エンジン搭載。


やー暑いな。でかいオニグモも日陰に退避していた。
で、SRX600の続き。


カチカチに硬化していたフィンスタビライザー。
なくても実害はないような気がするけど、フィンがビビってうるさいのかもしれない。
新品にするほどでもないような気もするので、ブレーキオイルの廃油に、数日漬けてみた。


水でよくすすぐ。
乾いたらパークリで表面を洗う。


潰れたのが回復するまではいかないけど、少し柔らかくはなったので、きつさを見ながらフィンに入れてみた。


エンジンマウントボルトの小サビを落として化粧直し。


これもマウントボルトとブラケット。


キックストッパーも。


緩んで1本落ちていたリアのパッドピンは、エンジン載せる前に交換した。


ジャッキにエンジン載せて、フレームに搭載。
エンジン後部の2本のボルトと、ヘッドのブラケットを仮付けする。
なんとか一人でもできる。


アンダーフレームを仮付けして、すべてのマウントボルトを入れてから、アンダーフレームをトルク。
その後、マウントボルトにトルクを入れる。


ドライブスプロケットのセンターナットとロックワッシャは、新品にする。
ナットにタガネの痕とか付いてたしな。


2型のスプロケットのトルクは、SRXの整備書では言及されていない。
同じドライブアクスルのXT400Eアルテシアの数値を準用しよう。
ここを脱着するときには、リアブレーキをガッツリ踏んでなきゃトルクが入らない。
外すときはインパクトでダダダ、ならブレーキ踏まなくてもいんだけどな。


ロックワッシャを折る。


タコメーターのギアボックスを付けようとしたら、あろうことか壊してしまった。


あちゃー。


持っててよかったアルテシア。
俺のアルテシアは、SRXのタコを付けているから、ギアボックスを借りちゃおう。
写真は、ギアボックスを外して、元々アルテシアに付けられていた、タコドライブのメクラを付けたところ。
ちゃんととっといてよかった。


外したギアボックスを化粧直し。


壊れたタコドライブの片割れを外すとき、SRXのカムシャフトの中に少しアルミの屑を入れてしまったので、よーく掃除する。


タコドライブ取り付け。


オイルクーラー内を洗った洗い油からは、少量の鉄片が回収できた。
予想はしてたけど、やっぱり回るんだな。


オイルクーラーを化粧直し。


暗いけど、オイルクーラーを接続し、キックペダルを取り付け。


よしよし、もうちょいだな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 腰上組み上げ。 復活。 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。