ぶろぐ“あみん”

タイを中心にアジアの話題

タイトル頭の■は過去の話題、★は今の話題を表します。
※公開しないコメントもあります。

★佐々淳行「連合赤軍『あさま山荘』事件」

2017年05月16日 00時19分45秒 | 私の本だな
 まだ小学生の頃のことです。
 テレビが長い時間にわたって現地から中継していたのを覚えています。
 クレーンに吊された鉄球が建物を壊していく姿に恐怖を覚えました。

 1972(昭和47)年2月19日、長野県北佐久郡軽井沢町の河合楽器保養所浅間山荘に連合赤軍が人質をとって立て籠もった、いわゆる「あさま山荘」事件です。
 この事件で現場で指揮を執った、当時警察庁警務局監察官であった佐々淳行が事件のことを纏めたものが本書です。

【実戦「危機管理」 連合赤軍「あさま山荘」事件】
 もともと1996(平成8)年6月に文藝春秋より刊行されたものが、1999(平成11)年に文庫化されたものです。

 最終的に、民間人1名を含む3名の死者、27人の負傷者を出した「あさま山荘」事件は、10日後に連合赤軍側の全員逮捕、人質の無事保護で終結しました。

 動員警察官は延べ12万人、報道陣が約600人。
 報道特別番組としての日本記録となり、未だ破られない89.7%の視聴率。
 警察が包囲する中、人質が監禁されていた219時間。
 現場からの生中継に隊員食として映り込んだカップヌードルは、その後の売り上げを33倍に押し上げた。
 ……この事件は、このような数々の記録も生みました。

 殉職した
警視庁特科車両隊中隊長 高見繁光警部(殉職後二階級特進、警視正)
警視庁第二機動隊隊長 内田尚孝警視(殉職後二階級特進、警視長)
のご冥福を祈ります。

【ノート】
実戦「危機管理」 連合赤軍「あさま山荘」事件
著 者:佐々淳行
発行所:(株)文藝春秋
     文春文庫 さ 22 5
発 行:第1刷 1999年6月10日
     第20刷 2015年5月25日
     ISBN978-4-16-756005-8
価 格:JPY600.-+


( こーぷくん てぃー くりっく )
ขอบคุณที่คลิก
クリックありがとう^^
にほんブログ村 【海外生活ブログ・タイ情報】
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへにほんブログ村 車ブログ・メルセデスベンツ】
にほんブログ村 【グルメブログアジア食べ歩き】
※クリックしていただくと、他にもいろいろなタイ好きブログクルマ好きブログ食いしん坊ブログに出会えますよ^^
いつもクリックしてくださる皆さま、ありがとうございますm(_ _)m
どれかお一つクリックしていただけると、とても励みになります^^
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ★こだわりソースのコロッケパ... | トップ | ★シーロムコンプレックスのラ... »

コメントを投稿

私の本だな」カテゴリの最新記事