腰上着手。


腰上の作業に入るぞ。


右はSRX600のピストンで、左はジープJ54のピストン。
J54の4DR5エンジンは、1気筒あたり660ccくらい。


SRXのは、排気側だけ小さいバルブリセスがある。
J54のは渦流室式ディーゼルなので、渦流室からのガスを受ける凹みがある。


ボアは、ショートストロークのSRX600がわずかに大きい。
4DR5はロングストロークなのだ。


ピストンには、金屑を噛んでしまったスクラッチが付いてしまっている。


頂部のカーボンをクリーニング。
1JKのモールドと、排気の方向を示す矢印のモールドがある。
ていうか、左のバルブリセスの内側になんか凹みがあるんだけど…。


裏面のモールドは1JK02。
初期型SRX600の1JKとは、ピストンピンのサイズが異なっている。


これはどういう意味だろう。


これも意味不明。


とりあえずリング溝をキレイにして、真鍮ブラシでスクラッチのバリを落とした。


反対側。
スカートがテカテカになるような首振りは起こしてなかったようだ。


何かの打痕と、ちょっと深めのスクラッチ。
ピストンスカート下から5.5mmでのピストン径は、95.942mmで、やや下限を下回っていた。
交換しなくてもいけそうな気がするけど、どうすっかな。


シリンダーボアにもスクラッチ。


この状態で測定して、左右方向で96.012mm、前後方向で96.025mmってとこだったから、多少ならホーニングの余地はありそうだ。


測定位置は、上から40mm。


ヘッドフランジの歪みもない。


リングギャップは、元のリングで、トップ0.60mm、セカンド0.65mm、オイル0.83mmってとこ。
これは新品のリング。部品番号が変わっている。
新品リングで、トップ0.53mm、セカンド0.52mm、オイル0.60/0.61mmってとこ。
測定位置はシリンダスカート部。


とりあえずシリンダーは使えそうなので、サビを落として耐熱塗料で化粧直し。


フィンの深いとこはサビ取りが大変だった。
フィンスタビライザーは外してある。


シルバーにクリア仕上げ。
でもまだ組めないのだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 1時間に1本。 タコ再び。 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。