とりあえず。


ヘッドガスケットからオイルがじわじわ漏れている、サンバー。


修理は、ちょっとまだサンバー使いたいから先延ばしということにして、とりあえずオイル交換。
これはオイルフィルターベースからのオイルを、ペットボトルで受けているの図。


去年の購入から付いていた、ピットワークのオイルフィルター。


フィルターそんなに錆びてないな。
このサンバーには、前のサンバーになかった、右後輪の撥ね上げからオイルフィルターを守るガードが付いている。
前のサンバーでもホントは付いてるべきものなのかどうかはわからない。けど、前のサンバーならひと冬でフィルターがサビサビになってたわけだから、役に立ってるのは間違いない。


オイル交換したので、フィルターと…。


ドレンの漏れをチェック。


ついでに、買ってから見てなかった、バッテリーも見てみよう。


バッテリーカバーは、このボルト1本で固定されている。


前側はピンで引っかかってるだけ。


前のサンバーと同じバッテリークランプを外す。


GSユアサのバッテリーが載ってた。


2011年2月2日製造だから、かなり古いな。
ていうか、なんかおかしいぞ。


44B19R。
電極逆じゃねえか。
念のため調べたけど、サンバーのバッテリーは**B19Lのはずだ。
配線はなんとか届いてたから、あり合わせのバッテリー付けたか、RとL間違って買っちゃって強引に付けたか、そんなとこかもしれない。


前のサンバーでちょっと使っただけで、下取り時には下ろして元のバッテリーを付けて出していたので、たまたま手元にあった40B19L。


2016年1月22日製。
配線を元に戻して、コイツに付け替えた。


もうひとつ。
キーをONにして…。


エンジンかけても、排気温度警告灯が消えない。


けど、少し時間が経つと消える。
という症状が出ていた。


排気温度ヒューズのカプラを外して、車体側の配線をアースにショートさせたら、エンジンかけてすぐ警告灯が消える。
ヒューズ側の導通を見たら、1.6kΩほどもある。こりゃ切れかけてるな。
ヒューズ交換しなきゃ。結構高いんだよなこれ。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 要加工か。 加工した。 »


 
コメント
 
 
 
Unknown (コアル)
2017-05-18 05:03:26
温度ヒューズ 車検の時 交換してもらいました。
 
 
 
消耗品 (ひげくま)
2017-05-18 18:52:04
排気温度ヒューズは消耗品ですもんね。
俺も何回か交換してます。高いから社外品ですが…。
 
 
 
Unknown (コアル)
2017-05-19 14:34:17
返信ありがとうございました。
以前に警告ランプが付くので部品を調べたら高かったのを記憶しています。

今サンバーで青森到着しました。
天気はいいです。車も調子がいいです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。