誠実さに繋がる富士山

毎日の出来事をいろいろと書き綴っていきます。

かさばる着物を買い取りに…

2016-10-12 06:40:00 | 日記
こんにちは。かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持ち込むだけで疲れてしまいますね。どうしようかなと迷ったら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。電話するだけという手軽さが魅力ですが、ただ、業者基準の量に満たないときは、来てもらえないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

着物の保管は本当に大変ですよね。着ない着物をとっておくよりも手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がみんながすっきりすると思います。買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので多くのデータを集めて決めたいときにはこの分野のランキングサイトもあるので自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。着物の価値は保管状態や製作者などで大きく変わりますが、状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。いままで知らなかったのですが、着物の買取は、宅配便を利用したサービスが多いようなので、独身時代に集めていた着物類を、手放そうと思います。サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、誠実な業者さんを探したいと思っています。中古品の売買には警察署への届出が必要なので、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

全く袖を通したことがない着物でも、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。着ることによる傷みはなくても少しずつ劣化していくこともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。もし、未使用で今後着る予定がないという着物をお持ちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。

近頃ネットを見ていると、着物買取業者の広告がよく目につきます。着る機会もなく眠らせたままでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、経年劣化はあるので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。大事に保管してきたものはリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着物を買い取ってもらえないかなと思う方も思いの外、多く見かけます。それでは、売れやすい着物は何なのかと誰でも疑問に思うでしょうが、需要が多いのは何といっても訪問着です。幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。着ることがない訪問着をお持ちの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。それでは、今日はこの辺で!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ人は非常にきれい好・・・ | トップ | 基礎代謝量が高い方につい… »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。