わたしの随筆  雪  地  風

心に浮かんだことを気ままに

花見へ

2017年04月05日 | 随筆

 昨日良い天気だったので、井の頭公園へ花見に行った。平日の昼前だったから割と空いていた。桜は五分咲きといった感じ。客の半分近くが海外からの観光客のようだった。ブルーシートを広げて場所取りをしてたり、もうすでに宴会を始めている所と色々だ。ここは夜の10時迄宴会OKだから、8時迄の上野公園よりゆっくりできるだろう。夜桜を見ながらの飲み会はこれからといったところかな。

 

 井の頭公園駅の近くからここの池の水が下流へと流れ出ている。つまり、ここは神田川の源流である。その小川で近所の子どもたちが水遊びをしていた。桜の木の下でお母さんたちも輪になった長閑な光景である。また、池の方に戻り、坂を上がって御殿山の通りに出た。焼き鳥屋<いせや>の煙と良い匂い。この店は学生時代によく入った。昼間からやっていてとても旨い。懐かしくてちょっと入ることにした。最近は輸入冷凍肉を出す店が多いが、ここのは芝浦辺りの屠場から直に仕入れしていると思った。香りがよく、新鮮で実に旨い。煮込みも頼んだら抜群。「美味そうね」と言って目の前の婦人も注文。よく飲み食べ話す御二人だった。因みに、この店は昭和3年創業で、フォークシンガー、高田渡も行き付けの店だったとか。

 

 やはり、あんな昔風の店が良いなとほろ酔い気分で吉祥寺駅へ。途中、古本センターで古い写真集を二冊(木村伊兵衛と秋山庄太郎の本)買う。

 

 武蔵小金井駅から学芸大へと歩く。武蔵野の小金井の桜が見たかった。東門を抜け、途中曲がって陸上競技場の脇を通り、生協辺りへ。ソメイヨシノ、大島桜などが綺麗に咲いている。広くて静かな構内である。ぐるっと回って正門近くにやっと出た。あー。今日はどうも入学式だったようだ。3時頃で殆んど学生はいなが。国旗が立て懸けられた門で新入生らしい数人の男女がスマホで記念写真を撮り合っている。にこにこしながら、恥ずかしそうに。あー、新しい生活がまた始まって行くのだ。

 

 門を出で、国分寺駅へ向かう。大学通りを抜けると直ぐに駅。かつての平屋風の駅舎は、丸井デパートなどと繋がる綺麗な駅に変わっていた。

 

 

    井の頭公園へ

                       

 

     

                       

 

 

                        

                                                            いせや   *

 

                  

                学  芸  大  構  内  で                           国  分  寺  駅  へ

 

 

                                          DATA

                                             CANON EOS kiss X7

                                               canon zoom lens  18~55mm

                                             CANON  IXY     *印の写真1枚

                                              撮影日   2017、4、4

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弥生から卯月へ | トップ | 花見 (2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随筆」カテゴリの最新記事