わたしの随筆  雪  地  風

心に浮かんだことを気ままに

秋を思う

2016年09月19日 | 随筆

  台風16号に伴う秋雨前線の影響で、雨模様の天気がずっと続いている。秋の運動会のある学校などは練習とかで困っているだろう。いや、農業をはじめとして、いろんな地域の産業や生活面でも、たび重なる台風の影響は計り知れないと思う。

 

 この連休も、あいにくの天候で予定変更という人も多いのだろう。やはり、秋は澄み渡った秋空が見えるのがいい。<天高く馬肥ゆる秋>の時節。空高し、秋高しが一番。でも、秋分の日の頃まで雨マークの予報が出ているようで。

 

 今日は敬老の日。以前は自分にあまり関係ないと思っていたが、最近は「ハー・・」とため息交じりに思うようになってきたところがある。「老人」というとハッと感じるところがあるというか・・。新聞を見ていてもいろいろと。下流老人、ボケ老人、老齢年金、老人ホーム、老人介護、老人虐待、老人福祉、老人問題、老化現象、老人力などの言葉が・・。

 

 まー、あまり考えるのはよそう。春夏秋冬。老いも若きも、いつだって苦労もありゃ楽もありゃーな。だれだって生きてりゃ年を取る。その年令、世代なりの大変さ、良さ?もあってさ。

 

 真っ赤に咲いた彼岸花を秋空の下に見たい。秋晴れの日、「ワー ワー」と歓声を上げ、応援している運動会も懐かしい。どんぐりを拾ったり、おにぎりを食べたり、笛の合図で整列したりの秋の遠足・・。

 

 気づけば、秋空の下に実りの秋がやってくる。  それまで暫くは、台風16号の動きに注視していよう。

 

 

          秋雨の頃

                                                 

           ふてニャン    ①                   ②                    ③

 

                                             

                         ④                   ⑤                    ⑥

 

                                      DATA

                                            CANON  EOS  kiss x7

                                               canon zoom lens 18~55mm                           写真 ① ② ③

                                            FUJIFILM  X-E1                                                    

                                               Zoom-NIKKOR  35~105mm (古いレンズ)       写真 ④ ⑤

                                               fujinon super ebc xc 16~50mm                   写真 ⑥

                                            撮影日  2016、9、16    写真 ④ ⑤ 

                                                    〃  9、17    写真 ① ② ③

                                                    〃  9、18    写真 ⑥   

 

                                                                                                   * 写真⑥には水滴が付着

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏から秋へ | トップ | 彼岸過ぎ (1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む