わたしの随筆  雪  地  風

心に浮かんだことを気ままに

秋の空

2016年10月15日 | 随筆

 今日は朝から快晴の良い天気となった。透き通った秋空を見上げると気持ち良い。天高く馬肥ゆる秋。田んぼの方では稲掛けもそろそろ終わりに近づいている。

 

 先日、知り合いの農家のおじさんに出会ったら、「60年以上やってるけど、今度ほど雨の多いのは初めてだ」と不作を嘆いていた。9月からの悪天候が農作物を随分駄目にしたという。稲作の方はやってない野菜中心の専業農家なので尚更のようだ。そして毎年この時期、昔から契約している農家から藁を購入するため運び出しに来たそうだ。「この車1台分で1万円なんだよ」と教えてくれた。カボチャ栽培なんかの藁敷きに使ったりするとのこと。温暖化による気候変動で、いろいろ大変になってきたと話していた。

 

 それでも、コスモスが咲き、ススキが風に揺れ、木の葉が黄色く染まりながら秋が深まっていく。トンボも少なくなった。カマキリなど昆虫の動きも何となく鈍い感じ。朝夕ぐっと寒くなってきた。晩秋、初冬に向けた衣替えの時期も近づいたようだ。

 

 町でも文化祭が始まった。いろんな展示や発表など時間があれば見てみようかな。

 

 

     巡ってきた秋景色

                     

                     ①                ②               ③                 ④

                     

                     ⑤                ⑥                ⑦                ⑧

                          

                           ⑨                 ⑩                  ⑪                                    ⑫

 

 

                                       DATA

                                           CANON  IXY   写真 ① ②

                                           FUJIFILM  X-E1

                                             leitz  elmar-c  90mm  f4    写真 ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ 

                                             fujinon super ebc xc 16~50mm   写真 ⑨ ⑫

                                             Zoom-NIKKOR  35~105mm   写真 ⑪

                                           CANON  EOS kiss X7

                                             canon zoom lens  18~55mm    写真 ⑧

                                                  〃       55~250mm   写真 ⑩

                                           撮影日  2016、10、12  写真 ①~⑦

                                                   〃  10、14  写真 ⑧~⑩

                                                   〃  10、15  写真 ⑪ ⑫

                                           

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体育の日 | トップ | 十月十六日の寸景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む