わたしの随筆  雪  地  風

心に浮かんだことを気ままに

秋田へ

2017年01月25日 | 随筆

 二日目の今日は、バスで青森県立美術館へ行った。真っ白な雪景色の中に純白の建物だから洒落た感じ。入るとすぐにシャガールの巨大な三枚の絵。バレエの舞台背景画で1942年の作品。あの不思議な独特の画風で迫ってきて素晴らしい。画中に故郷のロシアの風景とか動物なども描かれている。また、奈良美智の雪を被った(あおもり犬)が印象的だった。棟方志功の作品など内外の著名な画家たちの作品も沢山見ることができて良かった。午後は、奥羽本線で秋田へと向かった。青森からだと南下して(上り)になる。車窓から見える景色は雪ばかり。秋田杉か雪煙の中に林立し、ちらちらと雪に埋もれた民家が時々見えたりする。今年は雪が随分多いようだ。ゴトゴトと列車の音だけが山あいに響いている。雪の多い地方は積雪対策がしっかりしているので安心だ。数少ない交通の便が不通になったりすることが余りない。今日は、秋田市に泊まることにした。一人旅は風まかせ、気分まかせなのである。気温は低いのだろうが、スキー場を思えばどうということはない。気を付けて短い旅を続けていこう。 (ガラケーから)

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青森に | トップ | 新潟へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随筆」カテゴリの最新記事