わたしの随筆  雪  地  風

心に浮かんだことを気ままに

東京散歩

2017年03月06日 | 随筆

 久し振りに都心へ出かけた。浅草は海外の観光客が以前より随分多かった。雷門をバックに自撮り棒をかざす若者もいっぱいいる。伝法院通りから六区、国際通りとぶらぶらする。レコード店や手焼き煎餅を作っている古い店を見ていたら、ふと昔のことを思い出した。懇意にしていた浅草生まれのお医者さん(先生)が、この煎餅店を覗きながら子どもの頃のことを話したことを。浅草にまつわるいろんなことも。そして、“ 思想の科学 ”の社長でもあった先生を偲ぶ会も浅草ビューホテルで開かれたことも。そんなことを振り返りながら尾張屋へ入った。この蕎麦屋は、浅草へ通い続けた永井荷風の贔屓の店であった。700円のもり蕎麦はやはり旨かった。

 

 その先へ進むと、神谷バーがある。食事もできるが食べたばかりなのでポケット瓶の電気ブランだけを買う。650円也。ブランデーをベースにワインなどがカクテルされた明治15年製造からの神谷バーの洋酒。アルコール分、40度もある。神谷バーは日本の初めてバー。いろんな文人も浅草を訪れては電気ブランに酔っただろう。下は大正初期の歌から。

      

       一人にて 酒をのみ居れる 憐れなる

                   となりの男  なにを思ふらん            

                                       ( 神谷バァにて )   萩原朔太郎                                          

 

 そこからちょっと先へ行くと吾妻橋。橋のたもとから水上バスが出ている。都鳥の舞う隅田川を下って浜離宮まで行くことにする。殆んど待たずに船が出た。料金も安い。蔵前、両国、佃大橋などをくぐって進む。先程の先生が案内してくれた佃島の住吉神社の赤い鳥居や、昔から続く古風な佃煮屋、天安の店舗なども見える。月島を過ぎて勝鬨橋をくぐると右手に築地市場。そして、浜離宮へと築地川を進んで行った。

 

 のんびりと庭園を見て、お茶を頂いてから浜松町駅まで歩く。山手線で原宿駅へ出て、明治神宮に行ってみることに。ここも海外の観光客が多い。参拝後、てくてくと代々木駅まで歩く。中野に寄って昔の写真集を買ったりしてやっと家に着く。10時間ばかりの外出。お金もそんなに掛からない。

 

 以前はよく都内歩きをしていた。そして、それ程疲れなかった。でも、昨日は、電車、地下鉄、船などに乗ったけれど歩き疲れたと思った。一人歩きだからマイペースでいいのだけれど、それなりに休みたくなる。年と共に健脚でなくなることを防ぎたいと思う。年は足からくると言うから、少しでも頑張ろう。努力を失っては老いと死を待つばかり。向上心を持つ位に気をしっかりもとう。でも、無理し過ぎないように。いろんな事を思った、そんな一日だった。

   

 

        浅草から 隅田川を下り 浜離宮へ  

                                                 

                                                                                                                *

  

                                                

 

 

                            

                                                               明治神宮から

                                         

                                      DATA                     

                                                 CANON EOS kiss x7

                                                     canon zoom lens 18~55mm

                                                  撮影日   2017、3、5    *印は3/6写

             

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身勝手さ | トップ | 時は巡りて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む