matsuoka ブログ

Hair&Facial MATSUOKA のいろいろ情報

お寿司屋さんと床屋さん

2016-10-14 15:06:59 | 出来事

今朝、近所のお寿司屋さんのご主人が、カットに来てくださいました

 

私  「お店忙しいですか?」

 

ご主人 「いや、全然。 ヒマでだめだね~ うちなんか生もの扱ってるからさー、大変だよ!」

 

そうですよね~。

うちもヒマだけど、腐るようなものはないし、賞味期限が来たから捨てなきゃ! っていうのもないし

それだけでもありがたいよね~。 なんて事をよくお義母さんと話しているのですが

食品関係のご商売をされてる方は、本当に大変だと思います

 

ご主人 「年寄りが亡くなると、出前が無くなってね~。」

 

あ、そうなんだ。 そういうもんなんだ!

今のお年寄り世代は、何かの時には、あちこちから 『出前』 を取っていたんだろうな~。

お祝い事やお客様が来られた時なんかにね。

そっかそっか、そうだよな~。

 

床屋もそうだな。

今までのお年寄りは出かける時には、必ずと言っていいほど、床屋に来て

髪切ったり、お顔剃ったりして、身だしなみを整えに来てくださったけど

もうそういう考えが無くなってきてますね

 

その次の世代に来ていただきたいけど、考え方とか、ライフスタイルがガラッと変る世代なので

なかなか、いままでのようにいきません。

デフレ以後、急激に低料金理美容店があちこちに出来てから

どっとそういうお店に乗り換えた方がいらっしゃいますね

 

お寿司屋さんも、回転寿司が出来てから、やっぱりそうみたいですよ。

なかなかやっていけなくて、後継者もなくて

結局辞めるお店も多いみたいですね

 

いまや 『寿司』 は、世界中で大人気で、外国人の寿司職人さんがどんどん出てきているのに

肝心な本家本元の日本のお寿司屋さんが激減している。

お寿司屋さんになろうという人も、本当に少ないらしいですね

 

床屋も同じ。

日本の理容師って、世界的にも優秀で

理容師の世界大会っていうのが、毎年あるんですが、日本チームはもう何年も

3位以内に入るくらいの成績なんですよ

ですが、実際理容師になりたいっていう人は激減してまして、もう理容学校すらない県もだいぶあるそうです。

 

お寿司屋さんと床屋さんて、全然違う職業だけど、置かれている環境は似てるな~と思いました。

 

今、床屋やお寿司屋さんだけでなく、田舎の自営業は本当に息も絶え絶えです

車社会なので、みんな車で出かけ、そこで消費します。(私だってそうですが・・・)

かと思えば、東京の有名なお寿司屋さんなんか、一人前何万もするようなお店が大繁盛して・・・・・

まったく格差社会ですね。

東京と地方。 都会と田舎の

 

そのお寿司屋さんのご主人と話していたのですが、いわゆる 『職人』 って、仕事を覚えるまでに何年もかかるわけですよ。

そうやってがんばって仕事ができるようになったのに、回転寿司やら、安床にお客奪われて、店畳んで

そんな安いお店でいい仕事をする職人なんて育つはずもなく、結局そんな安い店だけになって・・・

こんなんでいいんでしょうかね?

ご主人 「そうは思うけど、もうこうなっちゃしょうがない。オレはその時はもうこの世にはいないだろうし・・・。(笑)」

まあそうかもしれないけど、日本の行く末が心配です

 

ということで、勝手にPR

 

 みよし乃寿司

 

 出雲崎町川西55-1 (川西の踏み切り横です)

 

  (0258) 78-4442

FAX (0258) 78-4445

 

みよし乃さんのお寿司、すっごくおいしいですよ

一人前(並)で、¥1,300くらいだったと思います。

ネタはこういうの入れてくれとか、さび抜きでとか、注文する時に言えば、そのとおりにやってくれます。

そんなに高くないでしょ?

少人数の宴会や、出前もやってますので、たまには回転寿司ではなく

本格的なお寿司、いかがですか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回顧展 『仲田彰夫の世界~遊... | トップ | 『越後みしま竹あかり街道』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL