花粉症に負けない

今年は絶対花粉症に負けないぞ!

埋没

2017-07-15 06:30:37 | 日記
イヤな埋没毛がいっぱいになっちゃったから、原因を調べてみた。

埋没毛(埋もれ毛)の原因は、ムダ毛の自己処理により皮膚が傷つき、修復する家庭で毛穴がふさがってしまうことで起こります。
毛抜きやワックス脱毛で強く毛を引っ張ると、途中で毛が切れるだけでなく、皮膚が傷つき炎症を起こしていまい、かさぶたが出来ます。
このかさぶたがその後生えてくる毛の成長を遮り、皮膚の中で毛が埋もれてしまうのです。

そして、埋没毛(埋もれ毛)の予防法としては、無理な自己処理(脱毛において、毛抜きとワックス脱毛は御法度)をしないことが大切です。まずは、今後埋没毛を作らないために、原因と予防法を知って頂き、すぐに対処していきましょう。

しかし、万が一注意していても埋没毛が出来てしまった場合、適切に対処しないといけません。
対処法を間違えると、更に悪化させてしまう危険性があるのでご注意ください。
出来てしまった埋没毛に対しては、基本的に悪化させないためにムダ毛処理を一旦休止するのが一番良いのですが、やはりそれだけでは中々治らないのが現実です。
その場合、一般的に埋没毛の治し方として良いとされているのが、
角質を落とすローションで洗った後、肌を柔らかくする保湿剤を使用するという方法です。
それでも治らない際は、一度病院で診てもらうのが良いでしょう。
最悪の場合切開手術に至るケースもあります。

おすすめの保湿剤は、このストレミラインがよさそう!

しかし、埋没毛を根本的に発生させないようにするためにも、
脱毛をして埋没毛の部位を取り除くというのが、一番オススメの対処法です。
うっかり、大量に毛抜きをしてしまった。メディアに影響されてワックス脱毛をして埋没毛になっていしまった等、
埋没毛に悩まされている方は、脱毛をはじめるのがいいのかな???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幼児教育 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。