矢野(五味)晴美の感染症ワールド・ブログ

五味晴美の感染症ワールドのブログ版
医学生、研修医、医療従事者を中心に感染症診療と教育に関する情報還元をしています。

学会 Day 3 収穫の秋 若手の活躍

2017-11-02 20:25:25 | 感染症関連
学会3日目

当院から、昨日1演題、本日は4演題の発表がありました。

みんなよく準備して、質問にもしっかりと答えました。日頃のHistory physical をしっかり取っていることを裏付ける受け答えに、感銘を受けました。

2つ発表時間が同一で重なっておりましたが変更していただき 両方とも共同演者で参加させていただけました。
仲間の先生の晴れ舞台を拝見できてよかったです。

次のステップは、英語で論文化です。すでに取りかかっているものもあります。
年度末までに、今年の卒業作品として、がんばりましょう❣️

私の学会総括

総論での総括

診療の質が少しずつ向上し臨床研究が進んできていることを肌で感じた学会でした。

化学療法学会で 特に薬剤師さん達のご活躍が素晴らしいです。

若手の方が増えて 各論分野の専門的な仕事をしていらっしゃることがわかりました。

耐性菌とAMRの活動が飛躍的に盛んになっていることをさらに体感した学会でした。


各論での総括

1 ツツガムシと日本紅斑熱、tularemia, SFTS, Lyme Disease
日本の現状を学びました

2 パレコウイルスの臨床
3型の臨床症状
小児 成人での臨床

3 Clostridium の包括的な疫学
睡魔に勝てず 聞きもらす部分もありましたが、
中国本土や国内でのフィールド調査は圧巻でした

4 梅毒の分子疫学
とても興味を持ちました
実臨床で診療しているため、

5 昨日のDr. Richard Light のご講演

6 CPE のMICによる検出方法の研究

などでした

今後の自分の方向性として
⑴ 感染対策を勉強
CICを受験します。

消毒薬 環境感染 などの基本を勉強

⑵ 臨床微生物学
微生物がとてもおもしろく、もっと勉強します。

結論

やっぱり 感染症がおもしろい🤣❣️❣️


この記事をはてなブックマークに追加