一般社団法人日本経営士会は日本の中小企業に「環境CSR経営」の普及支援を行っています。環境経営士が支援を行います。

中小企業に役立つ情報、環境経営、CSR経営、経営改善手法、補助金、日本経営士会の案内、経営コンサルタント・経営士の活動等

記絶滅危惧種 スイゼンジノリの保全に取り組む環境経営士

2017-06-01 09:56:45 | 環境・CSR経営

今回のテーマ: 絶滅危惧種 スイゼンジノリの保全に取り組む環境経営士

 

今回は福岡県在住の環境経営士の活動をご紹介します。

この方は定職につきながら、ボランタリーですが、福岡県朝倉市に自生しています今や世界でもここしか生存していないスイゼンジ海苔の保全活動を行っています。

スイゼンジノリのもう一つの自生地で熊本城からほど近い水前寺江津湖に自生していましたが熊本地震でほぼ壊滅状態になったといわれています。

 

●スイゼンジノリの現状

スイゼンジノリは福岡県朝倉市(かって黒田長政の3男長興氏が秋月藩を作り苦労されて江戸幕府に認めてもらったが朝倉市はこの秋月藩が原点)の小金川のみでしか生存してなく、世界でもここにしか生えてないとのこと。

小金川は筑後川の支流佐田川の更に支流で長さは2km位の川です。上流にはダムがあります。

 

1763年に遠藤幸左衛門が「川苔」(カワタケ)と名付けて商品化して現在の遠藤 淳氏は17代目です。

 

最近は水量が減って以前は年間でノリの収穫量は200トン採れていたのが26トンしか取れてなく水質も変化している。

このスイゼンジノリは絶滅危惧種に指定されています。

絶滅危惧種:IA類 藻類 (ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの。)

環境省のホームページ レッドリストはこちらP119ご参照

http://www.env.go.jp/press/files/jp/105449.pdf

 

スゼンジノリを知るにはこのホームページを推薦

https://matome.naver.jp/odai/2138330395301031001

 

●絶滅危惧種スゼンジノリを保全するための活動として

 

この17代目の遠藤氏がこの川を守るため100万円の募金活動を行ったりして、半分程度集まった。

又環境省の補助金を3年間もらって維持に努めた。

福岡県もポンプアップしたりして水量の維持に努めているが、最近は現場を保持して

いる朝倉市が環境保全にあたっている。

具体的な活動は朝倉市環境アクション協議会などの保全団体が労力などを提供している。

 

●(一社)日本経営士会のコンパクトCSRマネジメントシステムの社会貢献活動に該当。

 

スイゼンジノリ保全活動はまさに(一社)日本経営士会 環境事業部が今年の4月からコンパクトCSRマネジメントシステムを立ち上げ普及活動に入っていますが、このガイドラインのC.CSR取り組み項目の5番目に「コミュニティ(社会貢献活動)」に該当します。

(このC.CSRガイドラインはコンパクトエコシステムの環境経営士専用のページ CES14から入り見れます)

 

●大企業は既にCSRに取り組みサプライヤに波及されつつあります。

 

日本の大企業が既にCSRの取り組みがなされていて、最近ではその関連企業、サプライヤーにも取引条件にCSRに取り組んでいることなどが条件になりつつあります。

各都道府県には絶滅危惧種が多くあります、絶滅危惧種の保全活動は立派な社会貢献活になります。都道府県のレッドリストは各自治体に問い合わせるかホームページをご参照下さい。いずれにしても環境省のレッドリストに準拠しています。

 

企業がCSRに取り組みをされる折、社会貢献活動には「絶滅危惧種の保全活動」もあると薦めていただければ幸いです。

 この記事は(一社)日本経営士会発行の「環境ニュース」で配信した記事の一部です。
日本経営士会 環境CSRのホームページはこちらへ。
https://www.compact-eco.com

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私たちの生活環境と再生可能エネルギーとの関わり(低炭素社会への貢献)】

2017-05-29 09:32:10 | 環境・CSR経営

1回 私たちの生活環境と再生可能エネルギーとの関わり(低炭素社会への貢献)

です。

経営士・環境経営士の林 久雄 先生に「再生可能エネルギー(Renewable Energy:RE)の概要について、5月より10回程度に分けて解説していただきます。

 この記事は日本経営士会の環境経営士向けに発進している「環境ニュース」を再掲載

している記事です。

今回は再生可能エネルギーの連載ものの初回目です。

【第1回 私たちの生活環境と再生可能エネルギーとの関わり(低炭素社会への貢献)】

我が国はエネルギー資源が少なく、化石化燃料の大半を海外から輸入せざるを得ない状態です。

我が国のエネルギー自給率は、原子力を除くとほぼ4%程度であると分析されています。

REは、定義として「自然環境の中で繰り返し起こる現象から取り出すエネルギー」を意味しています。

従って、このエネルギーはいつでも繰り返し利用できます。

その具体例として、風力・水力・太陽光・波力・潮力・潮汐流(流水)・太陽熱・地熱・地中熱・海洋温度差・雪氷熱・バイオマスなどがあげられます。

太陽は、内部で核融合反応が続いています。

●関係する太陽エネルギー量をあげてみると

・その放出エネルギー量は、1.2×1034乗ジュール(J

・そのうち地球に到達しているのは、5.5×1024Jと推定されています。

・一方、世界のエネルギー消費量は、5.0×1020J140兆キロワット)

・日本の最終エネルギー消費量は、1.4×1019J4兆キロワット)とみられています。

 

●太陽エネルギー利用の種類は

太陽光発電…太陽電池を用いて、太陽光を直接的に電力に変換して発電する。

・太陽熱発電・・・集熱器を用いて太陽光を熱に変換し、熱せられた空気や蒸気を用いてタービンを回して発電する。

・太陽熱利用・・・集熱器を用いて太陽光を熱に変換し、加熱した空気や水を暖房や給湯に利用する。高温そのものを炉や調理に利用する場合もある。

  太陽光、太陽熱利用については(一社)ソーラーシステ振興協会のホームページに図で説明をしています。

http://www.ssda.or.jp/energy/

●環境経営士としてご関心のある固定価格買い取り価格の現状については

下記HPをご参照下さい。下記のHPでダブル発電とは家庭用燃料電池・ガスエンジン発電等と太陽光発電の双方を設置している場合です。http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kakaku.html

                   寄稿者:経営士・環境経営士 林 久雄

この記事は(一社)日本経営士会発行の「環境ニュース」で配信した記事の一部です。
日本経営士会 環境CSRのホームページはこちらへ。
https://www.compact-eco.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中小企業の補助金の例 持続化補助金

2017-05-29 09:24:05 | 補助金

 

小規模事業者持続化補助金」の追加公募が今月(5月)末に締め切られます

 

中小企業庁では、平成28年度第2次補正予算に「小規模事業者販路開拓支援事業」を措置し、その内「小規模事業者持続化補助金」の追加公募が4月14日から開始されました。

小規模企業で販路開拓に意欲のある企業をご存知の方など補助金に関心のある方、締め切りは5月末ですが 来年度も類似の補助金が出ることが予想されます。

いまから、商工会などに顔を出したり、近くの中小企業とコンタクトされ準備をされたら

如何でしょうか。


●「小規模事業者持続化補助金」の内容

本事業は、小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等を支援するものです。

詳細は中小企業庁のホームページ(HP)をご参照下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2017/170414izoku28.htm

 

このHPにも載っていますが、事業計画の作成、中でもどこの企業でも経営課題のトップは販路拡大です。この支援をするため最大75万円の予算の内2/350万円まで補助をするものです。

この記事は(一社)日本経営士会発行の「環境ニュース」で配信した記事の一部です。
日本経営士会 環境CSRのホームページはこちらへ。
https://www.compact-eco.com


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォロアップセミナーを東京にて開催  ドーム型植物工場のグランパが破産

2017-05-16 09:37:40 | 環境・CSR経営

 

今回のテーマ: フォロアップセミナーを東京にて開催

        ドーム型植物工場のグランパが破産

 

●環境経営士 フォロアップセミナーを東京にて開催

5月19日(金)1:30~5:00まで 東京本部開催分の平成29年度第1回環境経営士フォーローアップセミナーが薬業年金会館で開催されました。詳細は6・7月号のマネジメントコンサルタントに掲載されます。今回は今年の4月から コンパクトエコシステムの他にコンパクトCSRシステム(C.CSR)を構築しましたが、その説明でした。具体的に世界に於けるCSRの推移、当会が策定したC.CSRガイドラインの説明、フリーディスカッションでした。参加者は14名でしたが最後に修了証の授与で無事終えました。

 

C.CSRのガイドラインはコンパクトエコシステムのホームページで会員専用のページをご参照下さい。ログインコードは大文字で CES14です。

 

CSRは大企業を中心にすでに普及しつつありますが、サプライチェーンにも取引条件としてCSR導入している事と明記している大企業が多くなっています。

 

環境経営士の方にはC.CSRの普及をお願いいたします。

 

 

●ドーム型植物工場のグランパが破産
3年ほど前、横浜の環境経営士フォローアップ研修で訪問した企業です。ドーム型植物工場は円形の中心に野菜を植え付け中心からゆっくりと円運動をして外周にくると野菜の収穫ができるという数年前は画期的方法だと脚光を集めました。

最近の新聞記事によると、設備投資・研究開発費がかさんできたこと、発光ダイオードを使った植物工場などコンペチターの参入による競争激化、人材育成不足のまま事業拡大した等が要因らしい。

植物工場は新しい農業だからうまくいかない!とは言いませんが農業であっても採算性をきちんと見極めて進めないと、震災交付金があるから大丈夫などと考えてはいけないと思います。

 

 この記事は経営士・環境経営士の宮高 信之さんからです。

 この記事は(一社)日本経営士会発行の「環境ニュース」で配信した記事の一部です。
日本経営士会 環境CSRのホームページはこちらへ。
https://www.compact-eco.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

環境経営士フォローアップ研修のご案内など

2017-04-22 15:31:15 | 環境・CSR経営

この記事は(一社)日本経営士会 環境事業部 メルマガの案内を転載しました。

今回のテーマ:①環境経営士フォローアップ研修のご案内と

      環境経営士の方のみ対象です。

②日刊工業新聞社の電子版より経営士の提言からです 

● 平成29年度上期 環境経営士フォローアップ研修の

お知らせ(本部開催) 

このたび、環境経営士のフォローアップ研修を下記の通り開催いたします。

今回は、主として、CSRについての概要と本会で作成した、中小企業向けのCSRへの取組のガイドラインの解説を行います。

中小企業のCSR支援を行っている方、これから始めようという方々に是非本会のガイドラインをお聴き頂きたいと存じます。

また、環境経営士の資格維持のため、2年に1回以上フォローアップ研修を受講することになっていますので該当者は是非この機会に受講をお願いします。

 

 

【日 時】平成29年5月19日(金) 午後1時30分~5時00分

【場 所】東京薬業年金会館 会議室

       中央区日本橋小舟町13-7 TEL 03-3667-5817

【プログラム】・CSRと中小企業の取組の状況

      ・中小企業向「コンパクトCSR」の解説

      ・「コンパクトエコシステム」取組の事例紹介

【定 員】30名 申込順で閉め切ります

【会 費】3,500円  当日受付でお支払下さい

【申 込】下記申込書に記入して、下記宛ご連絡ください

FAX:(03)3239-1831

    メール:office@keieishikai.com

【申込期限】5月16日(火)

 

 

●  日刊工業新聞社の電子版より経営士の提言

 

この記事は環境経営のキーワードで検索しましたら、日刊工業新聞社の

電子版に日本経営士会が長年日刊工業新聞社と連携して「経営士の提言」記事を掲載していますが、中部支部の経営士・環境経営士の多賀 吉令さんの記事が掲載されていました。

詳細は下記ですが要約しますと

環境経営は経営改善に環境の視点を加えたものです。環境経営が環境改善につながることは収益を上げるために効果的な面があるということです。

収益が上がる、効率が良くなり無駄が省ける、不良が削減されクレームがなくなる。このような取り組みが結果的に環境も良くする一石二鳥となります。


この記事は(一社)日本経営士会発行の「環境ニュース」で配信した記事の一部です。
日本経営士会 環境CSRのホームページはこちらへ。
https://www.compact-eco.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加