俺流俳句 「いちらくいちらく」

俳句・写真俳句・写真で遊ぼ。

あなたも、優しくなれます。
          
          千秀

6月14日 花あやめ

2017年06月14日 | 俳句暦


露=ここでは、わずかなこと。

「露の情け」「露の間」の意。


花に露が重なれば、情緒が深くなる。

あやめの花に、露が結んでいるのに惹かれ足をとめている。

その一瞬は、戀なのではないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月13日 汗 | トップ | 6月15日 初夏の風 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL