが儲けたいと考えて株式の売買を始めるわけですが、通算で利益を出せる人は少ないでしょう。

円安とは、他国の通貨より円の価値のほうが相対的に下落していることなのです。円安がつづくと株の価格が上がりやすくなります。輸入産業においては、輸入コストがかさんでしまって結果として減益になってしまいますが、逆に輸出企業の業績は好転することになります。つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、結果、業績の向上につながり、株価が上昇するのです。

多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの見方が、わからなかったんです。今も完全にわかるというわけではないのですが、「なんとなくこうだろう」といった見方があって、それを判断材料として使っています。それでも、今でもたまにやり損なってしまう時もあります。それでは、また明日!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国為替証拠金取引では投・・・ | トップ | 冬は乾燥が不安になって色 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。