ビギナーの家庭菜園

趣味で始めた家庭菜園の記事です。
農園で畑作業や学んだ事など楽みを記録しています。
ドローンで空撮にも挑戦してます!

12月20日・ビニールハウスに三太郎大根を播種!

2016-12-20 17:45:00 | ダイコン

2016年12月20日 ビニールハウスに三太郎大根を播種しました!

 

 

<播種準備>

・雑草が多く芽を出しています。

・トマト栽培の跡地なので・・・トマトかと思います。

・地中深くから伸びています。

・ガスバーナーを用意して・・・燃やしてみました。

 

土をかき混ぜながら

・ガスバーナーで燃やしました。

※あまり効果が無いようです。

※土ふるいで除去した方が良かったと思います。

 

<播種>

・小さく畝立てしました。

・畝に水を掛けました。

・播種して覆土しました。

それから・・・

乾燥防止で

・もみ殻を被せました。

・潅水しました。

「三太郎大根」の播種を完了しました!

 


 

切り干し大根

農園仲間のYさんが切り干し大根を作っていました。

・切り干し大根用の装置を作ってあります。

・風通しが良いように考えられています。

・スライサーで薄めに切っています。

・7~10日で出来上がるとの事です。

・おすすめの品種は白首の「大蔵大根」が良く、青首大根は青臭くなってしまうとの事でした。

そこで・・・

チャレンジしてみたいと話すと、

ラッキーなことに「大蔵大根」をいただくことになりました!

後日、作業をすることにしました!!

楽しみが増えました。

 

 

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月19日・農園の道具置... | トップ | 12月21日・菜園ハウス保... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは )^o^( (トマ)
2016-12-20 19:45:11
三太郎ダイコン楽しみですね。
うちの畑でも毎年素晴らしい大根をハウスで
作られる方がいます。
切り干し大根は<やっちゃん>とこが日本で1番有名なところなんですね。
Unknown (kasugai90)
2016-12-20 21:38:31
我が家でも、またダイコン類の種蒔きをしようかな?

ポチ、ポチ、っと!
こんばんは♪ (テル)
2016-12-20 22:58:17
私も今日大根を播種しましたよ!(^^)!
お互い元気に生長するといいですね(*^^)v

切り干し大根にも適した品種があるのですねφ(..)メモメモ
おはようございます! (トマさんへ)
2016-12-21 04:35:28
三太郎大根どうなるか楽しみにしています。
切り干し大根も成功させたいと思います!(^o^)/
おはようございます! (kasugai90さんへ)
2016-12-21 04:36:29
ダイコンはたくさんあっても良いですよね!(^o^)/
おはようございます! (テルさんへ)
2016-12-21 04:41:15
そうですね!
元気に育ちますように(*^^)v

昨年は切り干し大根失敗しましたので・・・
今回は成功したいと思います!(^o^)/
ビギナーさんへ (やっちゃん)
2016-12-21 07:29:56
ビギナーさん、お早うございます。三太郎大根楽しみですねー。ビニールハウスの有る方は、これからも種蒔きが可能なので羨ましいです。先日(14日、15日)東京に行って来ました。羽田に降りた途端“寒ーい!”でした。幸いにコートを用意していた(宮崎空港でのコート姿は珍しいのでジロジロ見られました。)ので助かりました。切干大根はこちらでは千切りをそう呼びます。テルさんの頂きものは、こちらでは“イカンテ”と呼ばれています。美味しいですよね!
Unknown (すぎさん)
2016-12-21 10:06:18
ビギナーさんおはようございます(^^)/

なるほどね~w(● ̄0 ̄●)w
白首大根のほうが干し大根にはいいんですね。
練馬大根は白首だったかな?
こんばんは! (やっちゃんへ)
2016-12-21 17:01:45
宮崎県といえば昔一時期小林市に住んだことがありました。
一度雪が積もったことがあって九州でも雪が降るとビックリした記憶があります。
またその頃は新婚旅行の定番でしたよね。
三太郎大根も切り干し大根も楽しみです!(^o^)/
こんばんは! (すぎさんへ)
2016-12-21 17:07:51
農園仲間の感想ですが白首大根が良いようです。
練馬大根も白首の部類だったと思いますので上手く出来そうですよね(^o^)?

コメントを投稿

ダイコン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL