cable - speedometer.


こないだ切れた、SX125Rのスピードメーターケーブル。
頼んでた部品が届いた。


交換は簡単だ。
前輪のメーターギアのストップスクリュを抜いてケーブルを引き抜き、フォークと三叉のケーブルガイドからケーブルを外し、メーターからケーブルを外して抜くだけ。
取り付けは新品を元の位置に戻すだけだが、ケーブルの長さがかなりギリギリな感じなので、注意が必要になる。
メーター側のケーブル末端はゆるく曲がったパイプになってるので、ケーブルがヘッドランプのコネクタギリギリを通るように向きを決めてやる。フォークを完全に伸ばした位置で、ギアボックス側は、ギアボックスからアウターフォークのケーブルクランプまではたるみを完全に取ってやり、三叉のガイドはケーブルがなるべく真っ直ぐになるように角度を決めた。これで、フォークが伸びきっても、ケーブルがなんとかギリギリ突っ張らない。


切れたケーブルのフレキシブルシャフト。
この位置は、フォークが伸縮した時にケーブルがいちばん曲げ伸ばしを受けるあたりだ。
切れた辺りは、サビと古くなったグリスが見て取れる。
黒い外皮が硬化して割れてくると、そこから水が入ったりして、内部が錆びて、そこから切れる。外皮のメンテナンスと、たまにでいいからインナーに給油が必要だな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 異世界へのト... 原因と対策は... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。