芳野星司 はじめはgoo!

童謡・唱歌や文学・歴史等の知られざる物語や逸話を写真付でエッセイ風に表現。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ああ稀勢の里

2016年09月18日 | 相撲エッセイ

 初日の敗戦で、稀勢の里の秋場所は終わった。ファンの興味も半減した。いやファンの秋場所もほぼ終わったに等しい。
 それにしても稀勢の里ほどファンを苛々させる力士も珍しい。なぜ苛々するかと言えば、それだけ応援している、稀勢の里ファンだからだ。
 稀勢の里は過度に緊張するタイプで、緊張すると立会いで立てない。それがここ二、三場所は影を潜め、落ち着きが出て、バタバタする相撲が減った。危ない相撲も運で勝った。そのため下位の力士に取りこぼしが減った。しかしあと一つ、大一番に勝てない。
 場所前のインタビューに「今場所が集大成」と稀勢の里は答えた。しかし稽古内容はあまり良くなかったと伝えられている。出稽古もせず、部屋の高安ばかりを相手にしていたという。「稀勢の里関には何が足りないと思いますか?」と聞かれた横綱の白鵬と日馬富士が言った。「苦手な相手を求めて、もっと出稽古に行かなければ」
 今場所は白鵬の休場が伝えられた。これは稀勢の里に初優勝の機会が増えたということではないか。まあ、他人の休場は関係なく、自分の相撲を一番一番、と答えるにちがいないが。

 初日の一番は「ぬうぼー」とした隠岐の海である。身体も大きく、懐が深く、また柔らかい。その彼も大器と言われながら、ほとんど勝ちたい、大関や横綱になりたいという強い欲に欠け、とうとう30歳になってしまった。隠岐の海と親しい好角家によれば、彼は自分の出世計画を持っていたという。25歳までに大関に、27、8歳には横綱に…。彼にも意欲はあったのか。
 北の富士にとって隠岐の海は孫弟子に当たる。彼に大きな期待を寄せていたが、しかし、意欲が足りない、稽古が足りない、とバッサリと切り捨てた。
 稀勢の里はその懐が深く身体が柔らかな隠岐の海に対し、マワシもとれず、腰高のまま彼を抱えるように土俵際まで寄り立てた。勢いよく寄り立てたように見えるが、稀勢の里の腰が伸び、すんなりと回り込まれ、あとは簡単に寄り出された。なんという不甲斐ない負け方か。稀勢の里の欠点が全て出た。立ち合いから腰が高い。脇が甘い。不利な状態にもかかわらず、慌てて寄り立てる、つまり相撲にどっしりしたものが全くない。
 テレビで解説していた北の富士は、常に稀勢の里の優勝と横綱昇進に期待を寄せていた人である。しかし彼は言った。「もう無理だ」と。「もう稀勢の里には期待しません」と。
 初日は横綱審議委員たちも観戦している。そのうちの一人が吐き捨てるように言ったという。「場所前の稽古総見のとき、稀勢の里は下位の力士を相手に2勝10敗だった。案の定負けた。総見で2勝10敗ですよ。今場所、まあ3勝くらいはするでしょうけど…」
 稀勢の里は前半に早くも二敗を喫した。もう彼に期待しても無理だろう。
 かつて魁皇は、小結で一度、大関で四度優勝している。優勝後の綱取りの場所は怪我で休場したり、腰痛に苦しみ、ついに横綱昇進を果たせなかった。彼には型があり、全盛時は最強の大関で、その型になれば安心して見れた。
 稀勢の里はまだ一度も優勝していない。彼の師匠・隆の里は糖尿病と闘いながら、30歳11ヶ月で横綱に昇進した。「おしん横綱」と呼ばれた。横綱としては短命だったが、「強い」という印象が残っている。
 稀勢の里に関しては、あの北の富士ももはや見捨てた。これからの若手の期待力士は正代だろう。あの土俵際の腰の重さ、攻める姿勢、巧さもある。相撲に速さもある。さほど欠点も見当たらない。あまり体重を増やさず、怪我に気をつけて活躍してほしい。
 

                                                      
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディルタイの歴史認識 | トップ | あの有名な… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

相撲エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。