タコ再び。


SRX600。
近くの自衛隊の基地祭に行ったりして、作業はあまりはかどらなかった。
これは、基地祭で観た、20mm対空機関砲のデモ。
ガトリングガンタイプで、ブォーッという、マフラー外したバイクの空吹かし爆音のような発射音とともに、空薬莢がゲロ吐くみたいに流れ落ちる。銃身はすさまじい勢いで回転する。こんなのに撃たれるのは御免蒙りたいもんだ。


さて、基地祭から帰ってから、バルブ周りのタコ突き。
排気バルブはシートが虫食いになってたが、吸気バルブの方は、よく見たらバルブフェイスが虫食いになっていた。
これはかなり擦り合わせた後の吸気バルブだが、まだ虫食いが消しきれていない。
こんな状態だから、バルブフェイスもやや段に摩耗している。
バルブはまだ入手可能だけど、どうすっか。


排気バルブの当たり。


やや当たり幅は広くなったけど、まあいけるだろ。
バルブステムも使用限度に余裕がある。


シートの虫食いを完全に消した。


こっちは外周部にやや虫食いが残ってるけど、漏れはない。


吸気バルブの当たり。


擦り合わせたら、燃焼室にプラグも挿して、ガソリン入れて漏れをチェック。
じわじわ漏れるとこがあるから、もう少し擦り合わせが必要だけど、バルブはなんとか使えるだろう。
そういえば、純正ピストンは、調べたら販売終了になっていた。どうしてもってことなら社外品があるけど、俺があとどんくらいこのバイクに乗れるか、と、今までの4万kmでの摩耗を比較して考えたら、今回はまあ、交換しなくてもいいかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 腰上着手。 虫通信。 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。